1 :1 ◆Hl80lnYDJA :2009/04/12(日) 01:04:39.76 ID:aFom57y50
    はぐれ勇者は やさぐれている!

    勇者「ちくしょう…みんなで俺をバカにしやがって…」
    勇者「ひっく…うー…おい親父ぃ!酒だ酒だ!」

    親父(面倒くさいなぁ)



っ過去作品を読まなくても面白いけど読んだらもっと面白いです。
前々作
魔王「なに?女の子の勇者が生まれただと?」
前作
スライム「あかちゃんを ひろいました」

はぐれ勇者が あらわれた!【前編】【中編】【後編】



2 :1 ◆Hl80lnYDJA :2009/04/12(日) 01:06:26.26 ID:aFom57y50
    はぐれ勇者は 呑んだくれている!

    勇者「なぁにが勇者だ…ひっくっ うぃー…」
    親父「なぁ、これ呑んだら、今度こそ出てってくれよ?」ドンッ
    勇者「るせぇー!俺様に指図するってのかぁー?」
    親父「柿ピーもつけてやるから」
    勇者「ちっ…しかたねぇな…」

3 :1 ◆Hl80lnYDJA :2009/04/12(日) 01:08:03.39 ID:aFom57y50
    はぐれ勇者は つぶれている!

    勇者「ひっく…うー…zzzz」
    親父「おい…本当にそろそろ店じまいだ
       旦那、悪いが、寝るんなら外行ってくれ。柿ピーもボッシュートだな」

    勇者は 店から追い出されてしまった!

5 :1 ◆Hl80lnYDJA :2009/04/12(日) 01:09:17.70 ID:aFom57y50
    (何処かの村 表通り)
    勇者「さみぃ」
    勇者「酒呑んだハズなのに、さみぃ」
    勇者「あのクソ親父、俺様を追い出しやがって」
    勇者「宿屋にでも泊まるか…」

6 :1 ◆Hl80lnYDJA :2009/04/12(日) 01:10:54.10 ID:aFom57y50
    主人「ようこそ旅の宿に。一晩100ゴールドですがお泊まりになりますか?」
    主人「でもお金がたりないようですね」
    主人「さようなら旅の人。お気をつけて旅をつづけられますように」
    勇者「さっきの酒場で使いすぎた…」

    行員「愛と信頼のゴールド銀行へようこそ。勇者さまはどんなご用でしょう?」
    行員「これはごじょうだんを。お客さまのお金は1ゴールドもお預かりしていませんが…」
    行員「現在0ゴールドお預かりしています。ありがとうございました」
    勇者「…ああ、もう貯金全部使いきっちまってたか…」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:12:00.91 ID:0SifjjkR0
    スライムと幼女をいじめた貴様は許さん
    賢者はどっちでもいいや

8 :1 ◆Hl80lnYDJA :2009/04/12(日) 01:13:18.80 ID:aFom57y50
    商人「はいいらっしゃい!ここは道具の店。どんなご用でしょうか?」
    商人「お客さんそれは売ってしまわないほうがいいと思いますよ」
    商人「ありがとうございました。今後ともごひいきに!」
    勇者「………」

    防具「ようこそ防具の店に。ご用はなんでしょう?」
    防具「もうしわけありませんがそのような貴重な物はお引きとりできません。大切に持っていてはどうでしょう」
    防具「ありがとうございました。またおいでくださいませ」
    勇者「………」

10 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:15:28.49 ID:aFom57y50
    武器「ここは武器の店だ。どんな用だい?」
    武器「わるいがそれはうちでは買いとれないなあ」
    武器「じゃあまた来てくれよな!」
    勇者「………」

    よろ「いらっしゃい。ここはよろず屋じゃよ」
    よろ「うーむ。わるいがそいつは引きとれないぞよ」
    よろ「それじゃまたいつでもきがるに来るがええぞ」
    勇者「………」

    勇者の証を捨てますか?
    >はい
     いいえ
    それを捨てるなんてとんでもない!

12 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:17:46.39 ID:aFom57y50
    勇者「しかたねぇ…ちょっくら行って、モンスターでもブッ殺しに行くか…」
    勇者「まぁ、俺の実力なら、宿代ぐらいすぐ稼げるだろ」
    勇者「あ、武器がなかったな…随分前に、売っちまったもんな」
    勇者「俺ぐらいの強さなら、この木の枝でも十分なんだぜ」

    勇者は 木の枝を手に入れた!

    キラービーが あらわれた!
    デスフラッターが あらわれた!
    ぐんたいガニが あらわれた!
    ポイズントードが あらわれた!

    勇者「さっそくおでましだぜ!」

13 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:19:18.71 ID:aFom57y50
    勇者「うあ ちょ ヤベ」
    勇者「あがっ い、いてぇ」
    勇者「かてぇ!何だこいつ!」
    勇者「あ…あ…あ…あーっ!」

    ガシッ、ボカッ!
    勇者は どくにおかされた!

    キラ<ムシ、ナメンナ>
    デス<ヨエエ勇者ダナー。カァー>
    カニ<ブクク…ブブブン…>
    ポイ<今日はコレぐらいで勘弁しといてやるゲコ!>

14 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:20:54.43 ID:aFom57y50
    (何処かの森 街道への道 朝)
    ♀勇者のパーティが あらわれた!

    勇♀「あれ?こんなところに人が倒れてますよ」
    魔法「何だぁ?行き倒れか?」
    僧侶「大変です。この方、毒に犯されていますね」
    戦士「魔物にでもやられたのか?」
    勇♀「僧侶さん、お願いします」
    僧侶「もちろんですとも。
       おお神よ!わが主よ!このものの身体より毒のけがれをきよめたまえ!」

    勇者の からだにまわっている どくがきえた!

    勇者「う、うーん…」パチッ
    魔法「お、目が覚めたみたいだぜ」

15 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:24:16.98 ID:aFom57y50
    勇者「お、い、う…」
    戦士「おっ、水か。飲め飲め」
    勇者「うぅ…ごくん…ごくごくん」
    魔法「腹、減ってないか?大丈夫か?」
    勇♀「…この先の村の人ですかねぇ?」

    勇者は 飛び起きた!

    勇者「ち、ちがう!俺は"勇者"だ!」
    勇♀「あら」戦士「なんと」僧侶「まぁ」魔法「ははっ」
    勇者「???」

17 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:27:54.50 ID:aFom57y50
    勇者「な、なんだお前ら、こぞってバカにしやがって!
       どうせ信じてねぇんだろ!ああっ?
       そうさ、俺は弱いさ!こんなところで倒れてるぐらいだからよ!」
    ♀勇「いえ、あの」
    戦士「そうじゃない」
    僧侶「奇遇ですねぇ」
    魔法「うちのPTのリーダーも、そこの戦士も、二人とも勇者なんだ」
    勇者「はあっ?」

    勇者は こんらんしている

19 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:29:58.61 ID:aFom57y50
    (何処かの村 酒場 夕方)
    ♀勇「なるほど。一人旅の途中、悪いモンスターにいきなり襲われて、
       宿代や武器を、奪われてしまったんですね?」
    勇者「そ、そ、そ、そうなん、だ。
       い、今までの激しい死闘で、大事な仲間達とも死に別れちまってさ」
    ♀勇「まぁ…タイヘンだったんですね…」
    僧侶「ああ、それはご苦労なされたでしょうに」
    勇者(ちょっと大げさに言っておいて正解だな)

21 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:31:30.90 ID:aFom57y50
    勇者「ところであんた…本当に勇者なのか?」
    ♀勇「はい。勇者の証も持ってますよ?」ピカン
    勇者「はぁ…こんな小さいのにエライなぁ」なでなで
    ♀勇「ちっちゃくないです!大人です!」
    勇者「このポニーテールは、身長を高く見せる為か?」ニヤ
    ♀勇「むきーっ!」
    戦士(そこが良いんだよ、このド素人め)

22 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:33:16.38 ID:aFom57y50
    ♀勇「そうだ!今、お一人なんですよね、勇者さん」
    勇者「あ、ああ…」
    ♀勇「勇者さんも私達のパーティに入りませんか?」
    勇者「???」
    ♀勇「私達は真の世界平和を目指しているんです!
       仲間が多いに越した事はありません!いかがですか?」えっへん
    僧侶「ええ、ええ、そうですとも!これも何かの縁です!」
    魔法「ああ、また♀勇者の勧誘癖が出たよ」
    戦士「ははははっ」

    ♀勇者達は わらっている
    勇者は こんらんしている

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:34:52.46 ID:tKkrmz6T0
    もしかしてこの女勇者はいつぞやの魔王に惚れられた女勇者か?

25 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:37:26.73 ID:aFom57y50
    >>23
    ♀勇「わぁ!覚えていてくださったんですね!お久し振りです!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:37:41.67 ID:/qPFEac10
    >>23
    あれか!
    だから戦士は元勇者なんだな

    あの物語での最初の戦士は……

24 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:35:29.25 ID:aFom57y50
    勇者(何だコイツら…ずいぶんのほほんとしたPTだな…)
    勇者(俺様のウソにまんまと騙されやがって)
    勇者(見たところそんなに強そうでもねえし)
    勇者(このまま乗っ取るってのもアリだな…)

    勇者は 不敵な笑みを浮かべている

    勇者「ああ、いいぜ。なるよ」

    勇者が 仲間に加わった!

27 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:38:48.97 ID:aFom57y50
    ♀勇「みなさん、仲間が増えましたよ!」ぴょん
    僧侶「いやぁ、これでまた一段と世界平和が近づきましたねぇ」
    ♀勇「あの…もし宜しければ、自己紹介をさせてくださいませんか?
       せっかく仲間になれたんですし!」
    勇者「あ、ああ。かまわねえぜ」
    僧侶「あー、こほん。では、私から…
       世界一の僧侶を目指している、僧侶と申します。
       攻撃魔法はちょっとニガテです…はは」
    魔法「よぉ、お待ちどう!俺様こそ正真正銘の魔法使い。
       通称、エターナル・チェリー(永遠の童貞)。
       魔法使いとしての腕は天下一品!!奇人?変人?だから何」
    勇者(特攻野郎Aチーム厨、乙)

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:39:47.82 ID:tKkrmz6T0
    相変わらずろくでもない勇者だなw

29 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:40:25.32 ID:aFom57y50
    ♀勇「あ、わたし"勇者"です。ちっちゃいけど、勇者です!
       一日も早い真の世界平和が目標れっ…いたっ」
    魔法「噛んだ」
    僧侶「噛みましたね」
    戦士「良く噛むんだよな」
    ♀勇「えへへ」

    ♀勇者は 笑って誤魔化している!

30 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:42:06.01 ID:aFom57y50
    戦士「じゃぁ、続けるぞ。俺は戦士。元・勇者だ。
       ワケあって勇者をやめ、今はバトルマスターを目指している。宜しくな」
    勇者「戦士さんよ。何だ、その元・勇者ってのは」
    戦士「ああ、気づいたか」
    勇者(気づかないでか)
    僧侶「ふふふ。話し出すと長いですよぉw」

    戦士は 遠い目で昔話を語りはじめた!

    戦士「俺はこの♀勇者に会うまで、自分で勇者PTを組んでいた…
       ある日俺はひょんな事で仲間を失い、命の危険にさらされ、途方にくれていた…
       そんな見ず知らずの俺を、♀勇者は命も顧みずに助けてくれ…
       俺は♀勇者に人間としては、正直勝てないと思い…
       勇者である事をやめて、軍門に下る決意をした。
       あの日、あの時、あの場所で、♀勇者に会えなかったら(ry」

    勇者は 大きなあくびをした!

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 01:43:12.99 ID:tKkrmz6T0
    戦士、もしかして勇者に惚れてないかw

32 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:43:38.88 ID:aFom57y50
    ♀勇「じゃ、最後は勇者さんですよ!」ニコッ
    勇者「え、俺もか?」
    ♀勇「もう仲間ですからね!詳しく知りたいです!」
    僧侶「どんな冒険をされてきたのか、私も興味深々です」
    戦士「同じ勇者だった者としても、興味深いな」
    魔法「まぁ、適当になー」
    勇者(やべぇ 超緊張してきた)

34 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:45:10.59 ID:aFom57y50
    勇者「あ、お、俺、俺も"勇者"だ。
       魔法は…全然出来ないが、剣の腕にはそこそこ自信がある…
       凶悪な魔物も倒してきたし、世界一高い塔にも行った事がある…」
    ♀勇「わぁっ!すごいですね!」パチパチ
    勇者「昔、パーティ組んでた頃の話だけどな」
    僧侶「確か、魔法のじゅうたんがないと行けない搭ですね。うらやましい限りです」
    勇者(本当は現地民の観光ツアーで行ったんだけど)

35 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:46:16.54 ID:aFom57y50
    勇者「そういやあんた達は、何でここに来たんだ?」
    ♀勇「あ、そうです。そこなんですよ」マグマグ
    魔法「この村の先の山のふもとに、大きめの街がある。
       そこに、見た事もない魔物が現れたって聞いてさ」ズビズビ
    僧侶「かなり珍しいお話でしたので、
       行って確かめましょうと♀勇者が提案されたんです」パクリパクリ
    戦士「何でも人型の魔物らしいんだが」モグモグ
    勇者(人型の…魔物…だと?)

37 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:47:48.49 ID:aFom57y50
    ♀勇「だいぶ前ですが、旅の勇者PTが挑んで、
       その後も別のPTが挑んだらしいんですけど、未だに誰一人、帰ってそうなんです」パクパク
    僧侶「あ、そのサラダ貰っても宜しいですか?」マグマグ
    魔法「こっちのパンは頂くぜ」モグリ
    戦士「この肉皿、追加だな」マグモグ
    魔法「大方、返り討ちにもであったんじゃねぇか?って話だったな」モグモグ
    僧侶「もしかしたら、即死系の魔術を使う魔物だったのかもしれませんね」パクリ
    戦士「見た事もない魔物であれば、油断は禁物」ズビズビ
    勇者(おい、ちょっと食いすぎだろ…俺のメシまで食いやがる)

38 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:49:10.18 ID:aFom57y50
    ♀勇「!! みなさん、ダメですよ!それは勇者さんの分のごはんです!」
    魔法「あ、いけねぇいけねぇ。ついいつものクセで」
    ♀勇「すみません、勇者さん…」
    戦士「悪いな。俺の肉をやるよ。食いかけだけど…」
    僧侶「私のサラダも差し上げます」
    魔法「………♀勇者のプリンも、2つ目だよな?w」
    ♀勇「あっ!あのこ、これは…その…」

    ♀勇者の顔色が かわった!

39 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:50:42.73 ID:aFom57y50
    勇者(さて、困った…どうやって切り出すか…)
    勇者(さっき話に出てた、人型の魔物…)
    勇者(あれに挑んで負けた勇者のPTは…恐らく俺のPTの事だ)
    勇者(殆ど何も出来ないで負けたなんて…かっこ悪すぎるしな…)

    勇者は 策をめぐらせている

    勇者「そ、そういやよ、酒は呑まねぇのか?」
    ♀勇「え、何でですか?」
    勇者「い、いや、冒険者っつったら、酒だろjk」
    ♀勇「私は呑んで良いって言うんですけど…みなさん全然呑まないんですよ」
    僧侶「私は永遠に修行中の身ですからねぇ」
    魔法「俺は時たま呑むけど、昼からはやんねぇって決めてるだけだ」
    戦士「俺もそうだ。♀勇者、そういうのニガテだし」

    勇者は うまく話題をそらした!

41 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:52:16.79 ID:aFom57y50
    (何処かの村 宿屋 夜)
    勇者「なぁ、戦士さんよ…」こそこそ
    戦士「ん?何だ?」
    勇者「って事はあんたら、夜とかどうしてんだよ」
    戦士「夜?」
    勇者「とぼけんなって。ぱふぱふだよ」
    戦士「ああ、そういう意味か。そういえば、とんと行ってないな」
    勇者「mjdk?(やべぇ!こいつガチホモか?)」
    戦士「夜は鍛錬して、そのまま床に入ってしまうんでな」
    勇者(こいつ…"賢者"かよ?)

43 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:55:28.97 ID:aFom57y50
    魔法「まぁ、まぁ」
    勇者「魔法使い…」
    魔法「俺の嫁を見せてやるよ。ふひひっ」

    魔法使いは、水晶板を取り出した
    水晶板には アニメの映像が映っている

    魔法「長門は永遠に俺の嫁。ゆっくりみていってね!」
    勇者(ダメだこいつ・・・早く何とかしないと)

45 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:57:41.91 ID:aFom57y50
    (何処かの村 出入り口 朝)
    ♀勇「では、その街に向かって出発しましょう!」
    魔法「あいよ」
    僧侶「参りましょう」
    戦士「いつも通りの"作戦"でよいんだな?」
    ♀勇「はい。では、いつもの…
       『いのちをだいじにしつつ ガンガンいろいろがんばって
       じゅもんはせつやくしようぜ!』の作戦で!」
    勇者(何だそりゃ)

46 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 01:59:14.00 ID:aFom57y50
    勇者(結局言い出せなかった)
    勇者(あの街に行ったら、俺が敗れた勇者だってバレちまう)
    勇者(どうする…どうするよ、俺?)

    勇者は 考え込んでいる

    ♀勇「行きますよー、勇者さーん」
    勇者「お、おう」

    ♀勇者達は 村を出発した!

47 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:01:23.76 ID:aFom57y50
    (魔界 魔王城)
    ???が あらわれた!
    スライムが あらわれた!

    ??「わたしをよびさます者はだれだ?」
    ??「わたしははかいと殺りくの神???なり」
    ??「わたしはだれの命令もうけぬ。すべてを無にかえすのみ」
    ??「小さき者よ かかってくるがいい」
    スラ「ぷ、ぷるぷるっ!負けないぞ、まおうめ!」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 02:07:16.76 ID:tKkrmz6T0
    こ、こいつらはいつぞやのスラ幼女コンビじゃないか!

49 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:07:35.40 ID:aFom57y50
    ??は 闇色の翼を生やした!
    ??は 鋭いツメを生やした!
    ??は 太いしっぽを生やした!
    ??は 折れ曲がったツノを生やした!

    ??「がおーっ!」

    ??は 半竜の魔物へと姿をかえた!

50 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:09:22.61 ID:aFom57y50
    部A「魔王様、魔王様?どちらにおいでですか?」パタパタ
    ??「ここー」
    スラ「魔王の広間だよー」

    部下Aが あらわれた!

    部A「魔王様。そろそろお勉強の時間ですよ?」
    ??「やだー。勉強きらーい」
    部A「ダメです!先代方の血を継ぐのは、もう貴方様しかおられないんですよ?」
    ??「ぶー。ぶー」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 02:10:02.86 ID:tKkrmz6T0
    先代・・・え、まさか・・・よ、ようじょおおおおおおおおお

52 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:10:43.63 ID:aFom57y50
    賢者が現れた!

    賢者「少女、スラ。二人とも、そろそろごはんですよ。
       魔王ごっこはおしまいにして来てくださいー」
    少女「はぁい」スラ「はーい」

    スライムと少女は 玉座から降りた!

    部A(魔王様は何故、あの人間の言う事は素直に聞くのだろうか…)

53 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:12:24.09 ID:aFom57y50
    賢者(私が、住処を追われたこの魔物の少女とスライムと出会い、
       安住の地を求めて旅をしてきて、早数年)
    賢者(各地を彷徨った結果、とうとう魔界まで来てしまいました…)
    賢者(しかし、良かったのでしょうか?私の様な人間がこの魔王城に入って)

    賢者は 考え込んでいる

    魔物の少女は 茶碗を差し出した!

    少女「おかわりー」
    賢者「あ、はいはい」

54 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:14:09.39 ID:aFom57y50
    (魔王城 図書館)
    部A「いいですか、魔王様?
       貴方は、先々代の魔王様が『人』との間に設けられた、いわばハーフの魔物ですが…
       偉大なる魔王一族の血を引くお方なのですよ?」
    少女「むー」バッサバッサ
    部A「何よりも、その闇色の翼こそが、魔王一族の証なのですっ!」

    少女は あくびをした!

56 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:15:30.20 ID:aFom57y50
    部A「先代の魔王様は、私の力及ばず、卑劣な人間共にやぶれてしまいました…
       復活には、まだまだ時間がかかります。
       貴方はその先代の魔王様にかわり、世界征服に励まねばなりません!」
    スラ「ぶにょぉーん」

    スライムは ヘンな顔をした!

    少女「きゃっきゃ」
    部A「話を聞いてください!」

57 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:17:14.57 ID:aFom57y50
    (何処かの森 街への道)
    魔物の群れが 現れた!

    ♀勇「そこを…通してください!」
    魔物「グルルルル…グググgg…」

    ♀勇者は 話しかけた
    だめだ!話にならない!

    魔法「しかたねぇ。いくぞ!メラマーゾ!」
    魔物「ギャアッ!」
    戦士「がんせきおとし!」
    魔物「ググアアア!」

    魔物の群れを 倒した!

    勇者(つ、強い…こいつら強すぎだろ…)

58 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:19:02.88 ID:aFom57y50
    ♀勇「ごめんなさい」ペタペタ
    僧侶「おお神よ!この者たちに安らかなる休息をあたえたまえ!」

    ♀勇者と僧侶は 魔物の死体を地面に埋めた!

    勇者「なぁ…あんたら、いつもこうして?」
    戦士「ああ。そうだ。♀勇者は、心優しい勇者でな」
    魔法「どうしてもダメな場合は倒すけど、魔物はなるたけ殺さないってポリシーらしいぜ」

    勇者はこっそり 魔物のツメを盗んでいた!

    勇者(売ったら10000Gはくだらないってのに…勿体無いやつらだ)

60 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:23:00.82 ID:aFom57y50
    はぐれメタルが あらわれた!

    勇者「おっ!はぐれメタルじゃねぇか!経験値、経験値…」
    はぐ「♀勇者ちゃーん!」ぴょーん

    はぐれメタルは ♀勇者にとびついた!

    ♀勇「あ、はぐさん!お久しぶりです♪」なでなで
    はぐ「会いに来たハグー!」
    勇者「なっ?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 02:24:24.16 ID:tKkrmz6T0
    そういえば魔物に好かれる勇者だったなw

62 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:24:34.79 ID:aFom57y50
    はぐ「あの…これ…プレゼントだハグ!」ごそごそ

    はぐれメタルは すばやさの種を差し出した!

    はぐ「こないだ、悪い人間から守ってくれたお礼ハグ!」
    ♀勇「すみません…ありがとうございます」
    はぐ「さ、あーんするハグ!」
    戦士(う、うらやましくなんか、ないんだぜ!)

63 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:26:37.43 ID:aFom57y50
    (何処かの森 湖畔 キャンプ中 夜)
    僧侶「では、今宵我々に命を捧げてくださった2匹の野うさぎと魚と、神に感謝して…」
    戦士「いただきます…」チラッ
    魔法「いただきます…」チラッ
    僧侶「いただきます…」チラッ
    ♀勇「いただきます…」チラッ
    勇者「いただきま…うわぁ!」

    バリバリ ムシャムシャ バキバキ ゴクン
    ごはんの 争奪戦が始まった!

65 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:28:07.22 ID:aFom57y50
    (何処かの森 湖畔 キャンプ中 夜中)
    勇者(……… ……… ………)

    勇者は ♀勇者のテントに忍び込んだ!

    勇者「おい。おい」
    ♀勇「むにゃ…むにゃにゃ…」
    勇者「起きろ。起きろ」
    ♀勇「プリン…んにゃぁ…」
    勇者「話があんだよ、起きろ」

    勇者は ♀勇者にまたがった!
    勇者は ♀勇者のほっぺをつまんだ!

    ♀勇「むにゃー………」

    しかし♀勇者 は目を覚まさなかった!

66 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:29:51.59 ID:aFom57y50
    勇者「おい、起きろよ…」
    ♀勇「んにゅっ………?zzz………」

    勇者は ♀勇者のわきばらをくすぐった!
    しかし♀勇者は 目を覚まさなかった!

    勇者「ちくしょう…こ、こうなったら最後の手段」ごくん

    勇者は ♀勇者に覆いかぶさった!
    勇者は ♀勇者の耳に息を吹きかけた!

    ♀勇「んんんっ……ぐーー…」
    勇者(ああ、良い匂いだなぁ)
    勇者(やべぇ…最近溜まってたから、むらむらしてきt)

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 02:30:58.52 ID:tKkrmz6T0
    勇者……それだけはしてはいけない……
    それをしたらPTはおろかファンの魔物全てを敵に回すことになる

68 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:31:48.27 ID:aFom57y50
    魔法「おい!」バン!
    戦士「♀勇者!!」ドン!

    魔法使いと 戦士が現れた!

    勇者「うあっ?!」
    ♀勇「むにゅ?」

    勇者は 首ねっこをつかまれた!

69 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:34:09.26 ID:aFom57y50
    (かくかく しかじか)
    勇者「そんなワケで、俺…マジで♀勇者に話があっただけなんだ…」
    魔法「………」
    戦士「………」
    僧侶「………」
    勇者「し、信じてくれよ…な?」
    ♀勇「ああ、そうだったんですか!ごめんなさい。私、寝たら起きなくって」
    魔戦僧「ええー!!」
    ♀勇「で、お話って、何ですか?」ニコ

70 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:37:01.25 ID:aFom57y50
    (何処かの森 湖畔 勇者のテントの中)
    勇者「あのさ…俺達が…これから行く街の話なんだが…」
    ♀勇「はい」
    勇者「『人型の魔物を倒しに行った勇者PT』って、言ってたろ。
       あれ…俺のPTの事なんだ…」
    ♀勇「えっ?!そうだったんですか?」
    勇者「正直、何も出来なかった。仲間の魔法使いも、戦士も、そいつにすぐ殺されたよ」
    ♀勇「………」
    勇者「もう一人いた仲間の賢者が、俺を助けてくれたんだが…
       俺、仲間殺されてすげーイラついててさ。
       ついカッとなって、そいつをクビにしちまった」
    ♀勇「………」
    勇者「まぁ、そんなこんなで、俺は一人ぼっちになっちまったワケだ」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 02:37:33.97 ID:tKkrmz6T0
    ほう、自分から話す気になったのか

72 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:38:26.09 ID:aFom57y50
    勇者「あいつは…でけぇ黒い翼を生やした、竜の化け物だった…
       最初は人の女に化けて、俺達を油断させようと近づいてきて、
       で、いきなり変身して、ガツリ」
    ♀勇「………」
    勇者「相当強い魔物だった。あんた達なら…まぁ、やれると思うが…
       出来たら俺、自分の手であいつを倒したいんだ」
    ♀勇「そう…だったんですか…」
    勇者「あんた達のPT、正直強すぎるだろ?
       だから…俺…なかなか話しづらくて…その…」

73 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:40:00.06 ID:aFom57y50
    勇者「話はそれだけだ。夜中に起こして悪かったな」
    ♀勇「あ、あのっ!」
    勇者「ん?」
    ♀勇「勇者さんは…その魔物にあったら…やっぱり倒すんですか?」
    勇者「ああ。俺には仲間の敵を討つ権利があるしな」
    ♀勇「そうですか…」
    勇者「おやすみ」

    勇者は テントから出た

78 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:47:13.77 ID:aFom57y50
    戦士と魔法使いが あらわれた!

    戦士「勇者君よ。お兄さん達と、ちょっと話さないか?」
    勇者「ちょっ」

    勇者は 首ねっこをつかまれた!
    戦士と魔法使いと勇者は 森の奥に消えた!

    戦士「お前…本当に話をしに行っただけなんだろうな?」
    勇者「あぁ?そ、そうだが?」
    戦士「随分長かったが…まさか続k」
    勇者「はぁ?お、俺様が何だって、あんなガキを」
    戦士「ガキィ?ゆ、♀勇者を、ガキっていうな!」

    戦士は 頬を赤らめた!

    勇者(判りやすい脳筋だな…)

80 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:48:47.21 ID:aFom57y50
    勇者「何なんだよ、あんたら一体!
       第一…俺は…ああいうガキじゃなくて…その…」
    戦士「そうか、熟女か!!熟女も良いよな?!トゥーッス!」
    魔法「何だぁ?お前、好きな女でもいるのか?」
    勇者「……… ………」
    戦士「ま、まさか男g」
    勇者「ちげえし!」

    勇者は 全力で否定した!

82 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:50:19.76 ID:aFom57y50
    戦士「と、とにかくだ。仲間のお前がやってないってんなら、俺はお前を信じるよ」
    魔法「まぁ、そうだな。♀勇者もそう言ってたしな」
    戦士「いざとなったら、♀勇者は俺が守るからな!」えっへん
    勇者「………あんた達、人が良すぎるな………」
    魔法「あの、♀勇者の仲間だからなーw」
    戦士「これからは話があったら、堂々とテントに行くんだぞ?はっはっは!」

    三人は テントへ戻った!

83 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:51:54.49 ID:aFom57y50
    (魔界 魔王城 キッチン)
    部A「賢者よ…」
    賢者「あ、はい」
    部A「私は代々、魔王様の仕える一族の者。
       先代魔王様がやぶれた後も、いつか魔王様が復活なさるその日に備え、
       私はこの城を一人保ってきた」
    賢者「ええ。初めてこの城に来た日、そう伺いましたね」
    部A「魔王様にお仕えする事こそが、私の存在意義なのだが…
       どうしたら新しい魔王様は、私の言葉を聞いてくださるのだろうか?」
    賢者「そうですね…では、食べ物で釣るというのは?」
    部A「ふむ…確かに先代の魔王様も、おやつには弱かった…」

    部下Aは 考え込んでいる

87 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:55:50.03 ID:aFom57y50
    (魔王城 屋上 庭園)
    少女「お花、きれい」
    スラ「食べられるかな?」
    少女「ダメだよー、食べちゃ。首飾り作ろう?」

    少女達は 遊んでいる

    部A「…わ、私に、で、出来るだろうか…」こそこそ
    賢者「大丈夫ですよwほら、今です!」

    賢者は 部下Aの背中を軽く押した!
    部下Aは 少女達の前に姿を現した!

    スラ「?」
    少女「???」
    部A「あ、そ、その、あの、ま、魔王様」
    少女「なぁに?」

88 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:57:25.24 ID:aFom57y50
    部A「あ、あの、こ、これは私からの、お、贈り物で…」

    部下Aは 5段アイスクリームを差し出した!
    少女は しっぽをふっている!

    少女「わー!アイスだー!」ふりふり
    スラ「大きいねぇ、すごいねぇ」
    少女「いいの、いいの?くれるの?」
    スラ「よかったねぇ」なでなで

    少女は 喜んでいる!

90 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 02:58:59.98 ID:aFom57y50
    部A「そ、それで、あの、お願いがございまして」
    少女「ん?なあに?」ペロペロ
    部A「あとで、王の間に降りてきて頂きたいのですが…」もじもじ
    少女「お勉強…?」
    部A「も、もちろん、お勉強のあとにはおやつに致しますが?」
    少女「わわわっ!や、やる!お勉強するー!」バッサバッサ
    スラ「あんま食べ過ぎちゃダメだよ?」

    少女は はしゃいでいる!

91 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:00:35.45 ID:aFom57y50
    賢者「やりましたね」
    部A「うっうっうっ」
    賢者「少女は人見知り激しいですからね。じっくり行きましょう」
    部A「うっうっ がんばります」
    賢者「私も部下Aさんのお手伝いいたしますから」
    部A「す、すみません…うっうっ」
    賢者(魔物さんも、色々タイヘンなんですねぇ)

92 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:02:09.73 ID:aFom57y50
    (何処かの森 街への道)
    魔物(ヒヒヒ ニンゲンノメスダ)
    魔物(クオウ クオウ)

    魔物の群れが 現れた!
    魔物の群れは いきなり襲い掛かってきた!

    ♀勇「きゃあっ?!」
    戦士「♀勇者!」

    ♀勇者は つかまってしまった!

    魔物「ウゴクナ ニモツ オイテケ」

    魔物は 片言で喋った!

94 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:05:47.04 ID:aFom57y50
    勇者「わ、判った。ここに置くから、その子を離せ」
    魔物「ヒヒヒ…ヒヒヒ…」
    勇者「なぁ、お前ら。クリリンの太陽拳って知ってるか?」ニヤ
    魔物「イヒ?」

    勇者は 勇者の証をかかげた!
    勇者は まぶしいひかりをはなった!

    魔物「キヒィー?!」

    魔物達は 目がくらんでしまった!

96 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:08:03.15 ID:aFom57y50
    戦士「今だ、しっぷうづき!」
    魔物「イヒィ?!」

    戦士は ♀勇者を助け出した!

    魔法「マヒャードォ!」
    魔物「ヒイィーーー…?!」

    魔物の群れを倒した!

97 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:09:41.88 ID:aFom57y50
    ♀勇「はぁ、はぁ、はぁ…」
    戦士「大丈夫か?おい」
    僧侶「おケガはありませんか?」
    ♀勇「はい。大丈夫です、すみません」
    魔法「良かった」
    勇者「これからは、気をつけろよ」
    ♀勇「すみません、ありがとうございます」ニコ

    勇者は 目を閉じてさっとかわした!
    戦士は メロメロになった!

98 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:11:54.57 ID:aFom57y50
    マドハンドの群れが あらわれた!

    勇者「おっ!マドハンドじゃねぇか!仲間呼ばせて経験値、経験値…」
    マド「♀勇者ー!」わらわら ぬとぬと
    ♀勇「あ、マドさん!」
    勇者「まさ…か………」
    マドD「こないだは、世話になったなー!」ぬらぬら
    マドE「仲間助けてくれた ありがとう」べちょべちょ
    マドB「何だよ、山に来るんなら、教えてくれよなー!」ぬとぬと
    ♀勇「わぁっ ひゃぁん くすぐったいです」
    勇者「……… ………」

101 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:13:49.96 ID:aFom57y50
    マドG「これ、こないだ拾った。♀勇者にやる」もじもじ
    マドL「もぎたてのフルーツです、どうぞ」ドサドサ
    マドP「体、こってないか?」もみもみ

    マドハンドたちは ♀勇者をねぎらっている!

    魔法「あいつら、本当に♀勇者の事好きだよなぁ」
    僧侶「♀勇者は、魔物にとても好かれるお方ですからね」
    戦士「正直、悔しい」
    勇者「……… ………」

102 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:15:25.07 ID:aFom57y50
    (何処かの森 キャンプ中 夜)
    僧侶「では、今宵我々に食料を分けてくださった心優しいマドハンド達と、神に感謝して」
    戦士「いただきます」
    魔法「いただきます」
    僧侶「いただきます」
    ♀勇「いただきます」
    勇者「いただきま…す」

    ♀勇者達は ごはんを食べ始めた!

    勇者(…今日は大量にメシがあるから、安心して食えるな…)

103 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:17:58.76 ID:aFom57y50
    ♀勇「それでは皆さん、明日は一気に山を降りましょう!もうちょっとで街みたいですから」
    魔法「ああ。頑張ろうな」
    僧侶「お休みなさいませ」
    戦士「おやすみ」
    勇者「なぁ、♀勇者。またちょっと話があるんだが」
    ♀勇「判りました。どうぞー」

    ♀勇者と勇者は テントに入った!

    戦士(いいなぁ…ぐすん)

105 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:19:57.86 ID:aFom57y50
    勇者「あの…そのさ…魔物の事なんだが…お前、ちょっと馴れ合いすぎじゃねえか?
       アイツらと馴れ合ったって、ロクな事ねえぞ?
       大体魔物なんて、基本俺達『人』の敵なんだからよ」
    ♀勇「それは、違います!」

    ♀勇者は 大きな声をあげた!

    勇者「だっ、な、そんな事言ったって、魔物は俺達『人』を襲うじゃねぇか」
    ♀勇「でも、それは…私達も同じです」
    勇者「!!」

106 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:21:33.76 ID:aFom57y50
    ♀勇「私達『人』も、魔物を狩りますよね?
       はぐれメタルさんとか、レア素材を持った魔物とか、
       美味しいお肉を持った魔物さんや、薬の材料になる魔物とか」
    勇者「………ああ」
    ♀勇「私、思うんです。魔物も人も同じ生き物だって。
       だから私は、それを悪い事だと言うつもりはないんです
       私は『人』と『魔物』の共存する世界こそが『世界平和』だと思ってるんです」

    勇者は 黙っている

    ♀勇「私…その人型の魔物を倒しに行きたいんじゃないんです。
       もしその魔物を街の人達を怯えさせない場所に連れて行ければ、無駄な血は流れないじゃないですか。
       私は…なるべく殺さずに解決したいんです」

107 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:24:08.95 ID:aFom57y50
    ♀勇「あの…もし、その魔物にあったら、勇者さんはやっぱり殺すんですか?」
    勇者「ああ、たぶんな…あんたには悪いが、俺にはその権利があるんだ」
    ♀勇「そ、その魔物が、良い魔物だったとしても?」
    勇者「俺は被害者だぞ?仲間もやられたんだ!何が悪い?!」
    ♀勇「………」ビクッ

    勇者は 大きな声をあげた!

109 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:25:24.72 ID:aFom57y50
    勇者「と、とにかく。チャンスはやるよ。あんたは俺を助けてくれた命の恩人だ。
       そいつが現れたら、あんたは話してみたら良い。
       もっとも…あいつは良い魔物なんかじゃないって、すぐ判るだろうがな」
    ♀勇「………」
    勇者「そいつがあんたを襲ってきたら、俺は容赦なくそいつを殺す…今度は油断しない」

    勇者は 立ち上がった!

    勇者「夜中に悪かったな。おやすみ」
    ♀勇「おやすみなさい…」

110 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:27:00.51 ID:aFom57y50
    勇者(アイツは、殺された魔法使いと戦士の敵だ)
    勇者(いざとなったら、上手く出し抜いてヤツを倒しに行けば良い)
    勇者(アイツの姿を見たのは、俺と賢者だけだしな…
       俺が『コイツだ!』って教えなきゃ、判らないだろうよ)
    勇者(それまで、まぁ、せいぜい寄生させて貰うさ)
    勇者(ああ、酒が呑みてぇな…魔法使い…戦士…賢者…zzz…)

    勇者は 眠りについた

111 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:29:06.00 ID:aFom57y50
    (魔界 魔王城 とある一室)
    賢者「ああ、そうですか。では、今日は東3Fを探検するのですね?」
    少女「うん!」
    スラ「まだ東3Fのお部屋探検してないしねー」
    部A「では、魔王様。お昼ごはんになったらお声がけさせて頂きます」
    少女「はぁーい」

    少女達は 探検ごっこをはじめた!

113 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:30:28.72 ID:aFom57y50
    (魔界 魔王城 東3Fの倉庫)
    少女「洋服、お人形、ネックレス」ガサゴソ
    スラ「魔界の本、あ、こっちの鎧は呪われてるから触っちゃダメだよ」
    少女「はぁい。きれいな棒、宝石、お靴」ごそごそ
    スラ「すごいな、本当に宝の山だね」
    少女「スラー。何か大きい玉があるよ」

    少女は 大きな水晶球を手に入れた!
    少女「大きい玉だね!」ぺたぺた
    スラ「これ、何だろう?あとで聞いてみよう」

114 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:32:02.57 ID:aFom57y50
    (魔界 魔王城 キッチン)
    部A「今日のおやつのアイスは、コールドストーンクリーマリー風に作りましょう♪」
    部A「I wanna be a VIP STAR♪」ペタ
    部A「うっうーうまうまー♪」ペタペタ
    部A「ランランルー♪」ペタンペタン
    部A「DOKKAN DOKKAN ツーイてる♪」ペタシペタシ
    賢者「あの………そろそろ少女達を呼びに行こうかと…」
    部A「!!」

    場の空気が 凍りついた!

116 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:33:35.94 ID:aFom57y50
    (魔界 魔王城 東3Fの倉庫)
    賢者「少女ー。スラー。お昼ですよー。何処ですか?」
    スラ「ここ!ここだよ!」ぴょんぴょん
    少女「賢者ー、ここー」バッサバッサ

    少女とスライムが あらわれた!

    賢者「ああもう…埃まみれじゃないですか」ふきふき
    少女「あのね、賢者。こんなの見つけたよ」モゾモゾ
    賢者「…これは、水晶球…ですか?」
    スラ「大きいよねー。何に使うのかな?」
    賢者「あとで部下Aさんに聞いてみましょう」

117 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:35:03.88 ID:aFom57y50
    (魔界 魔王城 とある一室)
    部A「こほん…えー、では…この玉の説明をします。
       これは、先々代の魔王様がお作りになった最高傑作の魔具…魔法の水晶球です!」
    少女「わくわく、わくわく」
    部A「この玉は、とーっても便利な物です。何と………下界の様子が覗き見られます!」
    スラ「おおーっ!」ぴょんぴょん
    少女「わー!」パチパチ
    部A「では試しに、下界の勇者の様子でも見てみましょうか」ぽちっとな

    水晶球は 音声のみを流し始めた!

118 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:37:27.89 ID:aFom57y50
    部A「おや、映像が出ませんね…うーんうーん…久々に動かしたせいでしょうか?」

    ザザ…ザザザ…

    勇者『親父…これ買い取ってくれ』ドン
    親父『おや、これは鈍色のかぎ爪じゃないですか。10000Gになりますが』
    勇者『ああ、それで良い』
    親父『へへ、毎度っ!』
    ♀勇『勇者さん。何してたんですか?』
    勇者『あ、ああ。木の枝を売りに行ってたんだ。ジャマだったしな』
    賢者「………………………!!」
    賢者(この声は…間違いなく"勇者"の声…)

121 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:43:10.00 ID:aFom57y50
    賢者「お、お、お二人とも…
       部下Aさんに、大きいアイスのケーキを作ってもらってはいかがですか?」ニコ
    少女「!! アイスのケーキ?!作って作って!」
    スラ「美味しそうだねぇー」
    賢者「でも…きっと…部下Aさんだけじゃ、作れないでしょうね?」
    少女「そっかー。じゃぁ、お手伝いする!早く行こう?!」
    スラ「ボクも手伝うよ!」
    部A「え、あ、あの、し、仕方ありませんね…特別ですよ?」

    部下A達は キッチンへ向かった!

122 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:44:54.36 ID:aFom57y50
    賢者(この水晶…ここにこうして、念力をこめれば…たぶん…)じょぉん

    水晶球は 勇者の姿を映し出した!

    賢者(ああ…やはり…貴方だったのですね、勇者殿)
    賢者(あの日、貴方のPTを離れてからもう数年前)
    賢者(立派に成長されて…あ、おひげを生やされたんですね…)
    賢者(男子三日会わざれば刮目して見よと言いますが…
       これ程までに逞しくなっていたとは…)ぐすん

    賢者は 涙をぬぐった!

124 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:46:33.97 ID:aFom57y50
    賢者(おや、この者達は…?新しいPTですか?)
    賢者(女性の…勇者ですか。珍しいですね)
    賢者(こちらは、戦士。魔法使いに僧侶もいますね)
    賢者(この僧侶の帽子の印…ああ、私と同じ宗派の方ですか…)

    賢者は 水晶球を見ている

    賢者(ああ…人が恋しいですね。この世界に人間は、私だけですから…)
    賢者(魔界は…来るのは簡単ですが、戻るのは難しいですしね…)

    賢者は じっと水晶球を見続けている

125 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:48:28.04 ID:aFom57y50
    部下Aが あらわれた!
    少女が あらわれた!
    スライムが あらわれた!

    少女「けーんj…」もがもが

    少女は 口を塞がれてしまった!

    部A「魔王様。賢者は…ちょっとお忙しそうですから、あっちで食べましょう」
    スラ「ぴ?」
    部A(下界が懐かしいのだな…賢者。しばらくの間そっとしておいてやるか)

126 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:51:00.34 ID:aFom57y50
    (何処かの街への道 海辺の道)
    僧侶「それにしても、海は良いですね…」ぱしゃぱしゃ
    魔法「冷たくて気持ち良いな」ザバザバ
    ♀勇「もうちょっと季節があったかければ、泳げましたねぇ」チャパチャパ
    勇者「お、♀勇者は泳げるのか?」
    ♀勇「はい!おニューの水着ももう買ってあるんですよ?」
    戦士(水着…だと…?)

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 03:54:16.73 ID:tKkrmz6T0
    純情だな戦士ww

128 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:54:58.75 ID:aFom57y50
    マリンスライムが あらわれた!
    しびれくらげが あらわれた!

    マリ「あ、♀勇者じゃない!船で会って以来ね!」
    ♀勇「マリンスライムさん!こんにちはー」
    しび「お久しぶりくらげー!」ぺたっ
    ♀勇「きゃぁっ」びりり

    ♀勇者は しびれてしまった!

    マリ「だ、大丈夫?」
    しび「ごめんくらげー…」
    ♀勇「うん。だいじょうぶーw」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 03:56:07.37 ID:tKkrmz6T0
    この二匹は前作でも出てきたな・・・

130 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:57:08.73 ID:aFom57y50
    マリ「え、大きな街?あ、それならこの林を抜けたらすぐよ!」
    くら「あとちょっとくらげー」
    ♀勇「ありがとうございます」
    マリ「もうすぐ日が沈むから、急いだ方が良いわね」
    くら「暗いとあぶないくらげー」
    ♀勇「さぁ、そろそろ行きましょうか!もうちょっとですよ!」
    戦士(水着…見たかった…)

131 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 03:58:48.88 ID:aFom57y50
    (何処かの街 街長の館 夕方)
    役員「では、貴方がたが、あの森の魔物を何とかしてくださる、と?」
    ♀勇「はい!お任せください!」
    役員「頼もしい勇者殿ですな…」
    街長「って、もしや貴方は、かつて魔王を討伐なさったという、♀勇者殿では…?」
    ♀勇「え、あ、はい。そうです。昔の話ですけどね」
    街長「ああ、やはり!以前貴方の地元の街に伺った時、
       お城に貴方の似顔絵付き武勇伝が貼られていたのを見ました!」
    役員「何だって!」「素晴らしい!」「魔王を倒した勇者殿ですと?」ざわざわ
    勇者(………な、ナンダッテー!………)

    勇者は 腰を抜かした!

133 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 04:00:07.97 ID:aFom57y50
    (何処かの街 酒場 夜)
    勇者「おい、さっきの話は本当か?お前が魔王を倒した勇者だってのは?」
    ♀勇「え、あ、まぁ、はい、そうです」
    勇者「な…何で黙ってたんだ?」
    ♀勇「んと、えと、その…」
    僧侶「それは…魔王を倒しても、目指す世界平和にはまだ遠い…
       ですから♀勇者様は、その事をあまりお話にならないんです」
    勇者「………何…だと………」
    戦士「まぁまぁ、それぐらいにしとけよ」
    魔法「ほら、料理が来たぜ!」

134 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 04:01:40.67 ID:aFom57y50
    勇者(俺だって勇者だぞ?魔王討伐は憧れの一つだ…)
    勇者(ある意味、その為に旅に出たってのに…先越されてたってのか…?くそっ!)
    勇者(しかも、こんな甘ちゃんの♀勇者に…ふざけんな!)
    戦士「…なぁ、ステーキの付け合せ、食わないのk」
    勇者「食うし!」

135 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 04:03:17.10 ID:aFom57y50
    娼婦達が あらわれた!
    娼婦A「あらぁ…こちらのお兄さん達、随分ご機嫌じゃない?」
    娼婦B「イケメンがいっぱい…」
    娼婦C「って、なぁに、お子様連れなのぉ?じゃぁねん」

    娼婦達は 去って行った!

    僧侶「お子様…ですか」チラッ
    魔法「誰のことだろうねぇ」チラッ
    戦士「き、気にする事ないって!な?」
    ♀勇「ぐすん…そんな小さくないもん」
    勇者「そのお子様ランチのせいだと、俺は思うんだが?」
    ♀勇「こ、これは、おもちゃの為に頼んだんです!」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/12(日) 04:04:01.49 ID:tKkrmz6T0
    ♀勇者、それは逆効果だw

137 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 04:04:41.14 ID:aFom57y50
    (何処かの街 宿屋 夜中)
    勇者(明日はいよいよ、人型の魔物が住む、廃墟の教会がある森へ出発だな)
    勇者(今度こそ…今度こそアイツを仕留める!)
    勇者(何か興奮して眠れねぇな…)ゴロン

    勇者は 寝返りをうった!

    魔法「ふひっ。ふひひひっ。ははっ、ワロスwwwww」
    勇者(こんな夜更けまで水晶板で遊んでるとは…ノンキなヤツだな)

138 : ◆LIvweD/yxQ :2009/04/12(日) 04:06:14.57 ID:aFom57y50
    (何処かの街 森への道 朝)
    魔法「なぁ勇者。その廃墟の教会って、2日も歩けば着くんだろ?」
    勇者「ああ。そんぐらいだな」
    ♀勇「お空を飛んで行けたら、早いんですけどねぇ」
    僧侶「全くですねぇ」
    戦士「つ、疲れた時は、俺がおぶさるから心配するな?」

    戦士は 妙に張り切っている!

    ♀勇「では、行きましょうー!」

    ♀勇者達は 村を出発した!



はぐれ勇者が あらわれた!【中編】へつづく

引用元
はぐれ勇者が あらわれた!
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1239465879/
 

SS宝庫最新記事50件