過去の良作の再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします
SS宝庫のオススメSS

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 00:47:32.92 ID:4t+xuUVv0
魔王「今日は子供たち遅いな・・・」

女「大変!」

魔王「?どうした?」


女「魔物が襲ってきた!」


魔王「・・・!!」


女「とにかく来て!」


魔王「あ、ああ・・・」



魔王「食事は部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」【前編】【中編】【後編】



 

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 00:54:55.72 ID:4t+xuUVv0
魔物2「はははは!さあ次はどいつだ!」
魔物3「ひゃはははは!」
女「あいつらよ!!」
魔王「・・・!!あいつら・・・!!」
魔王(魔物1の命令なのか・・・?)
子供1「やいまもの!ぼくがあいてだ!」
子供2「おれもだ!」
子供3「わ、わたしも!」
女「!!!」
魔王「!!!」

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:00:20.23 ID:4t+xuUVv0
魔物2「なんだ随分かわいい相手だなw」
魔物3「少しいたぶってやるかw」
女「あの子たち・・・」
魔王「よせ!お前が行ったって・・・せめて戦士とか魔法使いに・・・」
女「戦える大人たちはみんなやられちゃってるわよ!」
魔王「!!」

子供1のこうげき!
ミス!魔物2にダメージを与えられない!

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:06:06.33 ID:4t+xuUVv0
子供2「うおおおおおお!!」
子供2は腰を落とし相手に深く突いた!
ミス!魔物3にダメージを与えられない!
子供3は炎の呪文を唱えた!
魔物2に1のダメージ!
魔物2「ぷっw」
魔物3「あくびがでるなw」
魔物2「そろそろやるか」
魔物3「ああ」

女「待ちなさい!」
なんと女が戦闘に参加した!

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:12:13.36 ID:4t+xuUVv0
魔物2「なんだこいつ」
魔物3「女か」
女「私が相手よ!」
子供1「せんせー!」
子供2「せんせー・・・」
子供3「ぐす・・・せんせ・・・」
魔物2「4人まとめてやるか」
魔物3「ああ」

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:13:24.12 ID:Fj/K2oqhO
皆逃げて超逃げて

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:18:02.72 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・駄目だ・・・」
魔王「・・・勝てるわけがない」
魔王「あいつら・・・幹部クラスだぞ・・・」
魔王「駄目だ・・・」
魔王「あの4人が死ぬ」
魔王「駄目だ」
魔王「どうすればいい」
魔王「どうすればいい」
魔王「・・・」
魔王「・・・」

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:21:47.35 ID:4t+xuUVv0
魔物2はもえさかるかえんを吐いた!
魔物3はこおりつくいきを吐いた!
女「・・・!!」
女は炎の呪文を唱えた!
女(だめだ・・・中級魔法じゃ防げない・・・)
子供1「うう・・・」
子供2「せんせー・・・」
子供3「うえーん!!」

魔王「・・・」

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:27:10.94 ID:4t+xuUVv0
魔王は地獄からいかずちをよびよせた!
魔物2に157のダメージ!
魔物3に280のダメージ!
女「!!?」
魔物2「な!?」
魔物3「ギャアアアアア!!」
魔物3は気絶した!!
子供1「おにいさん・・・」
子供2「すげえ・・・」
子供3「ふえ・・・」

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:31:20.28 ID:4t+xuUVv0
魔物2「貴様・・・一体・・・」
魔王「・・・はあ・・・はあ・・・」
魔王「・・・次は確実に当てるぞ・・・!!」
魔物2「・・・!!くそ!!」
魔物2は魔物3を連れ、逃げていった!!
魔王「・・・」
女「・・・ありがとう」
魔王「・・・ああ」

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:35:24.30 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・怪我は?」
女「・・・ううん、あなたのおかげでかすり傷程度」
魔王「そうか・・・」
女「・・・」
魔王「子供たちは?」
女「だいじょうぶ、全く怪我してない」
魔王「・・・よかった」

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:38:16.21 ID:4t+xuUVv0
女「・・・」
魔王「・・・」
女「やっぱり」
魔王「・・・?」
女「やっぱりすごく、強かったんだね」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「・・・ねえ」
魔王「すまないが今日は疲れた・・・」
女「・・・わかった・・・おやすみ」
魔王「・・・おやすみ」

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:42:22.28 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・元、とは言え・・・」
魔王「・・・おれは・・・」
魔王「・・・部下に手を・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:46:35.41 ID:4t+xuUVv0
子供1「おにいさんきのうすごかったね!」
子供2「あんなすげーまほうつかえるなんてしらなかったよ!」
子供3「かっこよかったよ!」
魔王「あ、ああ・・・まあな」
子供1「ねえ、ぼくにもきのうのまほうおしえてよ!」
子供2「あ!おれも!」
子供3「わたしも!!」
魔王「・・・まいったな」

女「・・・」

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:50:42.09 ID:4t+xuUVv0
魔王「じゃあおやすみ」
女「ねえ」
魔王「・・・」
女「勇者に志願してみたら・・・?」
魔王「!!・・・」
女「だってあんな強いのに・・・」
魔王「・・・」
女「あんなに強いんだったら絶対魔王も倒せるよ!」
魔王「・・・」
女「明日私と一緒に××王国に行ってさ・・・」
魔王「おやすみ」
女「・・・」

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:56:45.98 ID:4t+xuUVv0
兵士3「朝早く失礼します」
兵士4「××王国の者です」
魔王「・・・!」
兵士3「あなたがこの間このまちに出現した魔物を追い払ったという方ですか」
兵士4「××王がお待ちに」
魔王「・・・なんでそれを」
女「・・・」
魔王「・・・まさかお前・・・」
女「・・・」
兵士3「世界の平和のためです」
兵士4「どうかご一緒に××王国へ」

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 01:59:34.87 ID:4t+xuUVv0
兵士3「王」
兵士4「お連れしました」
王様「君か・・・」
魔王「・・・」
王様「この男で間違いないかね?」
女「・・・はい」
魔王「・・・」
王様「早速だが君に勇者になってもらいたい」
魔王「・・・」

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:05:52.82 ID:4t+xuUVv0
王様「なかなか力ある勇者がいなくてね」
王様「誰も魔王に太刀打ちできんのだよ」
魔王「・・・」
王様「聞けば君はかなり上級の魔物を一瞬で蹴散らしたそうじゃないか」
魔王「・・・」
王様「君の腕を見込んで、ぜひお願いしたい」
魔王「・・・」
王様「どうか、魔王を倒してくれないか」
魔王「・・・」
女「・・・」

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:09:36.60 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・いやだ、と言ったら」
女「・・・!!」
王様「・・・君の意思を聞くような真似をしておいてなんだが」
王様「拒否はできない」
魔王「・・・」
王様「これは国のため、世界のための言わば、命令だ」
王様「拒否はできない」
魔王「・・・」
王様「もしも、拒否した場合は・・・」
王様「残念だが君を全人類に背いた犯罪者として投獄せねばならん」
魔王「・・・」
女「・・・」

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:15:57.40 ID:4t+xuUVv0
王様「・・・」
王様「・・・勇者よ」
王様「我々もできる限りの支援はする」
魔王「・・・」
王様「頼んだぞ」
魔王「・・・」
女「・・・」
王様「あー女さん、と言ったかな?」
女「は、はい!」
王様「君に渡しておきたいものがあるから君だけもう少し残ってくれないか」
女「あ・・・はい」
魔王「・・・」

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:23:16.12 ID:4t+xuUVv0
女「おまたせ!」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・女」
女「・・・これで」
魔王「?」
女「これであなたの呼び名が付いたね!」
女「勇者って呼べる!」
魔王「・・・」
女「あ、せっかく勇者になったんだから鎧とか買おうよ!」
魔王「・・・」

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:25:50.78 ID:GHfcSGYjO
打ち倒される側の象徴である魔王だったものが打ち倒す側の象徴である勇者に…

皮肉だなァ…

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:28:04.62 ID:4t+xuUVv0
女「ほら!勇者なんだからこれくらい装備しなきゃ!」
女はひかりのよろいを買った!
魔王はひかりのよろいを受け取った!
しかし装備できなかった!
女「あ、あれ?」
魔王「・・・あ、ああ、おれはこういうのは装備できないんだ」
女「そ、そうなんだ・・・」
魔王「・・・」

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:31:45.97 ID:4t+xuUVv0
魔王「それよりお前さ」
女「え?」
魔王「あんな高い鎧買う金なんて持ってたか?」
女「あーあれは・・・」
魔王「しもふりにくも滅多に買えないようなやつが」
女「失礼ね!奮発したのよ!奮発!」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「・・・」

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:35:19.59 ID:4t+xuUVv0
女「・・・さっきね」
女「私だけ・・・王様に呼ばれたでしょ?」
魔王「・・・ああ」
女「その時に・・・もらったんだ」
魔王「・・・」
女「勇者に軍資金って」
魔王「・・・」
女「・・・こんなに沢山のお金持ったの・・・初めて」
魔王「・・・」
女「・・・」

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:38:11.74 ID:e0Qbkw4/O
王だけは許せんな

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:38:25.73 ID:4t+xuUVv0
女「・・・さあ!急いで家に帰ってご馳走の用意しなきゃね!」
女「明日は記念すべき勇者の旅立ちの日なんだし!」
女「・・・お金もあるし!」
魔王「・・・女」
女「あ、子供たちも呼ぼうか!」
魔王「・・・」
女「きっと驚くだろうなー!!」
魔王「・・・」
女「勇者の好きなしもふりにくたくさん買うね!」
魔王「・・・」
魔王「・・・」

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:42:32.82 ID:4t+xuUVv0
子供1「えー!!」
子供2「おにいさんがゆうしゃに!?」
子供3「かっこいいー!!!」
女「でしょー!?」
魔王「・・・ま、まあな」
子供1「うわー!すげー!いいなー!!」
子供2「お、おれサインもらっとこうかな・・・」
子供3「おにいさんならぜったいまおうたおせるよ!!」
魔王「・・・」
魔王「・・・そうだな」

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:47:07.66 ID:4t+xuUVv0
子供1「まおうにあったらなんていうの?」
魔王「そうだなあ・・・」
子供2「ねえサイン!!」
魔王「ああ、後でな」
子供3「かえってきたらおはなしたくさんきかせてね!」
魔王「・・・ああ」

女「・・・」
女「・・・」

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:51:02.81 ID:4t+xuUVv0
魔王「ようやく帰ったか」
女「ほんと、みんな楽しそうだったね」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「じゃあ明日は早いし今日は・・・」
魔王「女」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「・・・なに?」

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:55:11.61 ID:4t+xuUVv0
魔王「××王におれのこと伝えたの、お前だな」
女「・・・」
魔王「勇者に推薦したのもお前だろ」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・何で」
女「・・・だって!あなた、強かったじゃない!」

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 02:59:20.70 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・お前に話したよな」
女「・・・」
魔王「戦いが苦手なのも」
魔王「その理由も」
女「・・・」
魔王「何で・・・」
女「・・・でも」
女「でもこの間は戦えた!」
女「私達を守ってくれた!」

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:01:30.61 ID:SVi/uje6O
こういう女は嫌いだな
普通親しい仲なら死地に向かわせるようなことしないよねー

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:02:57.70 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・あの時はお前達がいたから・・・」
女「今度は世界の人たち全員を守ってよ!」
魔王「・・・」
女「私達だけじゃなくて!」
魔王「・・・」
女「全員守ってよ!」
魔王「・・・」
女「魔王から守ってよ!」
魔王「・・・・・・」

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:05:40.71 ID:sSwobHMeO
女にイラッときた

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:08:15.35 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・おれは」
魔王「・・・戦いが嫌いなんだ」
魔王「・・・勝つのも、負けるのも」
魔王「どちらも痛くて」
魔王「どちらも苦しい思いをする」
魔王「そんな戦いをして何になると言うんだ・・・」
女「・・・」
女「・・・卑怯よ」
魔王「!?」

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:11:03.73 ID:x46h3/ufO
女うぜえ

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:11:40.40 ID:4t+xuUVv0
女「それだけ力を持ってるのに」
女「強いのに」
女「戦いたくないなんて卑怯よ!」
魔王「・・・」
女「勝ちたくても勝てない人たちがたくさんいるのに!」
女「力を持った人が戦わないでどうするの!?」
魔王「・・・!!」

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:15:28.50 ID:4t+xuUVv0
女「・・・そうよ」
女「きっとそうよ」
魔王「・・・女・・・?」
女「あなたの旅の目的は勇者になることだったんじゃないの!?」
魔王「!?」
女「そうよ!それだけ強いんだもん!そうに決まってる!」
魔王「・・・女」

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:15:40.40 ID:20uI5g4FO
女は別にうざくないだろ
十分理解出来る範囲だ

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:16:31.38 ID:M4aYAkU4O
でも女のエゴだし押し付けだしなあ

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:18:14.57 ID:gpmV/rGeO
女はウザいけど、魔王軍に両親を殺されてるからなあ
その辺を考えると、こうなるのも仕方ない

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:18:27.07 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・記憶が戻るまで」
魔王「ずっとここにいていいって言ったじゃないか」
女「・・・た、戦いから逃げるためでしょ?」
魔王「・・・え?」
女「戦いたくないから、記憶なくしたふりしてたんでしょ!?」
魔王「・・・何を・・・」
女「ねえ!お願い!」
女「平和が戻ったらいくらでもいていいから!」
魔王「・・・」
女「・・・お母さんと・・・お父さんのためにも・・・」
女「お願い・・・」
魔王「・・・」

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:19:28.31 ID:20uI5g4FO
しかしこの世界の一般人ならほとんどがそう思うんだろうな
ただ単に女が代弁者というだけだ

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:22:02.80 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・女」
魔王「・・・おれは・・・」
魔王「・・・ずっとお前と暮らしていきたかったんだ・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・ただ・・・それだけだったのに」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・平和・・・か」
魔王「・・・」

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 03:24:55.50 ID:4t+xuUVv0
女「勇者・・・朝だよ・・・」
女「・・・」
女「・・・昨日の夜は・・・ごめんね・・・」
女「私・・・」
女「・・・勇者?」
女「・・・」
女「・・・紙?」

ご飯、本当においしかった。

今までありがとう。

女「・・・!!」




528 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 13:10:19.33 ID:4t+xuUVv0
魔物1「・・・」
魔物2「・・・」
魔物1「少しは反省できたか?」
魔物2「・・・」
魔物1「おれがいつ人間達の街を襲えと言った?」
魔物2「・・・」
魔物1「何か言ったらどうだ」
魔物2「・・・」

532 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 13:16:36.79 ID:4t+xuUVv0
魔物2「何故いつまでたっても人間を滅ぼそうとしないんだ」
魔物1「・・・」
魔物2「おれはお前がいつまでたっても・・・」
魔物1「お前じゃない、魔王様、だ」
魔物2「うるせえ!」
魔物1「まだ反省が必要だな」
魔物2「・・・」
魔物1「もうしばらく城外に出ることを禁ずる」
魔物2「・・・ちっ」

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 13:21:21.77 ID:4t+xuUVv0
魔物1「・・・」
魔物1「・・・」
魔物1「・・・魔王様」
魔物1「私は・・・どうすれば」
魔物10「魔王様!」
魔物1「・・・どうした」
魔物10「勇者が現れました」
魔物1「どこにいる」
魔物10「まだ城の入り口付近ですが・・・様子が少しおかしくて」
魔物1「?」

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 13:29:17.43 ID:4t+xuUVv0
魔王「はあ・・・はあ・・・」
魔物40「なんだこいつボロボロじゃねーか!」
魔物41「やっちまえ!」
魔王「うう・・・」
魔物40のこうげき!
魔王に10のダメージ!
魔物41のこうげき!
魔王に12のダメージ!
魔王はじっとこうげきに耐えている!

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 13:36:49.21 ID:4t+xuUVv0
魔王「うう・・・どけろ!!」
魔王は逃げ出した!
魔物40「!逃げたぞ!」
魔物41「待て!!」
魔王「はあ・・・はあ・・・」
魔王「はあ・・・早く・・・」
魔王「・・・早く・・・」
魔王「魔王のところへ行かねば・・・」

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 13:41:53.99 ID:4t+xuUVv0
魔物10「報告によると」
魔物10「一切こうげきしてくる気配がなくただ逃げ回っているだけ・・・だとか」
魔物1「・・・」
魔物10「しかしまっすぐにこの最上階を目指している、とのことです」
魔物1「・・・」
魔王10「・・・魔王様が就任して以来初の勇者ですね」
魔王10「いかがいたしましょう」
魔物1「・・・引き続き報告を怠るな」
魔物10「はっ!」
魔物1「・・・」
魔物1「・・・」

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 13:48:31.98 ID:4t+xuUVv0
魔物27「いたぞ!」
魔物26「こいつか!」
魔物25「観念しろ!勇者め!」
魔王「・・・はあ・・・はあ・・・」
魔王「・・・くそ・・・」
魔王は爆発の呪文を地面に向かって唱えた!
すなぼこりがあたり一面に広がった!
魔物27「こいつ!めくらましか!」
魔物26「卑怯なやつめ!」
魔物25「どこに逃げた!?」

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 13:50:29.82 ID:lj4AoX9AO
部下を殺めたことを後悔してたもんな・・・
心優しい魔王だ

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 13:56:49.36 ID:4t+xuUVv0
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔王「・・・あと・・・」
魔王「少し・・・!!」
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔王「あと少し・・・!!」

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:02:18.42 ID:4t+xuUVv0
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物2はもえさかるかえんを吐いた!
魔王「!?」
魔王に80のダメージ!
魔物2「随分騒がしいと思ったらお前だったのか」
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物2「誰とも戦わずに逃げ回ってるらしいな」
魔王「・・・くそ・・・」
魔王はにげだした!
しかしまわりこまれてしまった!

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:06:04.94 ID:4t+xuUVv0
魔物2「逃がすかよ」
魔物2「この間の屈辱・・・忘れたとは言わせねえからな」
魔王「・・・く・・・」
魔物2は氷の呪文を唱えた!
魔王に150のダメージ!
魔王「くそ・・・」
魔王はじっとこうげきに耐えている!
魔物2「ふはははははは!!」

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:11:00.04 ID:4t+xuUVv0
魔物2「どうした!?この間の威勢は!?」
魔物2は炎の呪文を唱えた!
魔王に120のダメージ!
魔王はじっとこうげきに耐えている!
魔物2「今のお前を見ていると前の魔王を思い出すぜ!」
魔物2はこおりつくいきを吐いた!
魔王に47のダメージ!
魔王はじっとこうげきに耐えている!
魔物2「部屋にひきこもって1人遊びばっかり!」
魔物2「勇者との戦いは部下に任すほどのあの腑抜けにな!!」
魔王「!!・・・」

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:15:47.46 ID:4t+xuUVv0
魔物2「あいつも今のお前ぐらい弱かったんだろうな!!
魔物2は巨大な火の玉の呪文を唱えた!
魔王に140のダメージ!
魔王「・・・くそ・・・」
魔王はちからつきた・・・
魔物2「・・・ふん、もう終わりか」
魔王「・・・」
魔王「・・・」

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:22:50.44 ID:4t+xuUVv0
1年前。
復活の呪文がなくなった今、
一度死んだものは二度と蘇りはしない。

幼い頃に亡くなった、先代魔王である父は平和主義者であった。
勇者との命を懸けた戦い。
父は強かった。
いつも勝っていた。
しかし、決して勇者を殺すことはなかった。
「奪って良い命などない」
父の口癖だった。

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:27:17.44 ID:4t+xuUVv0
そんな強かった父も、
最後は勇者に殺されてしまった。
最初こそ人間達を怨みもしたが、
父の跡を継いだおれは父の言葉を守り、
勇者を殺すことはなかった。

しかし父が死んで変わったこともあった。
それまで平和主義だった魔王軍も、
父が殺されたことで人間を深く怨むようになり、
人里に行っては人間を殺すようになっていた。
そしてそれに呼応するように人間達も魔物をより深く怨むようになった。

600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:27:43.04 ID:GHfcSGYjO
なんと優しい魔王様…

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:32:33.70 ID:4t+xuUVv0
その頃から挑んでくる勇者の数が一気に増えた。
中にはまだ子供であろう勇者もいた。
何より自分に向けてくる殺気が今までのものと比べ物にならないほど、
鋭かった。

刺し違えてでも殺す。
何があっても殺す。
殺す。
殺す。
倒す。ではなく、殺す。

魔物に。
魔王に対する恨み。

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:38:05.07 ID:4t+xuUVv0
魔王「最近は勇者の数がかなり減ってきたな・・・」
魔物1「あれだけ形振り構わず勇者を送ってきたのですから・・・」
魔物1「おそらく人材がもうあまりいないのでしょう・・・」
魔王「・・・」
魔物1「仕方がありません、戦争です」
魔王「・・・戦争、か」
魔王「・・・どうにかならないものか」

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/06(月) 14:40:43.42 ID:GneKjn3iO
魔王が引きこもりのクズ野郎だと思ってこのスレ開いた奴は俺だけじゃないはず。

反省してます。


611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:41:11.78 ID:4t+xuUVv0
そしてあの日。

魔王「ふはははは!よく来たな勇者よ!」
魔王「だが残念ながらお前の旅もここまでだ!」
勇者4「だまれ!今日おれはお前を殺してやる!」
魔王「ふはははは!威勢だけは良いな!」

勇者4のこうげき!
魔王に157のダメージ!
魔王は巨大な氷の呪文を唱えた!
勇者4に170のダメージ!

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:45:09.97 ID:4t+xuUVv0
接戦。
どちらが勝ってもおかしくはない戦い。
勇者4「これで終わりだ!!」
勇者4のこうげき!
魔王に150のダメージ!
勇者4「!!ダメージが・・・足りない・・・!!」
魔王「・・・残念だったな!!」

しかし、

わずかな。

ほんのわずかな差でおれが勝った。

614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:47:05.76 ID:GHfcSGYjO
本当に強かったのか魔王様

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:48:47.53 ID:4t+xuUVv0
勇者4「・・・」
魔王「はあ・・・はあ・・・危なかったな・・・今回は」
魔物1「お疲れ様です」
魔王「・・・いつも通り近場の街に送ってやれ」
魔物1「左様で」
魔王「はあ・・・しかし良い戦いだったぞ、勇者よ」
勇者4「・・・」
勇者4「・・・くそ・・・」
勇者4「くそおおおおおおお!!!」
勇者4はまじんのごとくきりかかった!
魔王「!?」
魔物1「魔王様!!」

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:53:39.07 ID:4t+xuUVv0
その日の勇者は強かった。

それだけ怨みも強かったのだろう。

その執念が彼を動かした。

おれはその深い恨み、執念に。

気付けていなかったのだ。

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:56:40.22 ID:4t+xuUVv0
勇者4「・・・」
魔王「・・・」
勇者4「・・・」
勇者4はいきたえた!
魔王「・・・はあっ・・・はあっ・・・」
魔物1「!!・・・魔王様!!!」
勇者4のこうげきよりも早く、
おれが勇者4にこうげきした。


勇者4は死んだ。

いや、おれが殺した。

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 14:59:39.23 ID:4t+xuUVv0
魔物1「正当防衛です」
魔物1は何度もおれにそう言った。

しかし。
今までおれを支えてきた父との約束が破られた。

おれが破ったんだ。
おれが。


おれの中の何かが壊れる音がした。

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:01:31.44 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・」
勇者5「どうした!かかってこないならこっちからいくぞ!!」
勇者5のこうげき!
魔王に140のダメージ!
魔王のこうげき!
魔王「!!・・・!!!」
魔王は動けない!!
勇者5「なんだこの魔王!?おれをなめてるのか?」
魔王はじっとこうげきに耐えている!

645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:08:17.54 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・」
魔物1「魔王様」
魔王「・・・」
魔物1「お気持ちはわかりますが・・・」
魔王「・・・」
魔物1「もしあそこで私が代わりに戦っていなければ勇者に殺されていましたよ」
魔王「・・・できることなら」
魔王「・・・殺して欲しかった」
魔物1「・・・魔王様」
魔王「・・・魔王は勇者にやられるものだろ?」
魔物1「・・・」
おれは戦うことが怖くなった。

いや、戦うことができなくなった。
戦う理由がわからなくなった。

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:11:11.36 ID:4t+xuUVv0
魔物1「私が魔王様の代わりに戦います」
魔物1「変身の呪文で魔王様になって」
魔物1「ですからどうか」
魔物1「自ら死にに行くような真似はやめてください」

魔物1はこう言って聞かなかった。

651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:14:21.26 ID:4t+xuUVv0
魔物1「最近魔王軍の間で魔王様が勇者に勝てなくなった・・・」
魔物1「という噂が広がっているようで・・・」
いいさ。
事実だ。
お前は余計なこと言うなよ。
魔物1「しかし」
これは命令だ。
魔物1「・・・」

仕方ない。
仕方ないんだ。

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:16:32.34 ID:4t+xuUVv0
魔王は勇者に勝てない。
この話は瞬く間に城中に伝わった。

若いうちから魔王の称号を継いでいたおれは、
元々あまり魔王軍の連中によく思われていなかったのだ。
それでも勇者に負けないという強さをもって今まで魔王軍を仕切ってきた。

しかしその強さも失った。

おれは疎まれ、逃げるように自分の中に引き篭もった。

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:20:17.45 ID:4t+xuUVv0
おれに対する態度が変わらなかったのは魔物1だけだった。

それをいいことにおれはあいつに沢山の我侭を言ってきた。

それでも魔物1はおれについてきてくれた。

おれが魔王の座を追われたとき・・・

魔物1はきっと・・・


おれはあいつになら任せられると思ったんだ。

魔物1になら。

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:26:06.85 ID:4t+xuUVv0
魔物2「おい、ヘタレ勇者を連れてきたぜ」
魔物1「・・・!!」
魔物2「もう死んでるだろうがな」
魔王「・・・」
魔物1「貴様・・・また勝手に」
魔物2「そう言うなよ、魔王軍の危機に立ち向かっただけだ」
魔物2「それに、城外、には出てないだろ?」
魔王「・・・う・・・」
魔物1「!」
魔物2「・・・しぶといな、まだ生きてやがる」
魔王「・・・うう・・・」

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:29:35.76 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・ま・・・もの・・・1・・・」
魔物1「!!」
魔物2「何言ってんだこいつ」
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物1「・・・魔物2」
魔物2「あ?」
魔物1「この勇者と話がしたい」
魔物2「はあ!?何言ってんだお前!」
魔物1「そいつを放せ」
魔物2「・・・やだね」
魔物1「・・・」
魔物2「こいつには個人的に恨みがあるんだ、ここで殺す」

666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:36:28.69 ID:4t+xuUVv0
魔物1「魔王命令だ、二度は言わんぞ」
魔物2「・・・」
魔物2は炎の呪文を唱えた!
魔王「うう・・・」
魔物2「うるせえよ」

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:38:31.15 ID:GHfcSGYjO
魔物2が反乱を…

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:42:29.80 ID:4t+xuUVv0
魔物1は強力な雷を剣に宿し魔物2を真っ二つに斬った!
魔物2「な!?」
魔物2に280のダメージ!
魔物2は倒れた!
魔物1「二度は言わんと言ったはずだ」
魔王「・・・!!!」
魔物1「魔物2を牢に連れて行け」
魔物10「はっ!」
魔物1「それとしばらくの間誰もこの部屋には近づけるな」
魔物10「はっ!」

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:45:57.25 ID:4t+xuUVv0
魔物1「・・・」
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物1「・・・」
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物1「・・・」

680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/06(月) 15:46:08.84 ID:OzeXBuKJ0
真っ二つに切られて生きてるのかよ

683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:48:20.90 ID:4t+xuUVv0
魔物1「・・・よくきたな勇者よ」
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物1「だが残念ながらお前の旅もここまでだ」
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・ふ・・・はは・・・」
魔物1「・・・?・・・」
魔王「・・・はは・・・」
魔物1「・・・何が可笑しい」

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:52:23.38 ID:4t+xuUVv0
魔王「ぜえ・・・ぜえ・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・つ・・・強さは・・・」
魔王「本物・・・だが・・・」
魔王「・・・ぜえ・・・セリフが・・・なってないぞ・・・」
魔王「・・・魔物1・・・」
魔物1「・・・!!」

694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:59:31.16 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・ちゃんと最初に・・・」
魔王「ふ・・・ははは・・・って笑わなきゃ駄目だろ・・・」
魔物1「・・・まさか・・・」
魔物1「・・・いや、やはり・・・」
魔王「・・・」
魔物1「・・・魔王様・・・!!!」
魔物1「魔王様なんですね・・・!?」

695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/06(月) 15:59:34.84 ID:4W8bYSdMO
魔王いい奴だな
人間の方が悪に感じてくる


魔王「食事は部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」【後編】へつづく


引用元
魔王「食事は部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1238919156/

 

最新記事50件
 
 

     コメント一覧 (7)

      • 1. 名無し
      • 2009年04月25日 16:48
      • 今日は大量更新だな
      • 2. 名無しの暇人
      • 2009年04月25日 17:48
      • やばい、面白いわw
      • 3. 名無しの暇人
      • 2009年04月25日 18:24
      • 現代人の感覚だと女ウザイが、
        戦争が常時ある国だと「国のために勇敢に戦うべきだろ?力があるのに」っていうほうが常識的なんだろうな
        ゼロつかのルイズを見たときの違和感と似てる
      • 4. あき
      • 2009年04月25日 18:30
      • 今日はお祭りですか?
        とにかく乙!そして次を!
      • 5. ミント
      • 2009年04月25日 22:43
      • 5 はやく、つづきを…
      • 6.  
      • 2009年04月26日 01:08
      • 続きが気になりすぎて、7日ぶりにオナニーしました。><
      • 7. 暇つぶしにきた名無しさん
      • 2011年02月08日 12:26
      • 戦争に正義は無いってのを地で行くなぁ。まぁ多いけどね。こういうのには。

        だが そ れ が い い。
     

    コメントする


    あらし目的、煽り目的、根拠のない誹謗中傷、妹SSの『ジャイ子』姉SSの『カツオ』『サザエ』は一定期間のコメント禁止とします。
    特に同一IPによる悪意のある連投コメントに関しましては注意してください。
    ID非表示にしたのは表示の正確性に欠けてたためです。

    名前
    絵文字
    SS宝庫の最新記事
    スポンサードリンク

    当ブログについて
    特徴:SS専門ブログ
    管理人:暇P


    SS宝庫
    移転先URLはこちらになります。
     http://sshouko.net/

    以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。
    もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。

    minnanohimatubushi2chblog.blogher.co/
    こちらのURLは悪質な類似サイトです。


    ニュー速SSVIP.sc
    上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。
    支援などもしておりません。
    2013/11/01
    メールアドレスが変わりました。
    旧:minnanohimatubushi@livedoor.com
    新:minnanohimatubushi@gmail.com

    2012/10/19/
    URLが変わりました。
    旧URL
    http://blog.livedoor.jp/minnanohimatubushi/

    新URL
    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/
    新RSS
    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/index.rdf
    相互リンク、RSSして頂いてるサイト様はお手数ですが変更お願い致します。

    まとめ依頼受付中
    ↓その他詳しくは↓
    当ブログについて。


    ブックマーク
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫)


    ようこそ実力至上主義の教室へ 4 (MF文庫J)


    ようこそ実力至上主義の教室へ 5 (MF文庫J)


    ナイツ&マジック 8 (ヒーロー文庫)


    Re:ゼロから始める異世界生活 14 (MF文庫J)


    ゴブリンスレイヤー6 (GA文庫)


    ゲーマーズ! DLC (富士見ファンタジア文庫)


    ようこそ実力至上主義の教室へ6 (MF文庫J)


    異世界はスマートフォンとともに。 10 (HJ NOVELS)



    スーパーマリオ オデッセイ


    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)


    マリオカート8 デラックス


    ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX


    ファイアーエムブレム無双


    FIFA 18


    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


    スーパーマリオ オデッセイ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルラゲッジタグ 付


    Xenoblade2 (ゼノブレイド2)


    Xenoblade2 Collector's Edition (ゼノブレイド2 コレクターズ エディション) 【Amazon.co.jp限定】ポストカード10種セット 付


    3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)


    グランブルーファンタジー(3) (サイコミ)


    聖☆おにいさん(14) (モーニングコミックス)


    ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


    波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンコミックス)


    亜人(11) (アフタヌーンコミックス)


    いぬやしき(10) (イブニングコミックス)


    1日外出録ハンチョウ(2) (ヤングマガジンコミックス)


    ゴブリンスレイヤー 3巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)


    ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックス)



    モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱)


    グランツーリスモSPORT 【早期購入特典】ボーナスカーパック (3台) DLCコード封入 - PS4


    FIFA 18


    【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII 【早期購入特典】DLC「マルチプレイヤー アップグレード」がもらえるアクティビジョンコード(封入)、「PS Plus7日間無料体験プロダクトコード」(封入)


    【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて


    【PS4】ソードアート・オンライン フェイタル・バレット 初回限定生産版【早期購入特典】1ゲーム内で使用できる衣装『アスナSAO衣装』のプロダクトコード (封入) 2ゲーム内で使用できる特別な武器『銀の銃』のプロダクトコード (封入) 【Amazon.co.jp限定】PlayStation4専用オリジナルテーマが手に入るプロダクトコード (配信)


    ウイニングイレブン2018


    【PS4】地球防衛軍5【初回購入特典】エアレイダー専用「コンバットフレーム ニクス ゴールドコート」がもらえるプロダクトコード 同梱


    モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルマイクロファイバークロス 付


    モンスターハンター:ワールド コレクターズ・エディション (MONSTER HUNTER: WORLD COLLECTOR'S EDITION) (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱)


    リンク集
    掲示板
    2ちゃんねる
    おーぷん2ちゃんねる
    SS速報VIP
    SS深夜VIP

    アンテナサイト
    SSまとめアンテナ
    まとめサイト速報+
    アナグロあんてな
    LogPo!2ch
    2chnavi
    おまとめ
    ちくアンテナ
    2blo.net
    だめぽアンテナ
    VIPあんてな
    つーアンテナ(*゚∀゚)
    しぃアンテナ(*゚ー゚)
    2GET
    matomeja

    ニュースサイト
    News人
    アフォニュース
    究極最終兵器2ndWeapon
    情報屋さん。

    まとめサイト

    (´A`)<咳をしてもゆとり
    【2ch】コピペ情報局
    2chエクサワロス
    2chコピペ保存道場
    2ちゃん生活!
    GJ News
    hogehoge速報
    HUNTER×HUNTER×
    hyukkyyyが見る2ちゃんねる
    Life++
    SIerブログ
    SSウィーバー
    VIPPERな俺
    V速ニュップ
    ZiNGER-HOLE
    常識的に考えた
    あじゃじゃしたー
    アンダーワールド
    育児板拾い読み@2ch+
    うるるんロギー
    えすえすMode
    えっ!?またここのサイト?
    面白2chまとめ
    カジ速
    ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー
    家宝は2次元
    ガラパゴス速報
    ゴタゴタシタニュース
    社会生活VIP
    銃とバッジは置いていけ
    ジュピ速
    スチーム速報 VIP
    スポン
    世界ランク速報
    チェック☆ゲーバナ
    調理兵はVIPPERだった
    ちょっとアレなニュース
    デジタルニューススレッド
    哲学ニュースnwk
    動画にゅーす24
    とりのまるやき
    流し読み新聞
    なんだかおもしろい
    日刊ニログ
    ニュース30over
    〓 ねこメモ 〓
    ねたQぶ
    ネトウヨにゅーす。
    はぅわ!
    ばるろぐ!
    はれぞう
    ピカピカニュース2ch
    暇人\(^o^)/速報
    ひまねっと
    ヒロイモノ中毒
    ぴろり速報2ちゃんねる
    ブヒるニュース速報【2ch】
    フットボール速報
    ぶる速-VIP
    ぷん太のにゅーす
    ベースボールスレッド
    ほんわか2ちゃんねる
    まとめいと
    まめ速
    みじかいモノ倶楽部
    みそパンNEWS
    無駄な知識などない
    無題のドキュメント
    やる夫.jp
    やる夫観察日記
    やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編
    やる速
    るな速
    歴史的速報@2ch
    ワロタニッキ
    ヲタク速報

    他サイト
    1000mg
    アニポ
    画像掲示板ハリコのとら
    ちょいエロ★家庭用ゲーム
    ぱんだ とらんすれーたー
    フラシュ - 無料フラッシュゲーム
    神爆笑.com

    SS作者さんのブログ
    SS作者さんへ
    ブログをお持ちのSS作者さんでリンク希望の場合はご連絡下さい。
    つらつら綴る
    (8さんの作品)
    止まり木
    (オナモミの作者)
    ドロルのSS置き場
    (はぐれ勇者の作者)
    ジェミニの人
    (ジェミニ◆の作者)
    みみかき
    (転校生の作者)
    クウラ完全体 星屑色のロンリネス アルティマニア
    (イャンクックの作者)
    源泉ブログ
    (源泉徴収票)
    糞虫の館
    (糞虫)
    Micro+
    (魔王「飯うま」の作者)
    不死鳥の死骸
    (病弱ールの作者)
    ゴリラの人〜何も約束はできない〜
    (ゴリラの人)
    にどねニートギツネ
    土瓶SS万覚帳
    「だから…」シリーズ
    萌あるちめっと!
    (だかぬしの人)
    紳士のSS置き場
    (スモークチーズ)
    自作SSストライキ速報
    隅っこに追いやられがち
    投下したもの(そっきょーのSSまとめ)
    SS書いてる名無しの保管庫
    地獄のブログ(NGシーン)
    書いたものとか(◆ARrMQ85OWk)
    イノセントミュージアム(◆cZ/h8axXSU)
    ころもss置き場
    メモ帳ちぎって野原に投げたら水たまりに落ちた(◆Memo/g4n8M)
    天国への渡り廊下(◆CIZA6sfEUc)
    排水溝
    SSマイしょこ
    暗黒大陸

    • コメントを読む
    • コメントを書く
    • はてブする
    • ツイートする
    • 記事一覧
    • TOPへ戻る