153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 02:21:12.73 ID:Qnnpj8xL0
男「結局なんだったんだろうあの人・・・」

男「あんな派手な帰り方して大丈夫なのかな」

男「てか、あの黒い服の下に翼があったのか」

男「玄関羽まみれだし・・・・」

男「おまけに・・・」

男「もう学校間にあわねえし・・・」


天使「やってしまった・・・」【前編】【中編】【後編】
友達「やってしまった・・・」【前編】【後編】
死神「やってしまった・・・」【前編】【中編】【後編】
兄「やってしまった・・・」【前編】【後編】
男「やってしまった・・・」【前編】【中編】【後編】
女「やってしまった・・・」【前編】【後編】



155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 02:25:26.08 ID:Qnnpj8xL0
    長くも短くも感じない時間だった

    あの死神さんと話している時間は

    感情も湧き出ることもなく

    気付けば流れているような、少し変わった時間だった

    周りの人が俺たちの姿と話してる内容を聞いたら

    きっと変な人達だとか思うだろう

    けど俺はもう

    完全に信じきっていた

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:01:24.46 ID:Qnnpj8xL0
    学校への途中道

    確実に遅刻な俺は

    もはや開き直ってトロトロ歩いていた


    男「・・・そういえば」

    男「あの死神は、一体何を願おうと思ってたんだろう」

    男「少し気になる・・・・」

    男「っていうか俺にはホントに10秒時を止める力なんてあるのだろうか・・・」

    男「そもそもどうやればその力は使えるんだ?・・・」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:02:19.84 ID:Qnnpj8xL0
    学校 教室

    ガラッ

    教師「・・・・・・」

    男「・・・・・・」

    男「・・・おはようございます」

    教師「・・・もう2時限目なんだが?」

    男「まじですか」

    教師「まじだ」

    教師「遅刻の連絡も無いとはどういうことだ」

    男「いや・・・話せば長くなるんですが・・・」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:04:22.84 ID:Qnnpj8xL0
    教師「ほう、話せる理由があるのか」

    男「はいそうなんですよ」

    教師「よし、言ってみろ」

    男「それがですね」

    男「玄関を開けた瞬間大男に襲われ」

    男「さらに長話を延々と聞かされました」

    男「いわゆる監禁みたいなものです」

    教師「なるほど」


    教師「・・・放課後職員室に来い」

    男「はい・・・ 」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:08:29.77 ID:Qnnpj8xL0
    友A「どうしたんだよ今日は」

    男「なにが」

    友A「お前があそこまで遅刻するのは珍しいなって思って」

    友A「ギリギリとかはしょっちゅうだけど」

    男「だから言ったろ」

    男「玄関開けたら大男がいて、延々話聞かされたって」

    友B「どんなホラー映画だよ」

    男「現実だ」

    友A「・・・現実と夢の区別位つけようぜ」

    男「おい、そんな目で俺を見るな」

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:09:22.45 ID:Qnnpj8xL0
    放課後


    俺は先生との2人きりの密会を

    1時間ほどこなした


    教師「・・・・話は以上だ」

    教師「これに懲りたら、せめて遅刻する時は連絡位しろ、いいな」

    男「・・・・はい」

    男(話なげえよ・・・・・)

    男(足の血流悪くなりそう・・・)


    教師「あ、そうだ」

    教師「教室に戻るついでにこれもってっといてくれ」

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:11:06.87 ID:Qnnpj8xL0

    教師「明日使うからさ 」

    そう言って先生が指差した先には

    大量の本、恐らく教科書

    男「・・・・・」

    男「俺が、ですか?」

    教師「がんばれ」

    教師「無断遅刻の罰だとでも思ってくれ」

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:14:13.08 ID:Qnnpj8xL0

    結局俺は

    クラス全員の資料を運ぶ羽目になった


    男「くそ・・・・重い・・・・」

    男「特にこの階段は堪える・・・・」

    男「あの野朗・・・覚えてろ・・・」

    男「絶対今度教壇の前でヅラ取ってやる・・・・」

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:16:53.94 ID:Qnnpj8xL0

    男「前が見えねえ・・・・」

    ヨロヨロ


    ドサッ



    男「うおっ」

    「きゃっ」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:18:39.37 ID:Qnnpj8xL0
    ドサッドサ

    俺は何かにぶつかった

    というより誰かにぶつかった

    衝撃で床にちらばる教科書


    男(・・・・・・)

    男(・・・・最悪だ)








    「・・・いたた」


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 03:19:52.09 ID:Qnnpj8xL0
    男「どうもすいません」

    男「前しっかり見てなくて・・・」

    女「いえいえ・・・」

    女「こちらこそボーッとしててすいません・・・」


    女「お詫びに手伝いますよ」

    男「いえいえ」

    男「悪いのでいいですよ」

    女「でもこの量を1人でまとめるのは・・・」

    確かに

    正直泣きたくなる量だ

    男「・・・・・・」

    男「・・・じゃあ、お願いできます?」

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:02:15.67 ID:Qnnpj8xL0

    女「じゃあ私そろそろ行きますね」

    女「それじゃあまた」


    そう言って女の子は階段を上がっていった

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:04:48.62 ID:Qnnpj8xL0
    結局俺は彼女に手伝ってもらってしまった

    そしてその甲斐あってか、早めに片付いた


    男「いやぁ、すいません」

    男「おかげで早く片付け終わりました」

    女「いえいえ」

    女「余所見していた私が悪いんですから、当然ですよ」

    男「いえいえそんな・・・」

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:08:43.33 ID:Qnnpj8xL0
    教室


    ドサッ

    男は荷物を教壇の脇に置いた

    男「はぁ・・・ここらへんに置いときゃあいいよな」

    男「やっと終わった」

    男「よし、帰ろう。我が家が待ってる」

    男「・・・・・・」

    男「・・・それにしてもあの子どうしたんだろう」

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:13:08.35 ID:Qnnpj8xL0
    男「なんであの子階段を上っていったんだろう」

    男「もうこんな時間なのに」

    男「普通この時間はもう帰る時間だと思うんだが」

    男「部活に行くにしても微妙な時間だし」

    男「友達と待ち合わせでもしてるのかな」

    男「それとも俺みたいに説教の後だったり」

    男「・・・それはないだろうな、うん」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:17:17.15 ID:Qnnpj8xL0
    翌日 学校



    友A「どうだったよ」

    男「何がだ」

    友A「昨日放課後に呼び出しくらってたじゃねえか」

    男「ああ」

    男「とりあえず長かったとだけ言っておこう」

    友B「だろうな」

    友B「あのハゲ帰りの会すら長いからな」

    友A「まぁドンマイだ」

    男「おまけに荷物運び手伝わされるわ女の子にぶつかるわ」

    男「最悪だったよ」

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:21:47.89 ID:Qnnpj8xL0

    友A友B「女の子?」

    男「荷物には食いつかないんだな」

    男「さっき配られた資料全部運んだの俺なんだぞ」

    友A「女の子について詳しく話せ」

    男「無視かよ」

    友B「お前なにさりげなくドラマみたいな出会い体験してんだよ」

    男「・・・何も起きなかったけどな」

    男「荷物散らばるわで大変なだけだったし」

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:28:04.32 ID:Qnnpj8xL0
    友A「ちなみにその女の子は誰よ?」

    男「見たことない顔だったからなぁ」

    男「別のクラスか下手したら別学年かも」

    友B「なんだよ」

    友B「それじゃあ縁がねえじゃねえか」

    男「俺が知るか」


    男「それより早く食堂行こうぜ」

    男「時間なくなるぞ」

    正直今の俺にとっては

    女より食欲が優先だった

    友A「そういえば4時限目体育だったからな」

    友A「さっさと行くか」

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:32:44.30 ID:Qnnpj8xL0
    昼休み 食堂


    昼休みから少し時間が経っていたこともあり

    既に大分テーブルが埋まっていた


    友A「やっぱ大分混んでるな」

    友B「まぁ奥の方なら空いてんだろ」

    男「空いてる席空いてる席っと・・・・」


    俺達は仕方なく席を探すことにした

    その時・・・・・










    男「あ」


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 04:35:34.75 ID:Qnnpj8xL0
    友A「ん?席見つけた?」

    男「あれ・・・」

    俺は、奥の端の席に1人で座っている生徒を指差した

    どこかで見たことがある

    確か・・・・


    男「・・・・多分あの子だよ」

    男「昨日ぶつかったって言った子」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:01:52.89 ID:Qnnpj8xL0

    友A「・・・・・・」

    友B「あいつか・・・・・・・」

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:04:30.34 ID:Qnnpj8xL0
    男「知り合いか?」

    友B「まさか」

    友B「個人的にはまったく関わりはない」

    男「じゃあなんで知ってんだ」


    友A「あいつは有名人だからな・・・・」

    友A「悪い意味で」

    友A「・・・てか俺達の学年の奴は大体知ってるぞ」

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:06:16.02 ID:Qnnpj8xL0
    男「どういうこった」

    男「てか俺達と同学年なのか」


    友B「・・・あいつ3組の女っていう奴なんだけど」

    友B「一時期ひどい噂がはやった」

    友B「そしてそれが学年全体に広がったせいで有名になった」

    男「噂?」

    友A「ああ」








    友A「屋上で自殺しようとしたって噂がね」

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:09:44.80 ID:Qnnpj8xL0
    それは

    微かに空が曇る6月のとある日に

    1人の生徒が忘れ物をした時の出来事


    その日

    その生徒は屋上で授業をした時に忘れ物をしてしまい

    放課後屋上に取りに行った


    その頃はまだこの学校は屋上に自由に出入りができて

    その生徒もそれを知っていた為

    部活を終えた後の遅い時間に屋上に行った



    そしてその時、生徒は見てしまった

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:13:43.90 ID:Qnnpj8xL0
    屋上の扉を開け

    その生徒の目に入ってきた光景

    そこには











    フェンスに足をかける女の子の姿があった

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:18:05.67 ID:Qnnpj8xL0
    その生徒がすぐに女の子を引き止め

    先生に連絡した為

    大事には至らなかった


    結局この事件は

    一部の教師とその生徒だけが知ることとなり

    その後屋上にも鍵がかけられた


    それでこの話は終わり


    のはずだった

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:32:42.34 ID:Qnnpj8xL0
    生徒「まさか自殺しようとしてた子がいるなんて」

    生徒「驚いた・・・・・」

    生徒「でも何事もなくて本当に良かった」

    生徒「人を助けられたってなんか嬉しいな・・・」

    生徒「・・・・・・」

    その時

    その生徒に芽生えた僅かばかりの欲が

    話を大きく捻じ曲げた






    生徒「・・・少しくらい誰かに喋っても大丈夫だよね?」

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:39:27.38 ID:Qnnpj8xL0

    友A「・・・そうして気付けばその話は全クラスに広まり」

    友A「彼女は有名人になった」

    友B「そして当然ながら」

    友B「それからイジメとかひどかったらしい」



    男「結構最近の話なんだな・・・」


    男「・・・ちなみに」

    男「その生徒って誰なんだ?」

    友A「さあ」

    友A「俺らも噂から聞いたクチだからな」

    男「・・・・そうか」

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 05:41:20.42 ID:Qnnpj8xL0

    その話の後

    俺達はなんとか席を見つけ飯にありついた


    食事中にはもうその話も出ることはなく

    よくあるどうでもいい話を適当にだべりながら食事した


    やっぱり人間の興味とは薄いもので

    俺も食堂を出る頃には、もうその話は頭からすっぽぬけていた

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 11:54:14.68 ID:Qnnpj8xL0
    放課後



    友A「なぁ、今日どっか行かね?」

    男「どこに?」

    友A「う〜ん」

    友B「決めてないんかい」

    友A「いや、今思いついたから・・・」

    男「う〜ん・・・」

    友B「あ」

    友B「じゃあさ、あそこにしない?」

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 11:55:50.84 ID:Qnnpj8xL0
    友B「スーパーの近くにさ、新しく喫茶店できたじゃん」

    友A「できたの?」

    友B「らしい」

    友B「だからそこ行ってみようぜ」

    友A「俺はいいが」

    友B「男は?」


    男「スーパーの・・・近く・・・・」


    俺が・・・事故った場所の近くか・・・・

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:05:10.56 ID:Qnnpj8xL0
    俺は

    あの事件の事は誰にも話していない

    知っているのは

    関係者と俺と警察の人と家族だけ

    もしかしたら学校には伝わっているのかもしれないが

    先生達も特に俺を呼び出したりとかはしなかった

    そして

    俺も友達に話す気はさらさら起きなかった

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:06:44.96 ID:Qnnpj8xL0
    友A「どうした?」

    男「あ、いや」


    男「なんでもない」

    男「俺も行くよ」

    友B「じゃあ決まりだな」

    友B「そうと決まればさっさと行こうぜ」

    男「・・・・・・」


    落ち着け俺

    事故こそあったが、俺は死んではいない

    同じような事もきっともうないだろう

    落ち着け俺


    男「・・・そうだな、時間ももったいないし」

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:10:57.36 ID:Qnnpj8xL0
    それから俺達は、喫茶店に向かった


    その喫茶店は最近オープンした小さな個人経営の店らしく

    スーパーで買い物ついでによる人が多いらしい


    ちなみにここからは俺のどうでもいい話なんだが


    あの日と違って信号待ちはあまりしなかった気がする

    まぁ信号なんて気にしてもしょうがないとは思うが


    ちなみに

    当然の如く、例の道路はいつも通りの姿になっていた

    まぁこれで未だにお祭り騒ぎしてたら焦るけど

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:15:47.92 ID:Qnnpj8xL0

    俺は

    何事もなく喫茶店についた

    男「・・・意外と遠くねーか」

    友A「予想外なんだぜ・・・」

    友B「・・・すまん」

    友B「てかこれスーパーの近くって言うのか?」

    友A「スーパーから大分歩いた気がするな」

    男「まぁ無事に着いたんだしよしとしようぜ」

    友A「なんだそのサバイバル精神」

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:18:01.20 ID:Qnnpj8xL0
    喫茶店内



    友A「何頼む?」

    友B「う〜ん・・・」

    友B「夕飯は家にあっからなぁ・・・」

    友B「軽く飲み物だけでいいんでね?」

    友A「じゃあドリンクバーでいいか」



    男「・・・・・・」

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:22:03.47 ID:Qnnpj8xL0
    友A「どうしたんだ男」

    友B「お前がその顔をするときは、絶対何かやらかした時だ」

    男「顔で判断するな」

    男「・・・当たってるけど」

    友B「ほらな」

    友A「ちなみに何をやらかしたんだ」

    男「・・・・・・」

    男「学校に忘れ物した・・・」


    友A友B「・・・・・・」

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:29:06.93 ID:Qnnpj8xL0
    友A「このタイミングでそれはないわ」

    友B「せめて喫茶店出た後で気付けよ」

    男「そんな事言われても困る・・・」


    友A「まぁどうせ大したもんじゃないんだろ?」

    友A「忘れ物の事は忘れろ」

    友B「さっきまで忘れてたんだけどね」

    男「その変なノリやめろ」

    男「てか・・・そういうわけにもいかない・・・・」



    男「宿題一式忘れた・・・・・」

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:33:32.07 ID:Qnnpj8xL0
    友A「・・・・・・」

    友B「・・・・・・」

    友A「ああもう!取りに行って来い!」

    友B「俺らまってっから!」

    男「悪いな・・・」


    そう言って

    俺は喫茶店を出た

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:38:11.34 ID:Qnnpj8xL0
     外


    男「意外とここから学校遠いよなぁ」

    男「ましてやそれを往復すんのかよ」

    男「めんどくさいわ」

    男「・・・・・・」

    男「宿題取ったらそのまま帰っちゃおうかな・・・」

    男「いや、それはだめだよね・・・・」

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 12:43:04.44 ID:Qnnpj8xL0
    学校


    部活をやってる人以外は

    普通に下校しているであろう時間に

    俺は学校に戻ってきた


    男「・・・はぁ」

    男「・・・ホントついてねえ」



    俺は溜め息を何度もついた

    つきながら教室に向かった

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:03:07.77 ID:Qnnpj8xL0
    教室



    俺は机の中を漁った

    男「あったあった・・・」

    男「ったく、何してんだか俺は」

    男「机の中に入れっぱなしとか」


    俺はお目当ての宿題(提出者教師)を発見した

    あいつは出す宿題も多い

    男「結構あるなあ・・おい・・・」





    男「ああ・・・・」

    男「これからまた喫茶店戻んのか・・・」

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:05:14.36 ID:Qnnpj8xL0
    心底家に帰りたいと思う俺だったが

    戻ると約束してしまった以上

    戻らないわけにもいかず

    俺は仕方なく宿題をバッグに詰めた後

    喫茶店に向かうことにした



    しかし、その道中に








    変な再会を果たした

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:07:45.01 ID:Qnnpj8xL0
    男「あ・・・・・」

    女「あ・・・・・・」


    階段を下りようとした矢先

    下から女の子が上がってきた


    その顔は、何回か見たことがある顔だった

    そして、相手も同じくそう思ったらしかった


    男「この前はどうも・・・」

    女「いえいえ」

    女「こちらこそあの時はすいません」

    男「いえいえ」

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:11:19.13 ID:Qnnpj8xL0
    男「・・・・・・」

    女「・・・・・・」

    男(気まずい・・・・)


    実質一回しか会ってないんだから

    当然と言っちゃあ当然だが



    男「・・・・・・・」

    男「・・・じゃあ、俺はこれで」


    よし、逃げよう


    女「あ、はい」

    女「それじゃあまた」

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:15:29.91 ID:Qnnpj8xL0
    何とか話を切ることができた俺は

    さっさと退散することにし

    彼女とすれちがった




    ・・・・すれちがった?


    男「・・・・・・」

    男「・・・また上の階に行くのか」

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:19:21.08 ID:Qnnpj8xL0
    そう

    彼女はまた階段を上がっていった

    あの時と同じように

    この微妙な時間帯に


    男「一体いつも何をしてるんだ・・・・」

    男「・・・・・・」

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:27:01.06 ID:Qnnpj8xL0

    ―自殺願望の少女

    ―フェンスに足をかける女の子

    ―大事には至らなかった

    ―しかし、噂が広まってしまった

    ―そして彼女はイジメを受けた

    ―彼女は孤立した





    『彼女はそうなった時、何を思ったのだろう?』

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:29:48.30 ID:Qnnpj8xL0

    それは、思いつかない事じゃなかった


    自殺を止められた彼女が


    1人の生徒によって


    学年全体に事実を晒された彼女が


    それによってイジメを受けたらしい彼女が


    食堂で1人で飯を食うぐらいだから


    きっと友達もいない彼女が


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 13:34:10.21 ID:Qnnpj8xL0
    再び

    再びあの屋上で

    毎日


    毎日自殺を図ろうとしているかもしれない


    そんな考えを

    思いつかないはずがなかった

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:01:09.26 ID:Qnnpj8xL0
    男「・・・何言ってんだよ」

    男「さすがにそれはないって」

    男「屋上には鍵がかかってるらしいし」

    男「彼女も」

    男「その事件で目が覚めたろうに」

    男「ないない・・・・ったく、思春期もいい加減にしろ俺」

    男「・・・・・・」

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:03:34.87 ID:Qnnpj8xL0
    俺は階段を下りるのをやめ

    階段を上りはじめた


    屋上に向かうために

    男「・・・まぁあれだ」

    男「安全確認だ安全確認」

    男「先生達も忙しいだろうし」

    男「今回は俺が屋上の点検作業でもしてあげよう」

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:07:46.97 ID:Qnnpj8xL0

    男「・・・・・・」

    男「・・・・もし」

    男「もし俺が思った通りだったら」

    男「・・・・・・」

    男「・・・俺はどうすればいいんだ?」

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:11:00.69 ID:Qnnpj8xL0
    もし本当に彼女が

    毎日自殺するために屋上に通いつめていたら

    そしてもし俺が屋上に着いた時

    彼女がしようとしている最中だったら

    俺は、なんて言って止めればいいんだろう


    あの話の生徒みたく

    強引に止めてしまうのが

    一番いいのだろうか

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:17:09.47 ID:Qnnpj8xL0
    たくさんの不安を抱えながらも

    俺は足を止めることはせず

    そして





    俺は屋上に着いた

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:22:09.83 ID:Qnnpj8xL0
    屋上 扉前



    男「・・・・」

    男「鍵が・・・開いてる・・・」


    扉に付いている南京錠が

    見事に開いていた


    男「・・・・・」

    男「悪い予感しかしねぇ・・・・」

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:23:38.39 ID:Qnnpj8xL0
    扉を開けて

    屋上に飛び込んだ俺の目に

    最初に入ってきた光景


    久しぶりの屋上の風景と

    そしてもう一つ







    男「・・・あの生徒もこんな気持ちだったのかな」


    フェンスに足をかける女の子の姿

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:27:33.77 ID:Qnnpj8xL0
    屋上



    見つめあう2人

    ロマンスは欠片もないが


    女「あ・・・あなたは・・・」

    女「さっきの・・・」

    男「・・・・・・」

    男「何をしてるんです?」


    男「いや」

    男「何でそんなことをしてるんです?」


    女「・・・・・・」

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:33:48.71 ID:Qnnpj8xL0
    女「・・・知ってますよね?」

    女「私の話・・・・・」

    男「・・・・・・」

    男「はい」

    女「・・・だったら」

    女「私がなぜこんな事をしているのかなんて」

    女「すぐ分かりますよね・・・・?」

    男「・・・・・・」

    確かに分かる

    だが、納得したくはない

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:38:16.69 ID:Qnnpj8xL0
    女「あなたの知るとおり私は、確かに自殺を試み」

    女「そして見つかって失敗しました」

    女「おまけにその見つけた人に噂を流され」

    女「私は余計に孤立しました」

    女「私は悲しかった」

    女「でも、私がなによりも淋しかったのは」








    女「誰一人同情もしてくれなかったこと」

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:51:01.47 ID:Qnnpj8xL0
    女「誰一人・・・・・・」

    女「誰一人として、私を見てくれた人はいなかった・・・・」

    女「家族」

    女「先生」

    女「同級生」

    女「ほんのわずかな友達、いや、ただの知り合い」


    女「私が見上げる風景全て」

    女「私が関わっている他人全てが」

    女「私に何かを突き立てた」

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 14:53:39.14 ID:Qnnpj8xL0
    『ねぇ知ってる?』

    『あの子自殺しようとしたんだって』

    『まじで?キモイわ〜』

    『道理で友達いないわけだわ〜』

    『もう私話しかけるのやめよ、友達と勘違いされたらやだし』

    『てかあいつ可愛くもねーしよ』

    『おまけに喋り下手だし暗いし』

    『あいつ勉強もダメらしいぜ』

    『まじで?取り得ねえじゃんただのクソだな』

    『ていうかあれじゃね』

    『むしろ』



    『死んでくれれば良かったのにな』

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:00:24.51 ID:Qnnpj8xL0
    男「・・・ちなみに扉の鍵はどうやって開けたんだ」

    女「開けるも何も」

    女「あれは私が付けた鍵なのよ」

    男「あの鍵を?」

    男「あれは先生とかが付けたんじゃないのか?」

    女「誰かが付ける前に私が付けたのよ」

    女「先生達は他の先生が付けたとでも思ってるでしょうけどね」




    女「・・・・・そうよ」

    女「・・・・・みんなそうなのよ」


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:03:04.24 ID:Qnnpj8xL0

    女「みんな!!!みんなそうなのよ!!!!」

    女「家族は!!!知り合いは!!!先生は!!!他人は!!!」

    女「みんな興味なんてないのよ!!」


    あれほど大人しく見えた女の子が

    荷物を片付けるのを手伝ってくれた女の子が

    遠慮できる優しさを持っているであろう女の子が


    俺の目の前で今

    突然声を荒げてきた

    いや

    発狂したと言ってもいい状態

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:09:29.47 ID:Qnnpj8xL0
    女「家族はきっとこう思ってる!!!!」

    『変な娘を産んでしまった』

    女「先生達はきっとこう思ってる!!!」

    『死人がでなくて良かった』

    女「同級生はきっとこう思ってる!!!」

    『死ねばよかったのに』

    女「世界は私にこう言ってる!!!」

    『お前のいるべき世界は』

    『ここにはないよ』



    女「そうよ・・・・・」

    女「私には・・・・立ち位置がないのよ・・・・・」

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:15:21.33 ID:Qnnpj8xL0
    現実で

    現実でこんな悲しい人に会うのは

    きっと初めて


    画像を通して悲痛な現実を見る事はあっても

    テレビの報道で悲しい世界を知る事はあっても


    目の前で

    涙を流されるのは初めて


    そしてこんなにも悲しくなることは

    この先の人生の中でもそうそうないと思う

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:17:20.83 ID:Qnnpj8xL0
    女「だから・・・・」

    女「私は・・・・死ぬのよ・・・・」


    彼女は、フェンスを登り始めた


    男「お、おい・・・」

    男「やめろ・・・・」


    その悲しい女の子は

    俺の静止の言葉を聞く事もなく



    フェンスを登りきった

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:24:27.73 ID:Qnnpj8xL0
    女「ああ・・・・」

    女「これでやっと死ねる・・・・」

    女「やっと願いが叶う・・・・」


    嘘だ


    女「私はいつから死にたかったんだろう」


    嘘をつくな


    女「さようなら、知らない人」

    女「あなたと喋れて少し楽になった気がする」


    まだだ


    まだ終わりじゃない

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:26:39.84 ID:Qnnpj8xL0
    分かる


    彼女は誰かの助けを待っている


    それを表現するために


    死という変わった演出をしてる


    そして俺は


    助けられる位置にいる


    そして俺には




    助けられる力がある

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:28:58.67 ID:Qnnpj8xL0
    俺は祈る





    あの力をもう一度





    見知らぬ子供を助けた時のように





    今度は






    目の前の彼女を救わせてくれと

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:33:47.21 ID:Qnnpj8xL0
    頭の中で目一杯念じた

    頭が壊れるんじゃないかというほど念じた

    頭の中はそれ一色で染まった

    そんでもって精一杯祈った



    だが





    時間は非情にも針を進め








    彼女はフェンスの外に落ちていった

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:46:05.72 ID:Qnnpj8xL0
    時間は止まらなかった

    10秒どころか1秒も止まることはなく

    当然彼女も時間の流れに逆らうことはなく

    彼女はゆっくりとフェンスの外に落ちていった


    男(・・・・・・・・)


    俺は、ただただ立ち尽くすだけだった

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:50:26.67 ID:K9fyp2Ve0
    落ちちゃった…

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 15:55:14.24 ID:WSbgVi1P0
    あわわ…

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:00:50.67 ID:Qnnpj8xL0
    彼女はどうなったのだろう

    いや、どうなったかなんてすぐに分かる


    男「ここは学校の最上階・・・・・」

    男「彼女は・・・・・」

    男「・・・・・・」



    男「・・・俺は」

    男「救えなかった


    涙がでた

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:03:31.24 ID:Qnnpj8xL0

    男「・・・・・・」

    男「・・・恐ろしく気が引ける」

    男は

    フェンスに近づいた

    男「でも・・・これは俺のせいだ」

    男「力だなんだ言わないでさっさと彼女のとこに突っ走っていけば」

    男「間に合ってたかもしれないのに・・・」


    男は、目をつぶったまま

    フェンスの外に目線を向けた

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:04:51.33 ID:Qnnpj8xL0

    男「・・・・・・」

    男「・・・・・・・」

    男「・・・・・・」


    男は目を開けた


    男「・・・・・・・」

    男「・・・・・・」


    男「・・・あれ?」


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:06:27.78 ID:Qnnpj8xL0

    俺は下を見回した

    だが


    男「あれれ・・・・?」


    下には彼女もいなければ

    何かが落ちたような形跡もない


    男「あれれれ」

    男「どういうこった・・・」

    男「落ちるとこは見たのに・・・・」

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:08:08.38 ID:Qnnpj8xL0
    バッサバッサ

    突如

    後ろから何か聞こえた


    バサバサ


    何の音だ?


    頭の上に何かがのっかった


    なんだ?


    これは・・・・






    黒い羽?

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:10:21.19 ID:Qnnpj8xL0
    俺は後ろを振り向いた

    そこには

    黒いフードを被った

    全身黒服の


    そして背中に

    黒い羽の生えた人がいた

    そしてその両手には

    落ちたはずの彼女を抱きかかえていた







    男「死神・・・・・さん?」

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:13:44.56 ID:Qnnpj8xL0
    見たことのある風貌

    感じたことのある雰囲気


    死神「久しぶりだな」

    男「なんでここに・・・・」

    死神「そんなもの決まっているだろう」

    死神「光る指輪の再生成を終えたからだ」

    男「そうなんですか・・・」

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:16:16.91 ID:Qnnpj8xL0
    死神「まぁもっとも」

    死神「すぐに使ってしまったんだがな・・・・・」





    男「え?」

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:18:50.73 ID:Qnnpj8xL0
    男「使ってしまったって・・・?」

    死神「本当は別の事に使う予定だったんだがな・・・」

    死神「さっき空を飛んでる時につい使ってしまった」

    男「な・・なぜ?」


    死神「・・・つい目に入ってしまったんだよ」

    死神「人が落ちる姿が」


    死神「そして」

    死神「こう願ってしまった」









    彼女に追いつける位

    早く飛べるようにしてくれ、と

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:19:45.28 ID:K9fyp2Ve0
    死神良い奴w

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 16:41:58.56 ID:llTrwZqfO
    死神なのに助けるの?ww

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:05:56.83 ID:Qnnpj8xL0
    男「じゃあ今彼女を抱きかかえてるのは・・・」

    死神「・・・俺が助けたからだ」

    死神「願い石の力を使ってまでな」

    男「そうだったん・・・・ですか・・・」

    死神「間に合って良かったよ」

    死神「結構この子の事は」


    死神「気にかけてたからね」


    男「え?」

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:06:38.35 ID:Qnnpj8xL0
    俺は、よく地上に来ることがあった


    魔界と地上は繋がりは薄いが

    魔界からは地上に行けない事もなく


    俺はちょくちょく遊びに行っていた


    遊びに行く一番の理由は

    人間の感情という物が


    俺にはとても美しく見えて

    とても眩しかったから

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:07:31.74 ID:Qnnpj8xL0
    そんなある日


    俺はいつものように空を飛び

    地上を観察していた


    笑いあう人々

    喧嘩しあう子供達

    泣きながら祝福を喜ぶ家族


    俺にはとても心地よく

    見ているだけで実に楽しかった





    なんだが・・・・

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:08:46.31 ID:Qnnpj8xL0
    どこかの学校の屋上で

    少し変わった人間を見つけた


    暗そうな顔をして

    ただ虚空を見つめていて

    そんでもって



    見ていてまったく楽しくない人間を

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:09:32.51 ID:Qnnpj8xL0
    毎回夕刻前後に

    その人間はその学校の屋上に来た


    見た目は普通の人間の女

    ただ

    恐ろしく覇気のない

    死んだような人間に見えた


    そしてその人間は

    時々フェンスに登っては

    そこからただただ

    下を見つめるのだった

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:15:13.93 ID:Qnnpj8xL0
    俺は少しばかり理解した


    ああ、この人間はきっと

    楽しいことを知らない人間なのだろうと


    感情すらあらわに出来ない

    可愛そうな人間であるのだろうと


    そして更に俺は理解した








    地上は、平等な世界ではないと

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:19:03.52 ID:Qnnpj8xL0
    死神「俺は、その子から眼が離せなかった」

    死神「そして俺は思った」

    死神「笑う人間がこの地上の真実ではないと」

    死神「1人嘆き憂いむ人間こそが」

    死神「この地上の本当の姿なんじゃないかと」


    死神「そうして考えてながら彼女を見ていたら」







    死神「死神の俺ですら涙を流した」

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:23:30.68 ID:Qnnpj8xL0
    男「・・・・・・」

    男「・・・じゃあ」

    男「じゃあ、死神さんの願いって・・・」


    死神「ああ」

    死神「人間が皆幸せになれとか」

    死神「ああいう風に悲しむ人間がいなくなれとか」

    死神「そういう感じのことを願おうとした」


    男「・・・・・・」

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:26:05.35 ID:Qnnpj8xL0
    死神「まぁでも」

    死神「結果的に彼女の役に立ったのなら」

    死神「俺はそれで満足だ」


    死神「これで彼女に笑ってもらえたら」

    死神「俺はもっと喜ぶけど」


    男「・・・・・・」

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:26:05.62 ID:w4JB9uwpO
    死神いいやつすぎる

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:26:09.10 ID:K9fyp2Ve0
    優しい死神だ

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:28:32.17 ID:Qnnpj8xL0
    女さん


    この世界にも、あなたの居場所はありますよ


    それはちょっと変わった足場だけれど


    とてもあたたかい物ですよ


    ある意味、なによりも素晴らしい場所かもしれません


    だからどうか


    元気になってくださいね



    俺は

    気を失っている彼女に

    そう語りつげるかのように思った

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:30:36.67 ID:Qnnpj8xL0
    男「死神さん・・・・」

    死神「・・・・ん?」

    男「・・・・・・」









    男「ありがとうございます」

    俺は

    そう一言告げた

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:31:58.70 ID:Qnnpj8xL0
    死神「・・・・・まさか」

    死神「人間にそんな事を言われるとは思ってなかったよ」


    死神「こちらこそありがとう」

    死神「おかげで」







    死神「もう悔いはないよ」

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:33:14.89 ID:Qnnpj8xL0
    悔い・・・・?


    男「悔い・・・・ですか?」

    死神「ああ」

    死神「もう悔いは無いよ」


    男「悔いって」

    男「どういうことですか?」

    死神「・・・・・・」






    死神「・・・・あそこを見てごらん」

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:35:35.39 ID:Qnnpj8xL0
    俺は

    死神さんが指差した方向を見た


    その先には

    見たことも無い風景が広がってた


    空に開いた穴

    そして



    そこから小さな何かがいくつか出てきた

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:37:48.66 ID:Qnnpj8xL0
    俺は愕然とした

    男「な、なんですかあれ・・・・」

    死神「魔界と地上を繋ぐ穴だ」

    男「穴・・・・?」

    死神「そう」

    死神「そしてその穴からでてきたのは」






    死神「魔界の警備隊さ」

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:39:22.69 ID:K9fyp2Ve0
    死神逃げてー!

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:39:27.31 ID:Qnnpj8xL0
    男「警備隊・・・・?」

    死神「そう」

    死神「俺を捕まえるためのな・・・・」


    男「捕まえるって・・・」

    男「なんで・・・・」


    死神「ばれたからさ」

    死神「俺が」


    死神「願い石を地上に持ち出したことに」

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:41:44.39 ID:Qnnpj8xL0
    願い石は、地上では願いを叶えられるほどの力を発揮する

    俺は前にそう聞いたことがある

    そしてそれゆえに

    魔界から持ち出すことは禁じられているらしい


    男「でもなんで・・・・」

    死神「さぁな」

    死神「俺の身の回りの死神誰かがチクったのか」

    死神「はたまた俺の様子を怪しいと思って調べたのか」


    死神「そう考えると死神も」

    死神「人間とそう大して変わらなく汚いのかもな」


    男「そんな事言ってる場合じゃ・・・・」

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:43:58.88 ID:Qnnpj8xL0
    男「とにかく」

    男「今すぐ逃げましょう!」

    男「まだその警備隊とやらは遠くにいるんですから」

    死神「・・・それは無理だよ」

    男「どうして!?」

    死神「俺の住むべき場所は魔界」

    死神「魚が地上で生きられないように」

    死神「鳥が地上では無力なように」

    死神「俺は、地上には住めない」

    死神「そして、魔界にはもう俺の居場所は無い」

    死神「それになにより」





    死神「もうするべきこともない」

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 17:45:10.16 ID:Qnnpj8xL0

    男「何言ってるんですか!」

    男「だからって簡単に捕まっていいわけありません!」

    男「それに事情を話せば分かってもらえるかも・・・」

    死神「無駄だよ」

    死神「多分話し終える前に俺は処刑される」

    男「そんな・・・・」

    死神「願い石の持ち出しは、即処刑レベルの重罪ってこった」

    男「・・・・・・」

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 23:33:00.47 ID:Qnnpj8xL0
    だめだ

    こんなのはだめだ

    こんなのは

    だめにきまってる


    死神「俺はもう時間を楽しんだ」

    死神「やりたいことも終わった」

    男「でも・・・・」

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 23:33:52.91 ID:Qnnpj8xL0

    死神「・・・・・・」

    死神「・・・・最後に」

    死神「お前には勘違いしてほしくないことがあるんだ」

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 23:38:47.23 ID:Qnnpj8xL0
    死神「俺は、何一つ後悔はしていない」

    死神「例え万人が笑おうとも、俺は何一つ後悔はしない」

    死神「例えどんなに批評されようとも」

    死神「笑う奴がいたら」

    死神「俺は笑い返して」

    死神「大きな声でこう言ってやる」









    死神「悔しかったら俺みたく死んでみろって」

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 23:46:08.40 ID:Qnnpj8xL0

    そう喋りながら笑いかける死神さんは

    あの時の不安になるような雰囲気は無く

    フードから時々見える笑顔が

    とてつもなくかっこよくて


    でも

    やはりこの笑顔は

    普通とは少し違くて


    男「・・・・・・」

    男「死ぬ前提での決意じゃねえか・・・・・」

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/13(月) 23:51:35.06 ID:Qnnpj8xL0

    空の穴から見えた小さないくつかの影は

    段々こちらに近づいてきた


    そして

    それにつれて形を見せ始め

    いよいよ容姿が見えるまでに近くなり


    俺が死神さんと口論を終えた頃には


    すでに屋上に降り立っていた


死神「やってしまった・・・」【後編】へつづく


引用元
死神「やってしまった・・・」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1239547468/


 

SS宝庫最新記事50件