1 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:08:23.48 ID:tzb9BsVRO
    男「それじゃ、またな」
   
    彼女「バイバイ、男くん」
   
    男「ふぅ、もう週末か…早いな」
   
    男「土日暇だなぁ…」
   
    男「まだ時間あるし、川でのんびりすっかな」
   
    男「ん?」

4 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:11:35.77 ID:tzb9BsVRO
    女「……」
   
    男(んだ?女の子が一人で…)
   
    女「……」チュゥ〜、ゴポポポポ…
   
    男(音たてて飲むなよ…)
   
    チャラ男「何してんのかな〜?」
   
    シブタク「一人じゃ危ないぜ〜?」
   
    女「……」ゴポポポポ…
   
    男(まだ飲んどる…)


関連スレ
新ジャンル「セミ女」【前編】【後編】



5 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:14:56.52 ID:tzb9BsVRO
    チャラ男「なぁ〜」
     
    ガッ
     
    チャラ男「あ?」
     
    男「まぁ止めようぜ?」
     
    女「……」ゴポポポポ…
     
    シブタク「なんだおめぇ?」
     
    男「嫌がってんだろ、その子?」
     
    女「……」ゴポポ、ズズズ…
     
    男(飲むのも止めようぜ…)


7 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:18:39.74 ID:tzb9BsVRO
    チャラ男「やんのかオr
     
    ガッ!
     
    チャラ男「っ痛ぅ…!」
     
    男「ヤベ…当たっちった」
     
    シブタク「てめぇ!」
     
    男「おい逃げるぞ!」
     
    女「……」ズズズ…
     
    男「おま…たっく…!」
     
    ガシッ!
     
    男「お姫様抱っことか彼女にもしたことねーよ!」
     
    女「……」ズズズ…ズ…
     
    女「……切れた…」


10 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:21:36.82 ID:tzb9BsVRO
    男「ハァ……ハァ…」
     
    女「……」
     
    男「ハァ…まいたか…?」
     
    男「……ハァ…ハァ…おい」
     
    女「……」
     
    男「聞いてる…?」
     
    女「……私?」
     
    男「……一応」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 17:24:30.40 ID:aS59eT0WO
    一夏しか生きられないの?

13 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:25:05.40 ID:tzb9BsVRO
    女「何?」
     
    男「え…まぁ…なんというか…」
     
    男「DQN達から救ったというか…」
     
    女「どきゅん…?」
     
    男「あ、不良とか…そんな感じ」
     
    女「…へぇ、そんな情報は教えられなかった」
     
    男「……?」
     
    女「ねぇ」
     
    男「はい」
     
    女「切れた」
     
    男「はぁ、何が」
     
    女「ハチミツ」

14 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:29:27.89 ID:tzb9BsVRO
    〜スーパー〜
     
    女「……」チュゥ〜
     
    男「……甘くないの?」
     
    女「普通」チュゥ〜
     
    男「そう…ッスか…」
     
    男「なぁ、名前なんていうの?」
     
    女「知らない」チュゥ〜
     
    男「は?」
     
    女「皆が呼んでいる呼称ならある」チュゥ〜
     
    男「なんだそれ。まぁそれでいいよ」
     
    女「……」チュゥ〜、ズズ…
     
    女「……セミ女」


16 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:33:24.80 ID:tzb9BsVRO
    男「は?」
     
    女「セミ女」
     
    男「なんだよそれ」
     
    女「だから皆が私のことをそう呼ぶ」
     
    男「ウルサいってことか?」
     
    女「……?」
     
    男「いやほら、『蝉』ってミンミンうるさいだろ?」
     
    女「そうなんだ。聞いたことない」
     
    男「変なやつだな」
     
    女「あなた程じゃない」


18 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:37:20.62 ID:tzb9BsVRO
    女「時間だ」
     
    男「帰る時間?」
     
    女「そう」
     
    女「じゃ」
     
    男「待った」
     
    女「なに?」
     
    男「オレ、一応さっき助けてあげたろ?」
     
    女「そうなの?」
     
    男「多分」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 17:39:04.28 ID:gxA2+oIiO
    おいおい男おこがましいな


22 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:42:00.93 ID:tzb9BsVRO
    男「その上、オレは君にハチミツをおごりました」
     
    女「うん」
     
    男「そしたら普通『ありがとう』だろ?」
     
    女「『有り難う』?」
     
    男「そ、親に習わなかったのか?」
     
    女「使用方法までは習ってない」
     
    男「とにかく相手にありがたくされたら『ありがとう』」
     
    女「……」
     
    女「有り難う」


27 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:45:30.39 ID:tzb9BsVRO
    男「変な女だったなぁ。言動がおかしいし」
     
    男「ロボットか?」
     
    男「まさかな、SSじゃあるまいし」
     
    あるっはれったひ〜のk
     
    ピッ
     
    男「彼女からメールだ」
     
    男「『明日デート、集合10時に駅前』」
     
    男「オレの任意は無しか?」


30 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:48:39.18 ID:tzb9BsVRO
    〜次の日〜
     
    男「余裕で寝坊か、まぁいつも通りだな」
     
    女「……」チュゥ〜
     
    男「あ、またいる」
     
    男「よぅ」
     
    女「……」チュゥ〜
     
    男「挨拶くらいしようぜ、オッハー」
     
    女「『おっはー』ってなに?」
     
    男「え?まぁ『おはよう』の類似品?」
     
    女「へぇ…」チュゥ〜
     
    男(糖尿病にならないのかこいつ…)


34 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:52:14.23 ID:tzb9BsVRO
    男「こんなところにいるとまたナンパされるぞ?」
     
    女「難波?船になんか乗ってない」
     
    男「いやその『ナンパ』じゃねぇよ。いつの時代のボケだ」
     
    女「ああ、『軟派』ね。女性などを誘惑する行為」
     
    女「でもなんで私が?」
     
    男「え?いや、そりゃあ……可愛いから?」
     
    女「誰が?あなたが?」
     
    男「いや君が」
     
    女「へぇ」

37 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:54:02.98 ID:tzb9BsVRO
    男「あ、ヤベ!待ち合わせに30分遅れだ!」
     
    男「じゃあな、え〜っと……なんて呼べばいいんだ?」
     
    女「誰を?」
     
    男「おまえだよ、おまえ」
     
    女「なんでもいい」
     
    男「ん〜と、じゃあ『セミ』で」
     
    女「『セミ』……」
     
    男「女の子っぽくないけどまぁいいよな」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 17:54:17.59 ID:aS59eT0WO
    新ジャンルでスレタイが短いの久々に見た

40 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:55:31.14 ID:tzb9BsVRO
    男「じゃ」
     
    ガッ ドザァ!
     
    男「だぁふ!」
     
    男「おま…!いきなり掴むなよ!」
     
    セミ「…………暇」
     
    男「はい?」
     
    セミ「暇なの」
     
    男「だから?」
     
    セミ「どこか連れてって」

43 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:57:13.57 ID:tzb9BsVRO
    〜駅前〜
     
    男「……」
     
    セミ「……」チュゥ〜
     
    男(なにこの状況)
     
    男(オレこれから彼女とデートだぞ)
     
    男(別の女連れて待ち合わせって…)
     
    男(っつか、彼女の方が来るのおせぇ)
     
    彼女「遅れて、すいますいませんでしたすいまー」
     
    男(さて、どう説明するか)

46 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 17:59:55.83 ID:tzb9BsVRO
    彼女「あれ?誰その子?」
     
    男「え〜とだな…」
     
    彼女「妹さん?」
     
    男「あ、そうそu
     
    セミ「違う」
     
    男「……」
     
    男「すまん、なんか一緒に遊びたいらしいんだ」
     
    彼女「ふぅ〜ん、いいよ」
     
    彼女「人数は多い方が楽しいもんね」
     
    男(軽いな…)

49 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:01:36.09 ID:tzb9BsVRO
    彼女「私の名前は『彼女』、よろしくね、え〜と…」
     
    男「あ、セミだ」
     
    彼女「蝉?どこに?」
     
    男「違う、こいつの名前」
     
    彼女「あ、そうなんだ〜可愛い名前だね〜」
     
    セミ「可愛い?」
     
    男(可愛いか?)
     
    セミ「『セミ』という呼称は可愛い、覚えておく」
     
    男(こいつら色々と変だな)

50 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:04:29.88 ID:tzb9BsVRO
    彼女「ねぇどこ行く〜?」
     
    男「そうだな、なr
     
    彼女「セミちゃんはどこがいい?」
     
    男「……」
     
    セミ「どこでもいい」
     
    彼女「う〜ん…どうする男くん?」
     
    男「だから、あそk
     
    彼女「よし!喉乾いたし喫茶店に行こうか!」
     
    男「……」

55 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:07:53.33 ID:tzb9BsVRO
    〜某ミスド〜
     
    彼女「何にしよっかな〜?」
     
    彼女「セミちゃんは何がいい?」
     
    セミ「私、お金を持っていない」
     
    彼女「大丈夫、男くんのおごりだから」
     
    男「え…ちょ…」
     
    彼女「どういうの好き?」
     
    セミ「ハチミツ」
     
    彼女「え〜とじゃあ、ハニーディップに、ハニーチュロ…」
     
    男「そんなに…?」


59 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:10:33.45 ID:tzb9BsVRO
    彼女「ギザうま!」
     
    セミ「……」バリバリムシャムシャ
     
    男(……)チュゥ〜
     
    彼女「男くんコーヒーだけでいいの?」
     
    男「ああ(金ないからな)」
     
    セミ「……」バリバリムシャムシャ
     
    男「おいしいか?」
     
    セミ「美味」
     
    男「そうか」
     
    セミ「ハチミツが飲みたい」
     
    男「ねぇよ」

63 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:16:48.07 ID:tzb9BsVRO
    彼女「セミちゃんって何才なの?」
     
    セミ「60過ぎ」
     
    彼女「アハハ〜、セミちゃんって面白ーい」
     
    男(そういえばセミのことなんも知らないな)
     
    男「セミってどこに住んでんだ?」
     
    セミ「すぐ近く」
     
    男「場所は?」
     
    セミ「機密事項」
     
    彼女「wwwww」
     
    男「なんだよそれ」

65 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:19:15.91 ID:tzb9BsVRO
    男「学校通ってないのか?」
     
    セミ「通う必要がない」
     
    彼女「えー、いいなぁー」
     
    男「いやいやおかしいだろ」
     
    男「中3か高1、そこくらいだろ?」
     
    セミ「だから、私は学校に通う必要がない」
     
    男「なんでだよ、ありえないだろ」
     
    セミ「機密事項。教えられない、というより」
     
    セミ「知らない方がいい」
     
    男「はぁ?」
     
    セミ「それに私はもう此処を去る」

68 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:24:33.57 ID:tzb9BsVRO
    彼女「うそぉ!?この街から出てっちゃうの?」
     
    セミ「そう」
     
    男「いつ出てくんだ?」
     
    セミ「あと、6日」
     
    男「もうすぐじゃねぇか…」
     
    男「どこに行くんだ?」
     
    セミ「分からない」
     
    男「知らされてないのか?」
     
    セミ「いや、なんて定義したらいいか分からない。習っていない」
     
    男(意味が分からん…)

70 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:27:19.69 ID:tzb9BsVRO
    彼女「なんだ〜…せっかく友達になれたのにぃ…」グスッ
     
    男「な、泣くなよ…」
     
    セミ「ともだち?親しく交わっている人物のこと?」
     
    彼女「そうだよ。私達、もう友達でしょ?」
     
    セミ「そうなの?男」
     
    男「え、あ、多分」
     
    男(会ったばかりで友達ってのも…まぁいいか)
     
    セミ「ともだち……友達…」チュゥ〜、ゴポポポポ…

76 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:36:40.31 ID:tzb9BsVRO
    彼女「よし!決めた!」
     
    男「何を」
     
    彼女「これから6日間、セミちゃんとの思い出作りよ!」
     
    男「異議あり、学校はどうs
     
    彼女「セミちゃんはこれから6日間何かすることある?」
     
    セミ「とくに指示されてない」
     
    彼女「じゃあ決まり!まずどこ行こうか?」
     
    男「……」
     
    男(ま、いっか…)

78 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:41:41.30 ID:tzb9BsVRO
    彼女「まず映画を見にいきましょ」
     
    男「なに見んだ?」
     
    彼女「セミちゃんは?」
     
    セミ「とくに希望なし」
     
    彼女「はい、じゃあ『ベンジャミン・バトン─数奇な人生─』で」
     
    男「はいはい」
     
    男(あれ?セミは金持ってないってことは…)
     
    男(全部オレ持ちスか?)

81 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:45:53.89 ID:tzb9BsVRO
    彼女「さぁ行くわよー」
     
    男「たっく…」
     
    セミ「有り難う」
     
    男「あ?」
     
    セミ「円形型洋菓子を買ってくれた」
     
    セミ「人に有り難いことをされたら御礼を言う」
     
    セミ「あなたが言った」
     
    男「はぁ、どういたしまして」

86 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:52:50.96 ID:tzb9BsVRO
    〜映画館〜
     
    彼女「感動したね〜」
     
    男「確かに」
     
    セミ「……」
     
    男「セミはどうだった?」
     
    セミ「難しい、なんとも言えない」
     
    男「そうか」
     
    セミ「お金、有り難う」
     
    男「気にすんな」

88 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:55:23.25 ID:tzb9BsVRO
    〜夕方〜
     
    彼女「楽しかったねー」
     
    男「ああ、セミは?」
     
    セミ「分からない」
     
    男「あそ…」
     
    彼女「明日はどこ行くー?」
     
    男「えー…じゃあ…」
     
    彼女「遊園地ね」
     
    男(金はオレ持ち…か)
     
    彼女「男くん、セミちゃんが襲われないように送ってあげなよ」
     
    男「はぁ?」
     
    彼女「あ、男くんが襲っちゃダメよ」
     
    男「襲うか」

89 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 18:58:28.96 ID:tzb9BsVRO
    彼女「じゃあね〜」
     
    男「……」
     
    男(あいつオレの彼女だよな?)
     
    男(……あの天真爛漫な性格に惚れたのか…?)
     
    男(忘れた…)
     
    セミ「……」
     
    男「つか、家どこ?どこまで送ればいいんだ?」
     
    セミ「ここまででいい」
     
    男「大丈夫なのか?」
     
    セミ「大丈夫。襲われたりしても」
     
    男(何が大丈夫なんだ?)

91 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:01:29.47 ID:tzb9BsVRO
    〜???〜
     
    ?「おや、お帰り」
     
    セミ「……只今、帰りました」
     
    ?「今日は何かあったかい?」
     
    セミ「とくに」
     
    ?「そうか。なるべく楽しみなさい」
     
    ?「ここにいれるのも残りわずかなのだからね」
     
    セミ「はい」

92 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:03:56.45 ID:tzb9BsVRO
    〜次の日・遊園地前〜
     
    彼女「はい、ちょい遅れましたー」
     
    男「1時間は『ちょい』か?」
     
    セミ「……」チュゥ〜
     
    彼女「今日も楽しもーねー」
     
    セミ「……うん」
     
    男「……ん?」
     
    男(なんか違和感が……ま、いっか)

93 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:07:53.43 ID:tzb9BsVRO
    彼女「最初、何やる?」
     
    男(オレの意見は多分通らない)
     
    セミ「……あれ」
     
    男「?」
     
    セミ「…あれ乗りたい」
     
    彼女「コーヒーカップだぁ、懐かしー。じゃあ最初はあれで」
     
    男(なんだ……?)
     
    セミ「……」

96 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:13:25.61 ID:tzb9BsVRO
    彼女「おぇ…まわし過ぎた…」
     
    セミ「……ふふっ」
     
    男「……」
     
    彼女「次は何にしよっかなぁ」
     
    セミ「あれ」
     
    彼女「ジェットコースターじゃん。セミちゃん大丈夫?」
     
    セミ「可」
     
    男「あ、オレ、絶叫は無r
     
    彼女「よっしゃ行こ!」

97 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:15:13.90 ID:tzb9BsVRO
    〜ジェットコースター前〜
     
    彼女「ジェットコースターはテンションageageでいこうね」
     
    セミ「揚げ揚げ?」
     
    彼女「両手を上に上げて叫びながら乗ったりとか」
     
    セミ「分かった」
     
    男「……」
     
    男(なんか今日、少しテンション高くね?)

98 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:19:23.41 ID:tzb9BsVRO
    彼女「いよいよだよ」
     
    セミ「……手をあげて…ブツブツ…」
     
    男「「あばばばばばばばばばばばばば」」ガタガタッ
     
    ガコンッ
     
    彼女「緊張するねー」
     
    セミ「……叫んで…ブツブツ…」
     
    男「……」
     
    ガタガタガタガタガタガタ、ガコンッ
     
    彼女「落ちるよ!」
     
    セミ「…ッ、ミィイイィィイィイイィィイィイイィィイィイイィィイィイイィィイ!!」
     
    男「え!?」

100 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:25:03.28 ID:tzb9BsVRO
    セミ「ミィイイィィイィイイィィイィイイィィイィイイィィイィイイィィイ!!!」
     
    男「セミ!?」
     
    男(なんちゅう音量なんだよ!耳が…!)
     
    彼女「うっ…」
     
    男「彼女!…あっ…が…セ…セミ…」
     
    セミ「ミィイイィィイィイイィィイィイイィィイィイイィィイィイイィィイ!!!」
     
    ガコンッ
     
    セミ「ミィイイィィイ……」
     
    彼女「……うぐ…」
     
    男「ハァ……ハァ…ぐッ…」
     
    男(な…なんだったんだ…?)

101 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:27:42.94 ID:tzb9BsVRO
    男「彼女!大丈夫か!?」
     
    彼女「な、なんとか…」
     
    客1「おい今の音なんだよ…?」
     
    客2「耳が…」
     
    男「!…おい行くぞ、セミも!」
     
    セミ「……?」
     
    彼女「あ、待って」
     
    タッタッタッタッ

102 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:30:31.27 ID:tzb9BsVRO
    男「ハァ…ハァ…、おいセミ」
     
    セミ「何?」
     
    男「さっきのアレ、なんだ?」
     
    セミ「『アレ』って何?」
     
    男「さっきのお前の声だよ。尋常じゃないほどデカかったぞ?」
     
    セミ「そうなんだ」
     
    男「そうなんだ…って…」
     
    セミ「……?」

104 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:35:35.55 ID:tzb9BsVRO
    彼女「まぁ、とにかくこの話しは終わり!」
     
    彼女「せっかくなんだから遊びましょ?」グイッ
     
    男「ん…ああ、悪い…」
     
    男(こういう時の空気は読めるんだよな、コイツ…)
     
    男「セミは体調大丈夫か?」
     
    セミ「特に異常無し」

105 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:38:11.30 ID:tzb9BsVRO
    〜夕方〜
     
    彼女「ふぃ〜、今日も楽しかったねぇ?」
     
    セミ「うん」
     
    男「……?」
     
    男「セミ、楽しかったか?」
     
    セミ「うん、とても」
     
    男「なんかふいんき変わったな?」
     
    セミ「ふいんき?雰囲気じゃない?」
     
    男「あ、ああ、そうだった」
     
    セミ「……クスッ」
     
    男「……」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 19:40:51.09 ID:aS59eT0WO
    気になる

108 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:41:41.24 ID:tzb9BsVRO
    それから3日間、オレ達3人は学校をサボって遊んだ。
     
    セミの金は全部オレ持ちだったけどな。
     
    でも、セミと彼女で遊ぶ時間はとても楽しかった。
     
    気のせいかもしれないが、セミが最初よりオレ達に馴染んだ気がする。
     
    変な言動は相変わらずだけどな。
     
    セミはもう明日にはここを去ってしまう。
     
    なんだか…寂しいな…。

109 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:46:59.33 ID:tzb9BsVRO
    〜水曜日(セミが去る1日前)〜
     
    あるっはれったひ〜n
     
    ピッ
     
    男「あい」
     
    彼女『男くん?今大丈夫?』
     
    男「ああ大丈夫だよ」
     
    彼女『セミちゃん、明日だね』
     
    男「ああ、会ってから一週間で引っ越しだもんな…」
     
    彼女『早いよね…もっと一緒にいたかったな…』
     
    男「お前、今泣いてるだろ」
     
    彼女『うん…グスッ』

110 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:49:12.89 ID:tzb9BsVRO
    男「別に一生会えなくなるわけじゃねぇじゃねーか」
     
    彼女『う、うん』
     
    彼女『でもセミちゃん、どこに行くんだろうね?』
     
    男「さぁな、明日絶対聞き出してやろうぜ?」
     
    彼女『うん』
     
    彼女『そうだ、明日セミちゃんに何かプレゼントしない?』
     
    男「いいな。何にする?」
     
    彼女『ん〜とね〜…』

111 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:52:52.27 ID:tzb9BsVRO
    〜木曜日〜
     
    セミ「……」テクテクテク
     
    セミ「今日で最後か…」
     
    セミ「男……彼女……」
     
    セミ「私の…友達…」
     
    彼女「……」
     
    セミ「…あ、彼女」
     
    彼女「……」
     
    セミ「今日はどこ行くの?」
     
    彼女「……」
     
    セミ「…?ねぇ、彼j
     
    バシッ
     
    彼女「触らないで!」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 19:54:21.01 ID:6z4cZ2fCO
    おもしろくなりそうな予感……?

115 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 19:59:55.73 ID:tzb9BsVRO
    セミ「え?」
     
    彼女「触らないでよ…」
     
    セミ「彼女…?」
     
    彼女「もう私に近づかないで…」
     
    セミ「なんで?」
     
    彼女「……」
     
    彼女「あなたが嫌いだから」
     
    セミ「ふぅん、『友達』は嫌い合うものなの?」
     
    彼女「何勘違いしてるの?」
     
    彼女「あんたなんか友達じゃない」
     
    セミ「友達……じゃない…?」

116 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:01:29.23 ID:tzb9BsVRO
    彼女「もう男くんにも近づかないで」
     
    セミ「どうして?」
     
    彼女「男くんもあなたのことが嫌いだから」
     
    セミ「嫌いだと近づいちゃいけない?」
     
    彼女「そうよ」
     
    セミ「……分かった」
     
    ………
    ……
    …
    ‥
     
    セミ「……」
     
    セミ「友達……じゃない…」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 20:02:37.71 ID:BaZH2zmZO
    セミ…

118 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:04:03.70 ID:tzb9BsVRO
    〜男宅〜
     
    男「あ゙ぁぁぁ!寝坊したぁぁああああ!!」
     
    男「今何時だ!?11時!?」
     
    男「ヤバいヤバい!」
     
    男「早く着替えて…!」
     
    母「男ー!あなたにお客様よー!」
     
    男「ああ!彼女達迎えに来ちまったか…!」
     
    男「今行くー!」
     
    ガタガタガランガシャン
     
    男「寝坊した!マジ、すいますいませんでしたすいまー!」
     
    ?「かまわないよ」
     
    男「……誰?」

121 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:06:57.28 ID:tzb9BsVRO
    ?「私はこういう者だ」スッ
     
    男「あ…?生物学博士?」
     
    男「はぁ、何かようですか?急いでるんスけど…」
     
    博士「……『セミ女』のもとにかい?」
     
    男「…!…なんでそれを?」
     
    博士「……ふふふ」
     
    博士「私は『セミ女』の親だ」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 20:12:19.27 ID:7k0bmoxKO
    なんか惹き付けられる

124 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:12:22.78 ID:tzb9BsVRO
    男「セミの親?あんたがか?」
     
    博士「その通り。この6日間、君には世話になったようだね」
     
    男「はぁ、どうも」
     
    博士「すまないが君達は私の直属の調査員によって観察させてもらっていたんだ」
     
    男「別にいいッスけど、てかなんなんスか?」
     
    男「オレ急いでるんス!」
     
    博士「いや、君は急ぐ必要がない」
     
    男「は?」
     
    博士「君をこれ以上『セミ女』に近づかせるわけにはいかないんだ」

125 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:15:12.76 ID:tzb9BsVRO
    男「はぁ?なんで?」
     
    博士「セミ女がこの世に未練を残してしまうからだ」
     
    男「は?」
     
    博士「この6日間でセミ女は君達と仲良くなり過ぎた」
     
    博士「セミ女も知らず知らずに君達に愛着を持ってしまっているだろう」
     
    博士「つまり…」
     
    男「ちょちょちょ、ちょっと待った」
     
    男「何だよ『この世に未練を残す』って?」
     
    男「まるでセミが死ぬみたいじゃねーか」
     
    博士「え?」
     
    博士「その通りだよ?」

127 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:19:37.08 ID:tzb9BsVRO
    男「……は?」
     
    博士「あれ?セミ女から聞いてたんじゃないのかい?」
     
    博士「あの子はもう伝えたって言っていたけど…」
     
    男「何わけのわかんねぇことをさっきから…バカにしてんのか!」
     
    男「だいたいさっきからセミ女、セミ女って…あいつのどこが『セミ女』なんだよ!」
     
    博士「『セミ女』は俗称だけど…的を射た名前なんだけどな…」
     
    博士「彼女は一週間しか生きられないんだから」

128 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:23:18.25 ID:tzb9BsVRO
    男「……一週間?」
     
    博士「正式名称『ヒューマ・シケーダ』」
     
    博士「彼女は一週間しか地を踏めない生き物だ」
     
    男「嘘だろ…?」
     
    博士「1から説明しないといけないみたいだね」
     
    博士「『合計特殊出生率』というものを知っているかい?」
     
    男「知らん」
     
    博士「簡単に言えば、1人の女性が一生に生む子供の合計の平均数だよ」
     
    博士「日本は今これが問題になっているんだ」

131 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:29:48.36 ID:tzb9BsVRO
    博士「合計特殊出生率の値が2.08を下回った社会を少子化社会という」
     
    博士「日本は1974年で2.05となり少子化社会となった」
     
    博士「1989年には1.57、どんどん下がり2005年には1.25さ」
     
    男「よく分かんねぇけど大変ってことだな」
     
    博士「まぁそうだね」
     
    博士「近年では少子化対策でエンゼルプランなどが設けられて回復しつつあるけどそれでも足らない…」
     
    博士「そこで生み出されたのが、『ヒューマ・シケーダ』だ」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 20:31:30.37 ID:9D5E6GIQO
    タイトルだけで泣いた

133 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:34:08.54 ID:tzb9BsVRO
    博士「人間は成人するのに20年もかかる」
     
    博士「少子化の問題をかかえるこの社会で20年間は長すぎるんだよ」
     
    博士「そこで考えたんだ」
     
    博士「短期間で人間が成人を迎える方法を!」
     
    博士「そうすれば国民の成人比率が上がる!」
     
    博士「出生率を上げ成人比率も急激に上がる…」
     
    博士「これで世界は問題を一つ解決できるのさ」
     
    男「……それが…『セミ』だってのか…?」
     
    博士「……そうだ」ニッ

134 :ネムノート ◆EKBnf1A7Os :2009/03/30(月) 20:37:24.46 ID:tzb9BsVRO
    博士「ヒューマ・シケーダは幼少時を約2ヵ月、人口羊水カプセルで過ごす」
     
    博士「そして成人、まぁ見た目は中学生くらいなのだが生殖に問題はないからな」
     
    博士「圧倒的速さで成人の人間ができるんだ」
     
    男「『できる』って…」
     
    博士「その試作が彼女、『セミ女』だ」
     
    博士「だが、彼女には問題があった…」
     
    男「問題?」
     
    博士「彼女は細胞の老化スピードが人よりも早いんだ」

144 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 20:51:28.55 ID:tzb9BsVRO
    男「な…あいつは全然変わってねぇじゃねぇか!」
     
    博士「見た目に反した細胞レベルの老化現象だ」
     
    博士「今も有り得ない速さで細胞が死滅している」
     
    博士「あの見かけに反して細胞年齢は60過ぎくらいだろう…」
     
    博士「多分、今から約14時間後」
     
    博士「彼女は死ぬ」
     
    男「う……嘘だ…」

150 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 20:55:39.35 ID:tzb9BsVRO
    男「ふざけんな!そこをどけ!」
     
    博士「待て、どこに行く気だ」
     
    男「セミのもとに決まってるだろうが!」
     
    男「あいつに直接聞く…!」
     
    博士「聞いてどうする?何も変わりはしないぞ?」
     
    男「うるせぇよ!オレは信じねぇぞ!」
     
    博士「私が言っていることは真実だ!これ以上あの子に会って苦しむのは…」
     
    博士「あの子自身なんだぞ!!」
     
    男「なに…?」

151 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 20:58:50.34 ID:tzb9BsVRO
    博士「彼女は幼少時に人間界に置ける基本的な知識を教えた」
     
    博士「少しばかりずれてしまうこともあるだろうが」
     
    男(全然少しじゃねぇよ!)
     
    博士「実は彼女の問題点が発見されたのは幼少時の時なんだ」
     
    博士「そのためにその段階で彼女には『死』や『交友』に関しての知識を希薄にするしかなかった」
     
    博士「迫る『死』に恐怖を持たせないためだ」
     
    博士「それ自体は完璧だった」
     
    博士「しかし、成人となった1日目に新たな問題が発生したんだ」
     
    博士「君だよ、男くん」

152 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 21:03:13.24 ID:tzb9BsVRO
    男「オレ?」
     
    博士「君に会い、そして彼女という子に会い、あの子に『親愛』という感情が生まれてしまった…」
     
    博士「調査員をつけていたのに…」
     
    博士「まさか君が調査員をはねのけてセミ女を連れ出すなんてね…」
     
    男「はねのけて?連れ出す?」
     
    チャラ男「オレだよ」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/30(月) 21:07:57.31 ID:7k0bmoxKO
    まさかのチャラ男ww

155 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 21:08:20.53 ID:tzb9BsVRO
    男「あ!お前あの時の不良!」
     
    シブタク「オレもな」
     
    チャラ男「てめぇがいきなり『セミ女』を連れ出しやがるから計画が狂っちまっただろうが」
     
    男「だってあの時お前らがナンパを…」
     
    チャラ男「1人でウロチョロしやがったあいつをやっと見つけたとこだったんだよ!」
     
    男「な、なるほど…」
     
    男(だからあいつ何も言わなかったのか…)
     
    男(いや…あいつならホントに助けられてもムッツリしてそうだな…)

156 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 21:12:12.75 ID:tzb9BsVRO
    博士「とにかく君は彼女に近づいていけない」
     
    男「だからなんでだよ!」
     
    博士「最初に言っただろ!あの子がこの世に未練を残してしまうからだ!」
     
    博士「それがどれだけ残酷なことか…」
     
    博士「理解できないわけじゃないだろう!」
     
    博士「もう君の彼女には報告済みだ」
     
    博士「今頃、『セミ女』に別れを告げたところだろう」
     
    男「……っけんな…」
     
    博士「……?」
     
    男「ざぁけんな!」
     
    バキッ!

158 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 21:16:35.65 ID:tzb9BsVRO
    博士「くっ…」
     
    チャラ男「危っねぇなぁ…いきなり殴りかかりやがって」
     
    男「残酷なことしてんのはどっちだ!!」
     
    男「あいつはなんのために生まれてきたんだよ!!」
     
    男「あいつは話もできる!心もある!人間と変わんねぇんだよ!!」
     
    男「お前らの都合で勝手に生み出されて…」
     
    男「せっかく地を踏めたと思ったらすぐ死ぬなんて…」
     
    男「あいつは…セミは…」
     
    男「お前らのオモチャじゃねぇんだよ!!」

159 :ネムノート ◆02kTTKDxAI :2009/03/30(月) 21:21:17.29 ID:tzb9BsVRO
    男「どけぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
     
    チャラ男「行かせるかよ!」
     
    シブタク「オラ!ンダ!」
     
    バキッ!ズガッ!
     
    男「かっ…くっ…どけ…どけよ…」
     
    博士「なぜそこまで…」
     
    男「友達だから…」
     
    男「オレはあいつの友達だから…」
     
    男「理由なんかそれで十分だろうが!!」ヒュッ
     
    チャラ男「なっ…!」
     
    シブタク「速っ…」
     
    ガッ!
     
    チャラ・シブ「ぐぁあ!!」

後編へ続く


引用元
新ジャンル「セミ女」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1238400503/
 

SS宝庫最新記事50件