過去の良作の再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします
SS宝庫のオススメSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:12:36.24 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!よく来たな勇者よ!」
魔王「だが残念ながらお前の旅もここまでだ!」
魔王「だまれ!今日おれはお前を倒す!」
魔王「ふはははは!威勢だけは良いな!」

魔物1「魔王様、夕食が・・・」
魔王「部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」
魔物1「左様で」

魔王「フヒヒ・・・」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:14:34.65 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!よくきたな勇者よ!」
魔王「・・・よく、来たな!」
魔王「・・・よくぞ来たな!」
魔王「・・・」
魔王「よくぞ来たな!」
魔王「・・・うん、こっちのがしっくりくるな」
魔物1「魔王様風呂が」
魔王「部屋に入ってくるな!」
魔物1「左様で」

魔王「フヒヒ・・・」

魔王「食事は部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」【前編】【中編】【後編】



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:16:52.02 ID:XSX/MZ370
魔王「だまれ!今日おれはお前を倒す!」
魔王「・・・お前を殺す!」
魔王「・・・」
魔王「・・・殺されたくはないか」
魔王「・・・いやでも・・・」
魔物1「魔王様風呂が」
魔王「今忙しいんだ!風呂は後で入る!」
魔物1「左様で」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:20:26.98 ID:XSX/MZ370
魔王「魔王は爆発の呪文をとなえた!」
魔王「ちゅどーん!!」
魔王「勇者に290のダメージ!」
魔王「・・・」
魔王「・・・290はデカすぎるか・・・」
魔物1「180前後が妥当かと」
魔王「!!・・・おれも今そう考えていたところだ!」
魔物1「左様で」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:24:02.29 ID:XSX/MZ370
魔王「勇者のこうげき!」
魔王「魔王に170のダメージ!」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔物1「妥当なダメージです」
魔王「!!・・・言われなくてもわかってる!!」
魔物1「左様で」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:26:19.21 ID:yFeXb1oZO
なにこの自衛隊の演習…………

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:27:24.91 ID:XSX/MZ370
魔王「魔王のこうげき!」
魔王「魔王は氷の呪文を唱ええた!」
魔王「ぴきーん!!」
魔王「勇者に160のダメージ!」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔物1「勇者のHPを500と考えるとそろそろ勇者は回復するでしょう」
魔王「・・・勇者は回復の呪文を唱えた!!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:31:50.26 ID:XSX/MZ370
魔王「勇者のこうげき!」
魔王「かいしんのいちげき!」
魔王「魔王に280のダメージ!」
魔王「魔王はたおれた!」
魔王「・・・」
魔物1「・・・」

魔王「風呂入る」
魔物1「左様で」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:35:56.01 ID:XSX/MZ370
魔物2「魔王様は?」
魔物1「風呂だ」
魔物2「今日も部屋で引きこもって1人お遊びしてたんだろw」
魔物1「・・・」
魔物2「クズだなw」
魔物1「・・・」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:39:34.07 ID:QcT7RHws0
遊んでただけなのか
ガチでイメトレってかシミュレーションしてんのかと思ったのに

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:40:11.51 ID:XSX/MZ370
魔王「魔王は水の呪文を唱えた!」
魔王「ざばー!!」
魔王「・・・」
魔王「・・・いや、水の呪文はないか・・・?」
魔物1「あまりないですね」
魔王「!!・・・シャンプーなら足りてるぞ!」
魔物1「そろそろ上がらねばのぼせてしまいます」
魔王「そろそろ上がろうと思っていたところだ!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/05(日) 17:42:56.34 ID:QEZ9QIep0
これで魔王が女だったらなぁ・・・・・・
魔物2なんて こうして!こうして!こうしてやるのに!

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:42:57.49 ID:yFeXb1oZO
魔物1が遠回しなカーチャン……

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:45:22.97 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!」
魔物1「魔王様」
魔王「夕食は部屋の前に置けと言ってるだろ!」
魔物1「勇者が来ました」
魔王「!!・・・」
魔王「・・・そうか」
魔物1「いかがいたしましょう」
魔王「・・・」
魔物1「・・・いつも通りでよろしいですか?」
魔王「・・・」
魔王「・・・ああ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:51:05.25 ID:XSX/MZ370
勇者1「お前が魔王か!」
魔物1「そうだ」
勇者1「今日お前を倒して平和を取り戻す!」
魔物1「・・・」
勇者1「うおおおおおおお!!」

魔王「ふはははは!よく来たな勇者よ!!」
魔王「ふはははは!」
魔王「ふはは・・・」
魔王「・・・」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 17:55:51.13 ID:XSX/MZ370
勇者1「ううっ・・・」
魔物1「話にならん」
勇者1「ちくしょう・・・」
魔物1「出直して来い」
勇者1「うう・・・」

魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・ふう」
魔王「・・・」
魔王は賢者になった!

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:00:52.17 ID:XSX/MZ370
魔物1「返り討ちにしました」
魔王「そうか」
魔物1「・・・」
魔王「・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・夕食は部屋の前に置けよ」
魔物1「・・・左様で」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:05:44.60 ID:XSX/MZ370
魔物2「お疲れ」
魔物1「・・・」
魔物2「また魔王様の代わりに勇者を倒したんだろ?w」
魔物1「・・・」
魔物2「一度魔王様と手合わせしてみたいもんだw」
魔物1「・・・」
魔物2「お前が魔王に・・・」
魔物1「黙れ」
魔物2「・・・」
魔物1「・・・」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:07:13.78 ID:LmwzmwS+0
魔物1いいなwww

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:07:45.67 ID:QcT7RHws0
実はまだ弱っちくて努力家か いいよいいよー


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:08:25.29 ID:1EiC0SvG0
魔王さん、魔物1さんを僕にください!
男でも女でもいいからとりあえずください!

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:10:36.82 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔王は炎の呪文を唱えた!
テーブルは燃え尽きた!
魔王「・・・」
魔王「・・・まだ使えるもんなんだな」
魔物1「・・・魔王様」
魔王「!!・・・」
魔物1「・・・夕食、置いておきます」
魔王「・・・」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:14:32.31 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!さあ姫よ!こっちに来るがいい!!」
魔王「やめて!勇者様助けて!」
魔王「くっ・・・やめろ魔王・・・」
魔王「ふはははは!無駄だ!」
魔王「いやー!!」
魔物1「魔王様」
魔王「邪魔をするな!!」
魔物1「はい」

魔王「くそっ・・・もう少しだったのに」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:20:27.48 ID:XSX/MZ370
魔王「いやー!!」
魔王「そして1ヶ月後・・・」
魔王「姫よ!ここがいいのか!!」
魔王「はい!もっと・・・もっとお願いします!!」
魔王「・・・うっ・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・ふう」
魔王は賢者になった!

魔物1「・・・」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:25:27.94 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!なかなかやるようだな勇者よ!」
魔王「だが残念だったな!」
魔王「魔王は静かに目を閉じめいそうした!」
魔王「魔王のHPが300・・・いや」
魔王「400・・・」
魔王「・・・」
魔物1「約500です」
魔王「・・・約500回復した!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:30:56.03 ID:XSX/MZ370
魔王「ZZZ・・・」
魔物1「魔王様」
魔王「ZZZ・・・」
魔物1「魔王様、もう15時です」
魔王「ZZZ・・・うう・・・おれが殺したのか・・・ZZZ」
魔物1「・・・」
魔王「ZZZ・・・うう・・・」
魔物1「・・・」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:35:08.58 ID:XSX/MZ370
魔王「ぐあああああああ!!やられたああああ!」
魔王「うわああああああ!!」
魔王「・・・」
魔王「・・・ぬわー!!」
魔王「・・・どっかの親父かよ」
魔王「・・・ぷっ」
魔物1「・・・」
魔王「!!・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:39:45.32 ID:XSX/MZ370
魔王「くそ・・・」
魔王「あと・・・」
魔王「あと少しで世界が我が手に・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・別に世界は欲しくないけどな・・・」
魔物1「一応世界征服を目標にしていた方が魔王らしいかと」
魔王「・・・」
魔王「・・・風呂か」
魔物1「はい」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:46:07.20 ID:XSX/MZ370
魔物1「魔王様」
魔王「なんだ」
魔物1「1つお聞きしてよろしいでしょうか」
魔王「・・・なんだ」
魔物1「なぜ・・・魔王様と勇者が戦って・・・」
魔物1「いつも・・・魔王様が敗れるという設定なのでしょうか」
魔王「・・・」
魔物1「一度くらい勝たれても・・・」
魔王「・・・」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:49:53.59 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・」
魔物1「・・・失礼しました、今の質問は忘れていただいて・・・」
魔王「魔王は負けるもんだろ」
魔物1「!」
魔王「・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・お前だって知ってるだろ?」
魔物1「・・・失礼致しました」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:50:33.28 ID:XZBaEl8uO
魔物1が秘書的な位置で可愛い

もう側近になっちゃいなよ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 18:56:46.07 ID:XSX/MZ370
魔物2「よう」
魔物1「なんだその紙は」
魔物2「署名だよ」
魔物1「・・・?」
魔物2「魔王軍、お前以外全員の分の」
魔物1「・・・何を・・・?」
魔物2「今の魔王は認めないっていう内容のな」
魔物1「・・・!!」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:01:32.38 ID:XSX/MZ370
魔物1「貴様等何を・・・」
魔物2「それと」
魔物2「新しい魔王はお前がふさわしいっていう内容の署名でもある」
魔物1「!!!!」
魔物2「魔王様に渡してくるぜ」
魔物1「・・・」
魔物2「よろしく頼むぜ、新魔王様」
魔物1「・・・魔王様は今風呂だ」
魔物1「おれが渡しておく」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:05:24.41 ID:XSX/MZ370
魔王「さてさっぱりしたし今日は姫をどうするかなー」
魔王「フヒヒ」
魔物1「魔王様」
魔王「・・・今忙しい」
魔物1「今どうしても読んでいただきたいものが」
魔王「・・・なんだ」
魔物1「これです」
魔王「・・・署名?」
魔物1「今の魔王様は認めない、と・・・」
魔王「!!・・・」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:10:03.47 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・次の魔王には魔物1が適格である・・・」
魔物1「・・・」
魔王「・・・」
魔物1「・・・魔王様」
魔王「・・・お前の名前がないぞ」
魔物1「・・・私は・・・」
魔王「・・・」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:15:12.22 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔物1「私は・・・」
魔王「・・・ここにこれ以上いるわけにはいかないな」
魔物1「!!」
魔王「・・・最悪殺されかねない」
魔物1「・・・魔王様」
魔王「出て行くよ」
魔物1「・・・」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:22:07.36 ID:XSX/MZ370
魔物2「ん」
魔物3「・・・いないな」
魔物4「逃げたのか」
魔物2「ふん、最後まで腑抜けだったか」
魔物3「せっかくだから最後に手合わせ願おうと思ったんだがな」
魔物4「手合わせっていうよりリンチになってただろうけどなw」

魔物1「・・・」
魔物1「・・・」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:27:37.65 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔王「・・・この姿でうろつけないよな・・・」
魔王は変身の呪文を唱えた!
魔王は魔物の姿になった!
魔王「これでひとまず魔王城を離れよう」
魔王「・・・」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:32:40.58 ID:XSX/MZ370
戦士「貴様魔物だな!覚悟!!」
魔王「うわ!」
魔王は体が強張って動けない!
魔王に50のダメージ!

魔法使い「待て!逃げるな魔物!」
魔王「うう・・・」
魔王に80のダメージ!

魔王「か、回復を・・・」
魔王は体が強張ってうまく呪文を唱えられない!
武道家「待て!魔物め!!」

魔王「うう・・・」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:37:37.58 ID:XSX/MZ370
魔王「そうだ・・・人間に変身すれば・・・」
魔王は変身の呪文を唱えた!
魔王は人間に変身した!
魔王「こ、これで・・・」

魔物38「人間だ!」
魔物39「やっちまえ!」
魔王「!!」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:42:23.63 ID:XSX/MZ370
魔王「ダメだ・・・」
魔王「おれには・・・こうげきできない・・・」
魔王はこうげきができない!
魔物38「なんだこいつ!」
魔物39「びびってんのか!!」
魔物38は炎を吐いた!
魔王に80のダメージ!
魔物39は吹雪を吐いた!
魔王に90のダメージ!

魔王「うう・・・」
魔王「・・・」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:47:43.26 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・ん」
女「あ!気が付いた?」
魔王「!?」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 19:58:25.97 ID:XSX/MZ370
女「良かったーボロボロだったのよ!」
魔王「人間・・・!?」
女「人間って・・・普通、人間が人間に人間って聞く?」
魔王「・・・?」
魔王「!・・・そうか・・・人間に変身したまま・・・」
女「?」
魔王「あ・・・い、いや、なんでも・・・ない」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:02:03.40 ID:XSX/MZ370
女「よほど大変な目にあったんだね・・・随分うなされてたよ」
魔王「・・・ここは?」
女「ここは○○のまち!」
魔王「○○のまち・・・」
女「まちの近くで倒れてたあなたを私が偶然見つけたの」
魔王「・・・」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:07:21.52 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
女「あ、起きちゃだめ!まだ怪我完治してないわ!」
魔王「・・・」
魔王は回復の呪文を唱えた!
魔王は完全に回復した!
女「・・・」
魔王「・・・?」
女「あ、いや、そんな上級魔法使えるのになんであんなボロボロになってたんだろって思って・・・」
魔王「・・・MPが尽きてたんだよ」
女「ふーん・・・」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:11:15.29 ID:XSX/MZ370
女「まあ何がともあれ良かったわ・・・もうあんな無茶な旅しちゃだめだよ?」
魔王「・・・ああ」
女「で、どこへ向かってたの?」
魔王「・・・」
女「・・・?」
魔王「・・・」
女「・・・もしかして目的のない旅・・・とか?」
魔王「・・・まあ、そんなところだ」
女「ふーん・・・」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:17:13.52 ID:XSX/MZ370
魔王「世話になったな」
女「これからどこいくの」
魔王「・・・それは・・・」
女「行くあてもないんでしょ」
魔王「・・・」
女「じゃー決まりね!」
魔王「?」
女「丁度部屋もひとつ空いてたところだししばらくうち住みなよ!」
魔王「!?」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:22:32.61 ID:XSX/MZ370
女「決まり!」
魔王「おい・・・」
女「どうせ行くあてないんでしょ?」
魔王「・・・」
女「ちょうど仕事の手伝いが欲しかったところなのよね」
魔王「しかし・・・」
女「食事の当番とか決めなきゃね!」
魔王「おい、おれの話を・・・」
女「♪」
魔王「・・・」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:28:54.00 ID:XSX/MZ370
女「どう?おいしいでしょ、そのスープ」
魔王「・・・これは・・・たね?」
女「ちからの種入りスープ!」
魔王「・・・しもふりにくはないのか」
女「しもふりにく!?そんな贅沢なものあるわけないじゃん!」
魔王「・・・おれは肉のほうが好きなんだ」
女「肉好きなんてまるで魔物みたい」
魔王「!!・・・」
女「あ、今の冗談だからね」
魔王「・・・」
魔王のちからが3上がった!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:32:05.80 ID:XSX/MZ370
女「あなたの部屋はここね!」
魔王「・・・」
女「布団も出しといたしなんかあったら言って!」
魔王「・・・ああ」
女「ありがとうくらい言ってほしいんだけど」
魔王「あ、ありがとう」
女「ご飯も気に入らなさそうに食べるし」
魔王「・・・す、すまん」
女「そこはおいしかったって言うところだと思うけど」
魔王「お、おいしかったぞ」
女「別に今更言われてもだけどね」
魔王「・・・」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:37:27.42 ID:XSX/MZ370
女「あ、そーいえば」
魔王「?」
女「名前、まだ聞いてなかった」
魔王「・・・あ、えーと」
女「?」
魔王「・・・」
女「・・・もしかして」
女「記憶喪失とか・・・?」
魔王「!!・・・あ、ああ、まあそんなとこだ」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:41:24.18 ID:XSX/MZ370
女「あの大怪我のせいで?」
魔王「・・・おそらく」
女「やっぱり・・・変だと思ったのよね」
魔王「・・・」
女「きっと旅の目的もほんとはあったんだけど忘れちゃったんだわ」
魔王「・・・かもな」
女「・・・思い出すまで」
魔王「?」
女「記憶、戻るまでここにいていいからね」
魔王「あ、ああ・・・」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:45:56.67 ID:XSX/MZ370
女「じゃあ思い出すまでどうやって呼ぼう・・・」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「まあ、いいか、ねえとかあなたとか呼んどくね」
魔王「・・・ああ」
女「じゃあ、おやすみ」
魔王「・・・おやすみ」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:52:13.76 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・外に出てもまたやられるのがオチ・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・しばらくここにいるか」
魔王「・・・」
魔王「・・・」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:56:55.43 ID:XSX/MZ370
魔王「ZZZ・・・ZZZ」
女「朝だよ!!!」
魔王「ZZZ・・・んー・・・」
女「ほら起きて!!」
魔王「・・・朝食はいらんと言ってるだろ・・・魔物1・・・」
女「何寝ぼけてんの!」
魔王「!!・・・あ・・・そうか・・・」
女「?ほら早く起きて!」
魔王「むー・・・」
女「仕事始まっちゃうから!」
魔王「・・・仕事・・・?」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 20:58:11.56 ID:7qx7WQV9O
ニートwwwwww

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:03:02.51 ID:XSX/MZ370
女「はい!朝食!」
魔王「・・・また種入りスープか・・・」
女「今日は肉も少しだけ入れたから!」
魔王「・・・ほねつきにくか」
女「しもふりにくじゃなくて悪かったわね!」
魔王「・・・すまん」
女「じゃなくて、おいしいぞって言うところでしょ?」
魔王「・・・」
女「ほらさっさと食べて!仕事始まるから!」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:09:02.58 ID:XSX/MZ370
子供1「せんせー!おはようございます!」
女「あー!来ちゃった!早く食べて!」
魔王「・・・?」
子供2「おはようございます!」
子供3「せんせー!」
女「はーい!今行くねー!!」
女「ほらいくよ!」
魔王「おれも行くのか・・・?」
女「当たり前でしょ!仕事手伝ってもらうって昨日言ったじゃん!」
魔王「・・・言ったっけ・・・?」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:13:41.63 ID:84cvWKrx0
魔王と言われればいつでもゾーマ様で脳内変換してしまう

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:15:32.12 ID:e50h7QAjO
>>107
よう俺

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:16:53.04 ID:XSX/MZ370
女「私の仕事はね」
女「未来の勇者を育てることなの」
魔王「!」
女「このまちで勇者になりたい、強くなりたいって子に基本的な戦い方を教えてるの」
魔王「・・・そ、そうなのか」
女「中には女の子もいるのよ」
魔王「・・・」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:21:02.76 ID:XSX/MZ370
女「いい?炎の呪文はね、こうやるの」
女は炎の呪文を唱えた!
丸太は燃え尽きた!
子供1,2,3「すごーい!」
女「じゃーみんなもやってみて!」
子供1「うーん」
女「まずね・・・」

魔王「・・・」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:27:48.05 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
女「ほら突っ立ってないで子供たちを見てやってよ」
魔王「見ると言っても・・・」
女「コツを教えたりだとか・・・」
魔王「・・・」
女「まさか戦い方も忘れたなんてことないわよね?」
魔王「・・・そ、それは覚えてはいるが・・・」
女「じゃあお願い!」
魔王「・・・」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:30:18.07 ID:p5jl5oAkO
メラをメラゾーマと勘違いさせるコツとかか

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:32:02.57 ID:XSX/MZ370
子供1「せんせーさようならー」
子供2「さようならー」
子供3「ばいばーい」
女「また明日ねー」
魔王「・・・」
女「・・・結局突っ立ってただけ・・・」
魔王「・・・すまん」
女「明日はしっかりやってもらうからね!」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:34:46.20 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「戦い方か」
魔王「・・・」
魔王「・・・戦いなんて」
魔王「・・・苦しいだけなのにな」
魔王「・・・」
魔王「・・・寝るか」
魔王「・・・」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:38:32.52 ID:XSX/MZ370
子供1「えいっ!」
魔王「・・・」
子供1「うーん・・・」
魔王「・・・」
子供1「・・・」
魔王「・・・」
子供1「・・・おにいさんはせんせーのこいびと?」
魔王「・・・ただの手伝いだ」
子供1「ふーん」
魔王「・・・」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:41:45.27 ID:XSX/MZ370
子供2「つまんない」
魔王「?」
子供2「つまんないからなんかおはなしでもしてよー」
魔王「・・・話か・・・」
子供2「うん!」
魔王「・・・」
子供2「・・・」
魔王「・・・そ、そうだな・・・」
子供2「・・・もういい、せんせーのとこいく」
魔王「・・・」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:42:17.90 ID:84cvWKrx0
この子供達がいつか自分を倒しに来るかもしれないと思えば複雑だろうな

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:44:42.10 ID:XSX/MZ370
子供3「うえーん!」
魔王「・・・」
子供3「えーん!」
魔王「・・・」
女「どうしたの子供3ちゃん!」
子供3「えーん!」
女「あなた何したの!?」
魔王「いや特には・・・」
子供3「このおにーさんのかおこわいー!」
女「・・・」
魔王「・・・」
子供3「うえーん!」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:47:06.44 ID:XSX/MZ370
女「子供たちがあなたを怖がってる」
魔王「・・・どうしたらいい」
女「・・・うーん・・・」
魔王「・・・」
女「まずは仲良くなることから始めないとだめね」
魔王「仲良くなること?」
女「うん、なんかお話してあげたり」
魔王「・・・話か・・・」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 21:50:02.53 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
魔王「・・・話か」
魔王「・・・」
魔王「・・・」
魔王「・・・あれしかないな」
魔王「・・・よし・・・」

133 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:06:58.23 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・」
女「あら、今日は早いわね」
魔王「・・・」
女「・・・?どうかした?」
魔王「・・・今日の授業は」
女「?」
魔王「・・・おれにやらせてほしい」
女「!・・・」
魔王「ちょっとでもだめだと思ったらすぐに途中で代わってくれて良い」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「わかった」

135 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:13:24.89 ID:XSX/MZ370
女「今日はいつもお手伝いをしてもらっている・・・」
女「このお兄さんに授業をしてもらいます!」
魔王「・・・」
子供1「・・・」
子供2「えー・・・」
子供3「・・・ぐすっ」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・よろしく」

143 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:24:07.91 ID:XSX/MZ370
魔王「お前達・・・いや、みんなは・・・将来勇者になって」
魔王「魔王といずれ戦うことになる」
女「・・・?」
魔王「その時に・・・」
魔王「・・・魔王に言うセリフを考えたことがあるか?」
女「・・・はあ?」
子供1「・・・?」
子供2「せりふ?」
子供3「・・・」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 22:27:55.89 ID:a46sPAR90
魔王は形から入るタイプかw

147 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:30:33.70 ID:XSX/MZ370
魔王「例えば魔王が」
魔王「ふはははは!よくきたな勇者よ!」
魔王「残念ながらお前の旅はここまでだ!」
魔王「と、言ってきたらみんな魔王にどう言ってやるか考えたことあるか?」
子供1「・・・」
子供2「・・・うーん・・・」
子供3「・・・ない」
魔王「ないだろ?」
魔王「これも戦いを学ぶ中で大事になってくると思うんだ」
女(なるかしら・・・)

148 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:39:15.49 ID:XSX/MZ370
子供1「たたかいにかんけいないとおもうけど」
魔王「何て言おうか考えてる間に魔王にやられるかもしれない」
子供2「まおうはぜったいたたかいのまえになんかいってくるの?」
魔王「ああ、必ず言うな」
子供3「じゃあおにいさんならなんていうの?」
魔王「おれか?・・・そうだな」
魔王「だまれ!今日おれはお前を倒す!」
魔王「って感じで言うかな」
子供1,2,3「ふーん・・・」
魔王「で、魔王が」
魔王「ふはははは!威勢だけは良いようだな!」
魔王「って言って戦いが始まるんだ」

149 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:45:02.60 ID:XSX/MZ370
魔王「今日はみんなが魔王と戦うときに困らないように」
魔王「何て魔王に言ってやるか考えてみよう」
子供1「・・・」
子供2「えー・・・」
子供3「うん!わたしおもいついた!」
魔王「よし、じゃあおれが魔王の役やるから言ってみろ」
子供3「うん!」

女「・・・こういうやりかたもあるのね・・・」
女「・・・ふふっ」

150 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:47:52.11 ID:XSX/MZ370
子供1,2,3「せんせーさようならー」
女「はーいさようなら」
子供1「あ、おにいさん!」
魔王「!・・・ん?」
子供1「あしたはちゃんとかんがえてくるからね!」
子供2「あ、おれも!」
子供3「きょうのおにいさん、こわくなかったよー」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「ほら、なんか言ってあげなきゃ!」
魔王「・・・そ、そうか、楽しみにしておくよ」
子供1、2,3「うん!」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 22:49:11.44 ID:AVyO7+g/0
ほのぼのしてるなw

152 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:52:14.21 ID:XSX/MZ370
女「やればできるじゃない」
魔王「・・・戦い方、じゃないけどな」
女「でも大事だと思うんでしょ?」
魔王「あ、ああ、もちろんだ」
女「ふふっ、ならいいじゃない」
魔王「・・・」
女「明日からもよろしくね?」
魔王「・・・あ、ああ・・・」

155 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 22:55:15.16 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!よくきたな勇者よ!」
魔王「だが残念ながらお前の旅はここまでだ!」
子供1「うるせえ!まおうめ!!」
魔王「・・・」
子供1「・・・どう?」
魔王「勢いはいいと思うがもう少し長いセリフのほうがいいな」
子供1「ながく・・・うーん」
魔王「例えばおまえなんかすぐにたおしてやる!だとか・・・」
子供1「ふむふむ」

161 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:04:37.94 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!よくきたな勇者よ!」
魔王「だが残念ながらお前の旅はここまでだ!」
子供2「お、おまえなんか・・・おまえなんか・・・」
魔王「・・・」
子供2「・・・えーと・・・」
魔王「無理に考えようとしなくていいんだ」
子供2「えー・・・でも」
魔王「自然と口から出てくる魔王への思いをぶつければいい」
子供2「うーんむずかしい・・・」
魔王「最初からできなくてもいいさ」
子供2「うーん・・・」

162 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:07:49.71 ID:XSX/MZ370
魔王「ふはははは!よくきたな勇者よ!」
魔王「だが残念ながらお前の旅はここまでだ!」
子供3「まおう!いまならまだまにあう!」
子供3「わたしといっしょにしろへかえろう!」
魔王「・・・」
子供3「まおうはね!ほんとはいいひとだとおもうの!」
魔王「・・・そ、そうか」
子供3「うん!」
魔王「でもだな、一応これから戦うわけだし・・・」
子供3「えー・・・」

女「そろそろ私の授業始めるわよー」

166 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:12:20.58 ID:XSX/MZ370
魔王「今日はおれが食事作るのか?」
女「そうよ!当番決めたじゃない!」
魔王「料理か・・・初めてだな・・・」

女「なにこの毒のような色の物体は!?」
魔王「どくけしそうスープだ」
女「・・・・」
魔王「・・・」
女「・・・めちゃめちゃ不味い・・・」
魔王「そうか?」

169 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:17:40.75 ID:XSX/MZ370
女「今日は実戦をしてもらいます!」
女「このお兄さんを魔王だと思っておもいっきりやっちゃって!」
魔王「・・・なに!?」
女「防御くらいできるでしょ?」
魔王「ちょっと待て・・・」
女「はーい、じゃあ子供1くんからー!」
子供1「はい!」
魔王「待てー!!」
子供1「うおー!!」

170 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:19:32.58 ID:XSX/MZ370
魔王「いてて・・・」
女「防御くらいしないと・・・」
魔王「・・・戦いは苦手なんだ」
女「上級呪文使えるのに?」
魔王「・・・」
女「あんまり子供だからってなめてちゃだめよ?」
魔王「あ、ああ・・・」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/05(日) 23:21:58.48 ID:Jh8+SDjm0
やっぱ呪文使えるだけで弱いのか・・・

173 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:24:26.70 ID:XSX/MZ370
子供2「おれはきょうおまえをころす!」
魔王「・・・ころすはよくないんじゃないか?」
子供2「えー?だってまおうだよ?」
魔王「魔王だって殺されたくないかもしれないだろ」
子供2「そんなまおういないよー」
魔王「・・・まあ、勢いは良いと思うぞ」
子供2「ころーす!」
魔王「・・・」
魔王(殺されたくないだろ・・・常識的に考えて・・・)

176 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:26:55.33 ID:XSX/MZ370
魔王「ZZZ・・・ZZZ・・・」
魔王「うう・・・おれが・・・ZZZ」
魔王「おれが・・・ZZZ」
魔王「うう・・・ZZZ・・・」
魔王「!・・・」
魔王「・・・夢か・・・」
女「だいじょうぶ・・・?」
魔王「!・・・いたのか」
女「うなされてた」
魔王「・・・」

178 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:30:18.99 ID:XSX/MZ370
女「魔物に襲われる夢?」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・いや」
女「・・・」
魔王「・・・昔な」
女「うん」
魔王「・・・人を殺してしまったことがあるんだ」
女「人を・・・?」
魔王「・・・ああ」

179 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:32:55.84 ID:XSX/MZ370
魔王「・・・それから・・・」
魔王「戦うのが怖くなってな」
女「過失だったんだ・・・?」
魔王「・・・ああ」
女「・・・」
魔王「毎晩のように夢に出てくる」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「・・・辛かったね」

180 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:36:25.03 ID:XSX/MZ370
女「・・・」
魔王「・・・」
女「ずっと誰にも言えなかった・・・?」
魔王「・・・ああ」
女「だから魔物にもやられちゃった・・・?」
魔王「・・・・・・ああ」
女「子供たちのときも・・・」
魔王「笑えるだろ、子供相手でもうまく動けなくなる」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「ごめんね・・・そんなことがあったなんて思わなかった」
魔王「・・・」

181 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:40:34.29 ID:XSX/MZ370
女「今夜は」
魔王「・・・」
女「傍にいるから」
魔王「・・・」
女「・・・だいじょうぶ」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・ありがとう」
女「・・・うん」

183 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:45:02.68 ID:XSX/MZ370
子供2「じゃあつぎおれのばんね!」
子供2「ゆうしゃはばくはつのじゅもんをとなえた!」
子供2「どごーん!」
魔王「待て待て、そこはちゅどーんだろ」
子供2「どごーんだよ!」
子供3「わたしもどごーんだとおもうよー」
魔王「お前ら実際に音聞いたことないだろ?」
子供2,3「あるよー」
魔王「むう・・・」

188 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:53:02.67 ID:XSX/MZ370
女「・・・」
子供1「せんせーあのおにいさんのことすきなの?」
女「ええ!?な、なにいきなり・・・」
子供1「だっていまずーっとおにいさんのことみてたもん」
女「ち、ちがうわよ、子供2くんと子供3ちゃんが怪我してないか見てただけ!」
子供1「えーぜったいおにいさんのことみてたよー」
女「ちがーう!」

192 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/05(日) 23:58:32.64 ID:XSX/MZ370
女「じゃーん」
魔王「これは・・・まさかしもふりにくか?」
女「食べたいってうるさいからふんぱつして今日買ってきました!」
魔王「おお・・・うまそうだ・・・ありがとう」
女「さー食べよう!」

魔王「やっぱりおいしいな」
女「まあ最高級のお肉だからね」
魔王「この種入りスープもおいしいぞ」
女「!!・・・あ、ありがと」
魔王「うまいうまい」

194 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 00:04:19.76 ID:4t+xuUVv0
女「両親のこと覚えてる?」
魔王「・・・いや・・・」
女「だよね、名前も思い出せないんじゃ・・・」
魔王「・・・お前はどうなんだ」
女「え?」
魔王「1人暮らしのようだが・・・両親は?」
女「・・・」

197 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 00:10:36.08 ID:4t+xuUVv0
女「・・・魔王軍に殺された」
魔王「!!・・・」
女「・・・勇者が何人も魔王に戦いを挑んでるらしいけど」
女「全く敵わない」
女「それどころか人々は殺されてる」
魔王「・・・」
女「まともな勇者なんかいやしない」
女「だったら私が世界を平和にできる勇者を育てようって思ったの」
魔王「・・・」

198 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 00:15:43.80 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・魔王が・・・」
魔王「・・・憎いか」
女「うん」
女「できることなら私の手で殺してやりたい」
魔王「・・・」
女「・・・」
魔王「・・・」
女「あなたをぼろぼろにしたのだって魔王軍のせいでしょ?」
魔王「・・・」

200 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 00:21:33.87 ID:4t+xuUVv0
子供2「せんせー!きょうねー!」
女「うん、どうした?」
子供2「つちほってたらうしのふんひろった!」
女「あちゃーそれは臭いねー!!」

魔王「・・・」
子供3「おにいさん、せんせーのことすき?」
魔王「・・・なぜそう思う?」
子供3「だってずーっと見てるもん」
魔王「・・・」
子供3「わたしはせんせーだいすきー」

205 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 00:27:02.85 ID:4t+xuUVv0
魔王「・・・」
魔王「人間達は」
魔王「このような暮らしをしているんだな・・・」
魔王「・・・」
魔王「このまま人間でいるのも・・・」
魔王「悪くないかもしれないな」

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/06(月) 00:31:40.53 ID:Y4jS49HJO
すでに魔王が普通の魔王な件

209 :◆AK/VZdOeZs  :2009/04/06(月) 00:33:47.14 ID:4t+xuUVv0
悪くない。
むしろこのままが良かった。
子供たちとふれあい。
女と笑い。
女と暮らす。

この暮らしが気に入っていた。

しかし、このままで良いわけがなかった。
許されなかった。


魔王「食事は部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」【中編】へつづく

引用元
魔王「食事は部屋の前に置いておけといつも言ってるだろ!」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1238919156/
 

SS宝庫最新記事50件

    コメント一覧

      • 1. ミント
      • 2009年04月24日 23:20
      • 5 いいはなしだなー(AA略
      • 2. あ
      • 2009年04月25日 00:37
      • 魔王とか勇者とかそういうss大好物です
      • 3. あき
      • 2009年04月25日 01:15
      • なんかいい話のにおいが…
        これは続きが楽しみ!

        攻撃しないだけでステータスは高いのかなぁ?魔王。
      • 4. 通りすがりのホイミン
      • 2009年04月25日 09:18
      • 5 続き楽しみにしてるお(´∀`)
      • 5. 暇つぶしにきたななしさん
      • 2013年06月27日 19:56
      • 4 こんなお話スキ。
      • 6. 暇つぶしにきたななしさん
      • 2014年02月03日 17:08
      • これが面白いと本気で思っているならどうかしてる。
      • 7. 暇つぶしにきた名無しさん
      • 2014年02月03日 20:37
      • ただUPするんじゃなくて太字の見やすいのに改善して上げてほしいなー
        贅沢言ってるのは分かってるけど・・・
      • 8. 暇つぶしにきたななしさん
      • 2014年02月04日 18:46
      • 投稿日見ろよ
      • 9. 暇つぶしにきたななしさん
      • 2014年02月05日 01:47
      • 安部も爪くうべきだなw
      • 10. 暇つぶしにきた名無しさん
      • 2015年08月14日 12:08
      • >>6
        今日最高に感動したよ

    コメントする


    あらし目的、煽り目的、根拠のない誹謗中傷、妹SSの『ジャイ子』姉SSの『カツオ』『サザエ』は一定期間のコメント禁止とします。
    特に同一IPによる悪意のある連投コメントに関しましては注意してください。
    ID非表示にしたのは表示の正確性に欠けてたためです。

    名前
    絵文字
    スポンサードリンク

    当ブログについて
    特徴:SS専門ブログ
    管理人:暇P

    以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。
    もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。

    minnanohimatubushi2chblog.blogher.co/
    こちらのURLは悪質な類似サイトです。


    ニュー速SSVIP.sc
    上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。
    支援などもしておりません。
    2013/11/01
    メールアドレスが変わりました。
    旧:minnanohimatubushi@livedoor.com
    新:minnanohimatubushi@gmail.com

    2012/10/19/
    URLが変わりました。
    旧URL
    http://blog.livedoor.jp/minnanohimatubushi/

    新URL
    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/
    新RSS
    http://minnanohimatubushi.2chblog.jp/index.rdf
    相互リンク、RSSして頂いてるサイト様はお手数ですが変更お願い致します。

    まとめ依頼受付中
    ↓その他詳しくは↓
    当ブログについて。


    ブックマーク
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫)


    ようこそ実力至上主義の教室へ 4 (MF文庫J)


    ようこそ実力至上主義の教室へ 5 (MF文庫J)


    ナイツ&マジック 8 (ヒーロー文庫)


    Re:ゼロから始める異世界生活 14 (MF文庫J)


    ゴブリンスレイヤー6 (GA文庫)


    ゲーマーズ! DLC (富士見ファンタジア文庫)


    ようこそ実力至上主義の教室へ6 (MF文庫J)


    異世界はスマートフォンとともに。 10 (HJ NOVELS)



    スーパーマリオ オデッセイ


    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)


    マリオカート8 デラックス


    ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX


    ファイアーエムブレム無双


    FIFA 18


    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


    スーパーマリオ オデッセイ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルラゲッジタグ 付


    Xenoblade2 (ゼノブレイド2)


    Xenoblade2 Collector's Edition (ゼノブレイド2 コレクターズ エディション) 【Amazon.co.jp限定】ポストカード10種セット 付


    3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)


    グランブルーファンタジー(3) (サイコミ)


    聖☆おにいさん(14) (モーニングコミックス)


    ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


    波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンコミックス)


    亜人(11) (アフタヌーンコミックス)


    いぬやしき(10) (イブニングコミックス)


    1日外出録ハンチョウ(2) (ヤングマガジンコミックス)


    ゴブリンスレイヤー 3巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)


    ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックス)



    モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱)


    グランツーリスモSPORT 【早期購入特典】ボーナスカーパック (3台) DLCコード封入 - PS4


    FIFA 18


    【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII 【早期購入特典】DLC「マルチプレイヤー アップグレード」がもらえるアクティビジョンコード(封入)、「PS Plus7日間無料体験プロダクトコード」(封入)


    【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて


    【PS4】ソードアート・オンライン フェイタル・バレット 初回限定生産版【早期購入特典】1ゲーム内で使用できる衣装『アスナSAO衣装』のプロダクトコード (封入) 2ゲーム内で使用できる特別な武器『銀の銃』のプロダクトコード (封入) 【Amazon.co.jp限定】PlayStation4専用オリジナルテーマが手に入るプロダクトコード (配信)


    ウイニングイレブン2018


    【PS4】地球防衛軍5【初回購入特典】エアレイダー専用「コンバットフレーム ニクス ゴールドコート」がもらえるプロダクトコード 同梱


    モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルマイクロファイバークロス 付


    モンスターハンター:ワールド コレクターズ・エディション (MONSTER HUNTER: WORLD COLLECTOR'S EDITION) (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱)


    リンク集
    掲示板
    2ちゃんねる
    おーぷん2ちゃんねる
    SS速報VIP
    SS深夜VIP

    アンテナサイト
    SSまとめアンテナ
    まとめサイト速報+
    アナグロあんてな
    LogPo!2ch
    2chnavi
    おまとめ
    ちくアンテナ
    2blo.net
    だめぽアンテナ
    VIPあんてな
    つーアンテナ(*゚∀゚)
    しぃアンテナ(*゚ー゚)
    2GET
    matomeja

    ニュースサイト
    News人
    アフォニュース
    究極最終兵器2ndWeapon
    ぶろらん!

    まとめサイト

    (´A`)<咳をしてもゆとり
    【2ch】コピペ情報局
    2chエクサワロス
    2chコピペ保存道場
    2ちゃん生活!
    GJ News
    hogehoge速報
    HUNTER×HUNTER×
    hyukkyyyが見る2ちゃんねる
    Life++
    SIerブログ
    SSウィーバー
    VIPPERな俺
    V速ニュップ
    ZiNGER-HOLE
    常識的に考えた
    あじゃじゃしたー
    アンダーワールド
    育児板拾い読み@2ch+
    うるるんロギー
    えすえすMode
    えっ!?またここのサイト?
    面白2chまとめ
    カジ速
    ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー
    家宝は2次元
    ガラパゴス速報
    ゴタゴタシタニュース
    社会生活VIP
    銃とバッジは置いていけ
    ジュピ速
    スチーム速報 VIP
    スポン
    世界ランク速報
    チェック☆ゲーバナ
    調理兵はVIPPERだった
    ちょっとアレなニュース
    デジタルニューススレッド
    哲学ニュースnwk
    動画にゅーす24
    とりのまるやき
    流し読み新聞
    なんだかおもしろい
    日刊ニログ
    ニュース30over
    〓 ねこメモ 〓
    ねたQぶ
    ネトウヨにゅーす。
    はぅわ!
    ばるろぐ!
    はれぞう
    ピカピカニュース2ch
    暇人\(^o^)/速報
    ひまねっと
    ヒロイモノ中毒
    ぴろり速報2ちゃんねる
    ブヒるニュース速報【2ch】
    フットボール速報
    ぶる速-VIP
    ぷん太のにゅーす
    ベースボールスレッド
    ほんわか2ちゃんねる
    まとめいと
    まめ速
    みじかいモノ倶楽部
    みそパンNEWS
    無駄な知識などない
    無題のドキュメント
    やる夫.jp
    やる夫観察日記
    やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編
    やる速
    るな速
    歴史的速報@2ch
    ワロタニッキ
    ヲタク速報

    他サイト
    1000mg
    アニポ
    画像掲示板ハリコのとら
    ちょいエロ★家庭用ゲーム
    ぱんだ とらんすれーたー
    フラシュ - 無料フラッシュゲーム
    神爆笑.com

    SS作者さんのブログ
    SS作者さんへ
    ブログをお持ちのSS作者さんでリンク希望の場合はご連絡下さい。
    つらつら綴る
    (8さんの作品)
    止まり木
    (オナモミの作者)
    ドロルのSS置き場
    (はぐれ勇者の作者)
    ジェミニの人
    (ジェミニ◆の作者)
    みみかき
    (転校生の作者)
    クウラ完全体 星屑色のロンリネス アルティマニア
    (イャンクックの作者)
    源泉ブログ
    (源泉徴収票)
    糞虫の館
    (糞虫)
    Micro+
    (魔王「飯うま」の作者)
    不死鳥の死骸
    (病弱ールの作者)
    ゴリラの人〜何も約束はできない〜
    (ゴリラの人)
    にどねニートギツネ
    土瓶SS万覚帳
    「だから…」シリーズ
    萌あるちめっと!
    (だかぬしの人)
    紳士のSS置き場
    (スモークチーズ)
    自作SSストライキ速報
    隅っこに追いやられがち
    投下したもの(そっきょーのSSまとめ)
    SS書いてる名無しの保管庫
    地獄のブログ(NGシーン)
    書いたものとか(◆ARrMQ85OWk)
    イノセントミュージアム(◆cZ/h8axXSU)
    ころもss置き場
    メモ帳ちぎって野原に投げたら水たまりに落ちた(◆Memo/g4n8M)
    天国への渡り廊下(◆CIZA6sfEUc)
    排水溝
    SSマイしょこ
    暗黒大陸

    • コメントを読む
    • コメントを書く
    • はてブする
    • ツイートする
    • 記事一覧
    • TOPへ戻る