引用元
スライム「あかちゃんを ひろいました」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1238762288/

234 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:01:15.24 ID:jc52ce870

(教会の森 教会 秘密の部屋)


スラ「…あっ…あっ…」ぶるぶる

童女「…スラ?」

スライムは ないている

スラ「童女っ。見ちゃ…見ちゃだめ…」

童女「………!」

スライムは おびえている

童女は 目を見開いた!
童女の視力が うーんとあがった!
童女の聴力が うーんとあがった!

魔王「なに?女の子の勇者が生まれただと?」 【前編】【後編】
↑+↓
スライム「あかちゃんを ひろいました」【前編】【後編】
=↓
はぐれ勇者が あらわれた!【前編】【中編】【後編】



 

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:01:43.06 ID:7zgFNua5O
いや待て、童女と勇者、戦士、魔法使いのよんp

誰だよ、こんな夜中に…。

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:02:24.14 ID:qXlglbm3O
ダイの大冒険のニセ勇者(初期)で脳内再生される

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:02:56.22 ID:2YQ/tZuY0
>>237
俺もそれだわ・・・

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:03:18.13 ID:Yqu2o2XTO
こんな糞勇者は初めてだ


241 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:03:24.51 ID:jc52ce870
(教会の森 教会 庭)
勇者「おい。例の魔物、いねぇじゃねぇか」
戦士「ああ。いっくらひっくり返しても、誰も出てきやしねぇ。」
魔法「もしかして、どっかに隠れてんのかもな」
勇者「そういや、中に何かあったか?」
魔法「うんにゃ。大したモンはなかったぜ。あったのは山積みの本と、これぐらいだな」ボスン
勇者「何だこりゃぁ。ただのガラクタじゃねぇか。」
戦士「ああ。こんなゴミ、売っても何の足しにもなりゃしねぇ」
魔法「大方、しけたじいさんでも住んでたんじゃねぇか?
   …うさぎのしっぽに…ステテコパンツに…木のおしゃぶりぃ?」


242 :姫◆HIME..x4Fo sage :2009/04/04(土) 02:05:09.59 ID:QO3Xv/jfO
スライムに犯されたい

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:05:11.46 ID:uISB7Ry+0
戦士めー
エリミネーターになって散ったあの戦士の方がかっこよかったぜ

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:06:33.42 ID:D7NCYjmv0
もうやだ…このPT
でもRPGだとおれらがこれなんだよな・・・


247 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:07:07.79 ID:jc52ce870
魔法使いは 木のおしゃぶりを 天高く放り上げた!

賢者「お、おやめなさい…!それは神父殿の大事な遺品かもしれませ」
魔法「るせぇ!クソ賢者!メララ!」

ボッ!
木のおしゃぶりは 消し炭になってしまった!

勇者は わらっている
戦士は わらっている
魔法使いは 消し炭を足で踏み潰した!


249 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:09:17.37 ID:jc52ce870
勇者「おい。こうなりゃ、教会から焙り出すか…?」
戦士「いいねいいねー。派手にやろうぜ、パアッと!」
魔法「ひゃっはぁー!」
賢者「い、いけません…私はそんな事、断じて許しません!」わなわな

賢者は 魔法使いの前に立ちふさがった!

魔法「おいおいおいおい。また賢者がワガママ言ってるぜ、ゆうしゃぁ」

252 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:11:15.75 ID:jc52ce870
戦士「本当、うるせーやつだな、お前は!」
勇者「お前は俺様の言う事を、黙って聞いてりゃぁ良いんだよ!」

勇者は 賢者を突き飛ばした!
賢者は 木の幹に身体をぶつけた!
賢者は 目をまわしている

賢者「ううっ…」
魔法「へへっ。馬鹿なやつ。」

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:12:04.41 ID:skqywrq3O
ああ、賢者が…

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:12:53.93 ID:H2M26erf0
賢者どんだけひ弱なんだよ

257 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:13:26.87 ID:jc52ce870
(教会の森 教会 秘密の部屋)
童女は スライムをやさしくつつみこんだ

スラ「童、女?」
童女「………」

童女の こうげき!
童女は するどいツメをつかった!

スラ「ぴ?ぷきぃっ」ガクン

スライムは きぜつした!

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:13:43.39 ID:rOFwds2y0
もう賢者がイオナズン4連発とかでだまらせろよ

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:14:39.65 ID:t8/90FzeO
賢者ニフラムを今すぐに

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:15:00.38 ID:7zgFNua5O
童女らめえええええー!

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:15:06.86 ID:YdKLKpQYO
まさか一人でやるのか童女・・・

263 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:15:11.62 ID:jc52ce870
(教会の森 教会 庭)
童女が あらわれた

戦士「何だぁ?こんなところに…女の子…?」
魔法「はぁーい、おっじょうちゃーん♪迷子でしゅかー?」へらへら
童女「………」
勇者「ちっ。ガキかよ。へっ。色気もなんもねぇな」
戦士「俺はガキでも構わないで食っちまう男なんだぜ?」
魔法「俺も俺も。女ならなんでも良いさ。へへへっ」
童女「………」


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:15:12.51 ID:qXlglbm3O
やばい画面が滲んできた…

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:15:15.83 ID:H2M26erf0
するどいツメで気絶…
どうやったんだ?

268 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:17:29.51 ID:jc52ce870
戦士「お?何か持ってんぞ…よこせ!」
勇者「んー?………こりゃぁ、スライムか?」
魔法「かわいそうにー。
   スライムちゃん、死んじゃったんでしゅかー?
   もしかして、神父様に生き返らせて貰いに来たでしゅかー?」
戦士「俺達が燃やしてやろうか?はははははっ!」
童女「………」
勇者「賢者様ー。お優しい賢者様ー。出番ですよー。お前が埋めてやれっ!」ビュンッ
勇者は スライムを賢者に向かって投げた!

272 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:19:36.76 ID:jc52ce870
ぽてっ
スライムは 賢者の膝の上に落ちた!

賢者「うう………ん?」
賢者(…なんでしょう、これは………スライム、ですか?)
スラ「…ぷきゅぅ」
賢者(こっ、これは…あの時のスライム………ま、まさかっ)

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:19:37.52 ID:8BIF1g100
こんな勇者一行に世界救ってもらっても…

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:19:41.97 ID:kCA7aHoNO
こりゃ魔王も人間滅ぼしたくなるわ。

278 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:22:23.18 ID:jc52ce870
魔法「さーてと。ペットロスのお嬢ちゃん?
   今からお兄さん達がたっぷり慰めてあげましょうねぇ。
   こんな時間に一人で出歩くなんて悪い子にはお仕置きだ。うへへへっ」
戦士「スライムのことなんて、すぐ忘れさせてやるからな」

戦士は 童女の身体に手を伸ばした。
童女は 戦士の手を振り払った!

童女「…おうち こわしたな…」

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:22:42.24 ID:skqywrq3O
童女は毎日木の実ドーピングしてたから負けないはず…

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:23:23.89 ID:iMKCL5C+0
童女のステータスが気になるところ

282 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:25:06.11 ID:jc52ce870
魔法「はぁ?おうちぃ?」
勇者「???」
戦士「何いってんだぁ?このガキ」
魔法「イカれてんのか?」

童女は 鋭いツメを生やした!
童女は 太いしっぽを生やした!

童女「おうちこわしたな!スラなかせたなぁ!」

284 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:28:31.40 ID:jc52ce870
童女は 折れ曲がった角を生やした!

童女「だいじなおうち こわしたなぁ!!」

童女は 真っ黒なつばさを生やした!

童女「グアァッー!ガルルルルrrrr…」

童女の体が ふくれあがった!

魔法「な、なんだぁ?!」
勇者「まさか…こいつが例のばけもんか?」

何と 童女の姿が巨大な竜へと変わっていく!
童女は 巨大な邪竜へと姿を変えてしまった!

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:30:23.67 ID:7zgFNua5O
ドラゴンの子だったのか

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:31:11.51 ID:VUym9+zx0
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 フルボッコ!フルボッコ!
 ⊂彡

292 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:32:07.75 ID:jc52ce870
怒れる邪竜が あらわれた!

戦士「せ、先手必勝ぉぉお!!」

戦士の こうげき!
戦士は 空高く飛び上がり 斧を振り下ろした!
邪竜は するどいツメでうけとめた!
ミス! 邪竜にダメージをあたえられない!

戦士「俺の斧が…効かないなんて…」
勇者「ばっ、ばけもん、だ」
魔法「ひやあぁぁあ!」

293 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:33:51.80 ID:jc52ce870
邪竜は 太いしっぽをめちゃくちゃに振り回した!
勇者は さっと身をかわした!
戦士は さっと身をかわした!
魔法使いは 当たってしまった!

魔法「ふぐぅ…っ」

魔法使いは 木の幹に身体をぶつけてしまった!
魔法使いは 目をまわしている!

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:34:34.08 ID:qXlglbm3O
将来はマザードラゴン?

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:35:14.31 ID:skqywrq3O
きちんと身をかわす辺りがウザいな

299 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:35:55.77 ID:jc52ce870
戦士「こ、こりゃやべぇ………」

邪竜は 身の毛もよだつおたけびをあげた!
勇者は へいきだった!
戦士は たちすくんでしまった!
魔法使いは たちすくんでしまった!

勇者「戦士…魔法使い………に、逃げr」

邪竜の こうげき!
邪竜は 激しい風を巻き起こした!

勇者「うわぁーーーー!」

勇者は 遠くに吹き飛ばされてしまった!
勇者は 気を失った!

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:36:15.06 ID:mzh7s5DP0
勇者ざまぁwwwwwwwwwww

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:36:44.98 ID:MLyVu8XgO
賢者がどううごくか…

304 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:37:39.98 ID:jc52ce870
戦士は おどろき たちすくんでいる

邪竜の 引き裂くこうげき!
戦士に 355のダメージ!
戦士を 倒した!

魔法使いは おどろき たちすくんでいる
邪竜は 魔法使いを力いっぱい踏み潰した!
魔法使いに 999のダメージ!
魔法使いを 倒した!

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:38:43.72 ID:uISB7Ry+0
死wwんwwだww

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 02:39:16.31 ID:NiYYo7nEO
踏み潰したwww

312 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:40:51.20 ID:jc52ce870
賢者は じっとみをまもっている

賢者(あれは…ゴラドラムか?…いや…様子がおかしい…)

邪竜は おたけびをあげた!
邪竜は しっぽをめちゃくちゃに振り回し始めた!
辺りの木々が なぎ倒される!

賢者(いけない!このままじゃ、勇者殿が!)

賢者は スライムをそっと岩の陰に隠した

賢者「(神よ。私に力を…)」

賢者は ゴラドラムをとなえた!

321 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:44:02.07 ID:jc52ce870
賢者が あらわれた!

邪竜「グギャアァァァアア!」

邪竜は 大きな翼で打ち付けてきた!
賢者は さっと身をかわした!

邪竜は おたけびをあげた!
賢者は へいきだった!

邪竜は しっぽを振り回した!
賢者は さっと身をかわした!

賢者(攻撃の仕方がまるでデタラメだ…この者、もしや竜になりたてか?)

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:45:02.29 ID:y4dWRX2c0
それに ボコボコにされる ゆうしゃたちって なんなの

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:45:23.13 ID:rl6Nbn9Z0
どうでもいいんだけど、さっきから呪文ニアミスしすぎじゃないか?w

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:46:52.19 ID:kCA7aHoNO
>>325
ドラクエ……「っぽい」世界だからおk

329 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:46:24.95 ID:jc52ce870
邪竜は おたけびをあげた!
賢者は へいきだった!

邪竜は 体当たりをしてきた!
賢者は 受け止めた!

邪竜「ガアアァッ?!」

賢者(…やはり…竜としては、弱い…)

336 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:48:27.93 ID:jc52ce870
スラ(うーんうーん)
スラ(うーんうーん)
スラ(どこかで、童女が泣いてる…)
スラ(ああ。赤ちゃんの時とおんなじ声だ)
スラ(大丈夫。こわくないよ。ボクがいるよ)
スラ(童女。一緒におうちへ帰ろう)

スライムは めをさました!


339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:49:10.06 ID:qXlglbm3O
スラ…(´;ω;`)

342 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:50:58.59 ID:jc52ce870
ズズーン ドズーン シュババババッ

スラ「わっ!りゅ、竜?!しかも2匹もいるよ?」
スラ「か、隠れなきゃ…かくれなきゃっ!でも、何処に…?」

スライムは 草むらに身を潜めた。

スラ(黒い方の竜…あの翼と、ツノ…)
スラ(あれは…きっと童女だ…でも、どうしよう)

スライムは まごまごしている

343 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:52:45.70 ID:jc52ce870
賢者(殺したくはない………気絶させれば、きっと元に戻る)

賢者は 勢い良く突進した!
邪竜は 倒れてしまった!

邪竜「グ、グギャア?!」

賢者は 邪竜の首にかぶりついた!

賢者(…落ちろ!)
邪竜「ゴゴォ… ガアァァッ… ガガッ………グル…」

邪竜は きぜつした!
邪竜は 童女の姿に戻った!

スラ(あ!やっぱり童女っ…!!)

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:53:26.69 ID:rOFwds2y0
あ、意外とあっさり戻った

347 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:54:37.70 ID:jc52ce870
賢者は 元の姿に戻った!

賢者(やはり…、元に戻ったか…)
賢者(しかし…何者でしょうか?この子は…)
賢者(ひとまず、勇者を連れて街に戻りましょう)

賢者は 勇者を抱えて立ち上がった!
賢者は ルルーラを となえた!

スラ(タイヘンだ!童女を、助けなきゃ!)

スライムは 童女を引きずって教会に戻った!

352 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:56:19.28 ID:jc52ce870
(教会の森 教会の中 深夜)
スラ「童女…童女ぉ」ぺろぺろ
童女「………………」
スラ「童女ぉ…」ぺろぺろ
童女「………………」
スラ(ぺろぺろ ぺろぺろ)
童女「…ん………ぅぁ…?」
スラ「童女!!よかった!気がついた?」

童女は めをさました!

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 02:58:15.83 ID:rl6Nbn9Z0
ぺろぺろって何処舐めてんだ、おじさんにもやらせなさい。

358 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 02:59:57.89 ID:jc52ce870
童女「スラ…さむい………」ぶるる
スラ「そうだよね。裸ん坊じゃ、さむいよね」
   あ!ちょっと待ってて!」がさごそ がさごそ

スライムは ただのぬのきれを渡した!

スラ「あった!童女が小さい時のおふとん!これでさむくないでしょ?」
童女「うん。さむくない」
スラ「今日は一緒に寝ようね」
童女「えへへ…」

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:01:21.52 ID:WPlk7MFG0
スライムってやっぱひんやりなのかな

361 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:03:18.04 ID:jc52ce870
(何処かの街 宿屋の一室 深夜)
勇者は ねむっている。

賢者(勇者殿。幼少の頃から、長らくお世話になりました)
勇者「「zzz………」
賢者(あの日、生涯お仕えすると誓ったのに…)
勇者「…………zzz…」
賢者(どうかお許しください。貴方の暴走を止める事が出来ない、私の未熟さ)
勇者「……zzz……」
賢者(そして、貴方を一人にしてしまう事を…)

賢者は 部屋からそっと出ていった

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:05:02.39 ID:t2+pbfZv0
戦士と魔は生き返らせられない程アレだったのかな

364 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:05:17.60 ID:jc52ce870
(教会の森 教会の中 夜明け前)
賢者が あらわれた

スラ「!!」
童女「!!」
賢者「あっ。待って!怖がらないでください!」
童女「う、ううっ…!」
賢者「違うよ。ごめんよ。違うんだよ」
スラ「あれ…いいにおいがするよ?」

賢者は きぬのローブを 差し出した!
賢者は あったか毛布を 差し出した!
賢者は ほかほかシチューを 差し出した!

賢者「私のお古のワンピースですが…どうぞ。あ、今暖炉に火をつけますね」

童女たちは おなかいっぱいになった!

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:05:53.03 ID:kCA7aHoNO
こんな勇者と幼少のころからって……。

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:06:52.83 ID:e4V9I6K8O
やっぱり、賢者は女の子だったんだ

374 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:07:42.23 ID:jc52ce870
童女は ねむっている

(かくかく しかじか)
賢者「なるほど。そういうワケで、あの日童女は魔物に変化したのですね?」
スラ「そうだよぉ。その悪いおじさんのせいだよ!
   だってボクたち、悪い魔物じゃないよ?人を襲ったりしないもん」
賢者「うんうん」
童女「すーすー」
賢者「それにしても…君はずいぶん言葉が上手なスライムですね?」
スラ「ここの神父さんに教えてもらったんだよ!
   ボクは昔、群れからはぐれたんだけど、
   その後、ここの神父さん家に一緒に住んでたの」
賢者「ああ、そうだったのですか」

383 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:10:10.00 ID:jc52ce870
スラ「あのね!あのね!童女、良い魔物だよ!
   すっごく良い子だよ?頭だっていいんだ。
   ねぇ、賢者もそう思うでしょ?」ぴょんぴょん
賢者「そうですねぇ…少なくても私には悪い魔物には見えませんねぇ」
スラ「だってだって!ボクがそだてたんだもん!」えっへん
賢者「スラは、えらいですねぇ」なでなで
スラ「えへへ」

スライムは よろこんでいる


386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:10:43.13 ID:SEny1KbGO
勇者は興味無くなるまで賢者を汚したのか?
ぬうぅん!許せん!

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:11:29.66 ID:8BIF1g100
勇者たちが興味ないということは貧乳なのか

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:11:51.46 ID:uISB7Ry+0
幼馴染だから何かそういうのなかったとか


389 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:12:01.61 ID:jc52ce870
賢者「でも、スラ。聞いてください。
   残念だけど、君達はこの教会からは離れなきゃいけない」
スラ「えっ?どうして?」
賢者「………」
スラ「ボクはね…童女とここでずっと一緒にいたいだけなの」
賢者「………」
スラ「もう街に行ったりしないし、『人』にも迷惑かけないよ?」
賢者「………」
スラ「ダメかな?ボクたち、ここにいちゃいけない?」

392 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:13:35.76 ID:jc52ce870
賢者「童女が倒した勇者…彼はとても気性の激しい人です。
   体力を回復させたら、きっとすぐこの教会へやってきます。
   今度は万全の体制を整えて、童女を殺しに来るでしょう」
スラ「そんなの!そんなの絶対だめだよ!」
賢者「出来れば私も、何としても避けたいんです。
   しかし、勇者だけではありません。
   この教会に魔物が住んでいると知られたら、街の人達もいずれはやってくるでしょう」
スラ「…………!」
賢者「童女がこの先、また『人』に襲われたら…?」
スラ「うん…うん…童女、また竜になっちゃう…」
賢者「だからスラ。いずれにしても君達はここにいられないんです」
スラ「どうしよう、どうしよう」

スライムは おろおろしている

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:16:00.05 ID:uISB7Ry+0
気づいたら俺も賢者になってた

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:16:55.44 ID:YRw5QJNa0
ふぅ・・・

401 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:17:44.42 ID:jc52ce870
賢者「私達『人』にとって、魔物は今もキケンな存在です」
スラ「………」
賢者「とはいえ、今回の件は、私の早合点でした。本当に申し訳ありません」
スラ「…しかたないよぉ…ボクだって、あの童女の姿、ちょっと怖かったもん」
賢者「君達の様に悪くない魔物はとても少ない。
今も魔物は『人』を襲い、『人』は追われる側ですから…」
スラ「…………」
賢者「でも一つだけ、君達が生き残れる方法があります」
スラ「ぷきっ?」
賢者「ここを去って、新しいおうちを見つける事です」
スラ「去る…」

406 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:19:59.66 ID:jc52ce870
賢者「そして、提案があります」
スラ「?」
賢者「今回のお詫びになるとは到底思えませんが、
   私が、おうち探しをお手伝いするのはいかがでしょう?」
スラ「えっ!」
賢者「私は元僧侶なんで、困った者を放っておけないんです」にこっ
賢者「それにこう見えても私、結構強いんですよ?」
スラ「うん。それは知ってるよぉ。でも、おうちが…」

408 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:21:25.62 ID:jc52ce870
童女「おうちぃ…」zzz
スラ「童女っ?!」
童女「…おうち………むにゃ………」
賢者「おうち…とても大切な物なんですね」
スラ「童女ぉ…」じーん
賢者「あぁ…間もなく夜が明けてしまいますね…」
スラ「!!」
賢者「スラ。たとえ君が童女と二人で逃げるとしても、
   彼女のこの疲労具合では、あまり遠くはへ飛んで行けないかと…」

410 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:22:51.32 ID:jc52ce870
スラ「………賢者」

スライムの 顔色が変わった!
スライムは ぴょんと飛び上がった!

スラ「おねがい。童女を殺させないで。ボク、童女すっごく大事なの」
賢者「わかりましたよ、スラ。童女」なでなで
童女「むにゃっ………?」
賢者「では、ちょっと準備をしてきます。
   すぐ戻りますから、待っててくださいね」

賢者は 立ち上がった!
賢者は 街へと戻った!

412 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:24:10.41 ID:jc52ce870
(何処かの街 ルイダーの店 朝)
ルイ「ここはルイダーの店。仲間をもとめてあつまる出会いとわかれの酒場よ。何をお望み?」
賢者「私を…勇者殿のパーティからはずして頂きたいのです」
ルイ「本当にいいの?一度抜けたパーティには、自分からは戻れないわよ?
   勇者のパーティに入れるなんてチャンス、なかなかないわよ?」
賢者「えぇ、構いません」
ルイ「ふぅん。判ったわ。じゃぁ、これとこれに書いてちょうだい」
賢者「はい」

415 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:26:11.53 ID:jc52ce870
ルイ「ここ。あとここ。それと、ここにも」
賢者「はい」
ルイ「…これでいいわ。今、登録解除申請してくるわね。」
賢者「ありがとうございます」

賢者は 勇者のパーティからはずれた!

賢者「ルイダーさん。朝早くからお手数をおかけしました」
ルイ「…あの坊や、かなりの乱暴者ですものねぇ。
   前にもそれで辞めってた仲間が何人もいたし、
   大方あんたも、散々泣かされた口でしょ?」
賢者「…ご想像にお任せ致します」

420 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:27:12.71 ID:jc52ce870
勇者「おい、ルイダー!賢者は来てるか?!」バンッ
ルイ「あらぁ…タイミングがいいのやら悪いのやら…」
賢者「…勇者、殿…」
勇者「てめぇ!俺様を置いてどこ消えてやがった!」
賢者「………………」
勇者「てめぇがいねぇから、俺が宿屋代払わされたじゃねぇか!
   何で勇者の俺様が、身銭切らなきゃいけねぇんだよ!」バンッ!
ルイ「ちょっと!痴話喧嘩なら、外でやってちょうだ…」
勇者「るせぇ!黙ってろビッチ!」ドガッ!
ルイ「きゃっ!」

ルイダーは にげだした!

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:27:57.89 ID:+Gy7Yzg30
勇者を殺したい

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:28:55.89 ID:kCA7aHoNO
なんかもうDQN中学生と母親みたいだな、勇者と賢者。

424 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:29:00.75 ID:jc52ce870
勇者「ったく、てめぇは小さい時からそうだ。俺様の言う事なんか全然聞きゃしねぇ」
賢者「………………」
勇者「『勇者は無益な殺生をしてはなりません』とか
   『勇者なのですから、規律を守らなければなりません』とか
   いちいちいちいち小うるさく、俺様に指図しやがって!」
賢者「………………」
勇者「大体、ずっとボッチだったお前を、
   誰が幼なじみのよしみでパーティに入れてやって、
   立派な賢者にしてやったと思ってんだ?あぁ?」


428 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:31:06.39 ID:jc52ce870
賢者「………………」
勇者「何とか言えぇ!」ドカガンッ
賢者「…………っつ…」

勇者の こうげき!
賢者に 35のダメージ!

勇者「もういい!お前なんかやめだやめだ!
   ウザイから、てめぇは今日限りパーティからはずす!」
賢者「………………」

勇者は PTリストをひらいた!

勇者「…おい………何でお前、パーティリストに入ってないんだ?」
賢者「先ほど、すでにやめさせていただきました」
勇者「はぁっ?!」


429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:31:34.26 ID:skqywrq3O
幼馴染みか

あれか、好きな子に意地悪しちゃう心理…
いや、ないな

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:32:57.72 ID:uISB7Ry+0
つーか戦士と魔法使い死んだんだなww


433 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:33:40.30 ID:jc52ce870
賢者「勇者殿。大変長らくお世話になりました。
   幼少の頃から貴方にお仕え出来て、私は幸せ者"でした"。
   貴方が私をどう思ってらしたのか…最後に判って良かったです」パンパン

賢者は 服の汚れを払った
賢者は 外に出た!

賢者「貴方の言う事を全部聞いてくれる、小うるさくない僧侶を探してください。では」
勇者「おいっ!ちょ、まてよ」
賢者「ルルーラ!」

賢者は 街から飛び去った!


438 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:35:49.57 ID:jc52ce870
勇者「おい…俺一人になっちまったじゃねえか…
   魔法使いと戦士は、あの化け物にブッ殺されたし…
   ふざけんな………ふざけるんじゃねぇぞ、ksg!
   俺は"勇者"様だぞ?俺を…俺様を置いていくなぁああぁあー!」

勇者は はなしかけた
その方向にはだれもいない

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:36:31.62 ID:WPlk7MFG0
無様な勇者だ

446 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:38:02.77 ID:jc52ce870
(教会の森 教会の中 朝)
童女「………ん………おはよう…スラ」
スラ「童女?!おはよう」ぴょんぴょん
童女「さむぅーい…」ぶるぶる
スラ「火、消えちゃったもんね。早く賢者戻ってこないかなー?」

しゅんっ

賢者「ただいま戻りました…」

449 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:39:25.41 ID:jc52ce870
スラ「おかえりー。って、そのほっぺ、どうしたの?」
賢者「殴られました。ははは」
スラ「え、何に?」
賢者「勇者にです。
   でも、もう大丈夫。彼とはお別れしてきました」
童女「お別れ…仲間、やめたの?」
賢者「えぇ、そうです。とてもとても残念ですけどね」

451 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:41:09.64 ID:jc52ce870
スラ「大丈夫?ちょっと待ってて」がさごそ

スライムは 薬草を差し出した!

スラ「はい、どうぞ」
賢者「あ、すみません…っててててて…」
童女「いたい?」とことこ
賢者「いやぁ。大したキズじゃありませんよ」
童女「ほっぺじゃないよ、ここ」

童女は 賢者の大きな胸に手をあてた

童女「こころ。いたい?」
賢者「……………」

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:41:53.55 ID:YRw5QJNa0
賢者はきょぬう

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:42:17.60 ID:skqywrq3O
そうかきょぬーか

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:42:27.71 ID:sz6Gz+M1O
大きな胸・・・!

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:42:32.31 ID:5AGd2UQHO
巨乳ktkr

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:42:37.01 ID:kCA7aHoNO
終盤にきて次々と明かされていく賢者のスペック。


458 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:42:58.18 ID:jc52ce870
賢者「ありがとう。痛く…ありません。
   童女…貴方はとてもとても優しい子ですね」
スラ「あったりまえだよ!だってボクが育てたんだもん!」えっへん
賢者「貴方達より、私達『人』の方が…優しくないのかもしれません…」
童女「賢者はやさしーよ?
   童女『人』きらいだけど、賢者はすきー♪』」ぎゅう
スラ「賢者は良い『人』だよ。だって神父様と同じ感じがするもん!」ぽよよん
賢者「ありがとう…」

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:43:51.34 ID:5iFhA6iYO
パイタッチなんて考えてません

462 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:44:17.78 ID:jc52ce870
賢者「改めて、申し上げます。
   童女。スラ。私を『仲間』にしてくださいませんか?」
スラ「うん!もちろんだよ!ねぇ、童女?」
童女「…なか、ま………仲間!お友達っ?!」
賢者「ええ。そうです。お友達ですよ」
童女「えへへ、えへへ。お友達」くにくに
賢者「ふふふ。しっぽがくすぐったいですw」

464 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:46:18.60 ID:jc52ce870
(教会の森 教会の中 昼前)
童女「スラ!できたよ!」
スラ「ちゃんと準備できた?」
賢者「お二人とも、忘れ物はありませんか?」
童女「うん!みんな持った!」

童女は ふくろをせおった!

賢者「…ゴラドラム!」
賢者は 巨大な竜に姿をかえた!

467 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:47:22.40 ID:jc52ce870
賢者「それでは、新しいおうちを探す旅へ…」
スラ「行こう!」
童女「うん!」

三人は 教会から飛び立った!

童女「おうちバイバイ」

472 :◆LIvweD/yxQ おしまい :2009/04/04(土) 03:48:30.14 ID:jc52ce870
一人ぼっちになった勇者は、この後どうなるのか。
童女は一体、何者なのか。
新しいおうちは、見つかるのか。

けれどもこれは別の物語、いつかまた、別のときに話すことにしよう


オワリ


おつかれさまでした リセットボタンを押しながら 電源をお切りください
−−−−−−−−−ぼうけん オワリ−−−−−−−−−



474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:49:17.59 ID:RK7CnZ0pP
乙!ハッピーエンドでよかった

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 03:49:24.29 ID:FZ2lCr6X0
乙ボタンも押させてもらう


492 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:51:06.31 ID:jc52ce870
最後まで読んでくれてありがとう
前のを覚えていてくれた人達も、どうもありがとう
やっと投下終わった

まだ起きているので、質問とかあったら聞きたいです。


493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:51:06.35 ID:ZsM9HJbKO

面白かった!次回作も期待してる


499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:52:36.15 ID:OLEmKj9FO
このSSの続きを書くときのタイトル教えてくれませぬか?

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:52:43.35 ID:4z/VJMW0O
>>492
童女は大人にならないのかね?

506 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:54:35.46 ID:jc52ce870
>>499

たぶん、たぶんですが、またドラクエっぽいタイトルにします。
「はぐれ勇者があらわれた!」とかかも。

>>500

童女の次は…少女があるジャマイカ!wwww


501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:52:52.04 ID:NmvzqNjkO
( ‐‐ω)ZZzz....乙


502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:53:24.71 ID:pW71y+f40
賢者は戦士たちにまわされなかったのか?


503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:53:38.62 ID:aWrjs6vP0
>>492
どうしてドラクエの世界観をそのまま使わずに
魔法の名前をぼかしたりしたのか教えてほしい。


512 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 03:57:15.28 ID:jc52ce870
>>502
勇者の幼なじみなんで、手が出しづらかったからかと想像。
いちおうパーティメンバーなので…

>>503
呪文の効果とかちょっと違ったり…ごにょごにょ。
たとえば、ルルーラは一度行った場所に戻れたりするご都合主義呪文になってるので…
ゴラドラムも、ドラゴラム大好きっ子なので、かなり強い上級呪文設定です
(脳内設定)


504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:54:03.40 ID:0qAy+DYy0
次回「竜みたいな化け物に踏み潰されて目が覚めたらがいこつ剣士な件」にご期待ください

嘘です

これからもがんばってください


505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:54:28.53 ID:+yfAML6RO
乙!!

何故かはわからないけれど、>>1にありがとうと言いたくなった。


511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 03:57:04.94 ID:5AGd2UQHO
一乙

魔王がいる世界なのか、勇者一行の目的は魔王討伐でいいの?

勇者の糞っぷりがリアルでかなり生々しかったんだけどモデルでもいるの?


514 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 04:00:39.27 ID:jc52ce870
>>511
想像して書くのは色々難しい部分が多かったので、思い切りDQN男性っぽくしました。
いたとしても、言えるわけないじゃないですか!


513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 04:00:10.16 ID:YRw5QJNa0
今現在は、の設定でおkなんだけど
童女の変身姿を"邪"竜としたのは魔物側だから便宜上ってことかな
それともきちんとした童女の設定が既に>>1の中で出来上がってるのかな
邪って付くと良いイメージしないからなんとなく

518 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 04:04:52.37 ID:jc52ce870
>>513
良い変化じゃないってふいんきを出したかったのです。
禍々しい竜な感じを想像して頂ければと思いました。
賢者の変化した竜とは全然違うカタチをしてるイメージがあります。


519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 04:05:50.41 ID:aWrjs6vP0
もしかして道具屋のおっちゃんは眠った振りをして
スライムの窃盗を見逃してる設定とかあった?

店から商品が盗まれたら、正直警戒して何度も取れる状況じゃなくなると思うんだが…

521 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 04:09:09.64 ID:jc52ce870
>>519
あのおじさんは、とりあえずのんべえさんです。
めんどいので放置してたのかもしれませんし、本当に眠ったふりしてた優しいおじさんかもしれませんし。
最初の設定は見過ごしパターンでしたが、ベタすぎるのでやめてしまいました。
あのスライムは足が速いので、たぶん捕まらないです。
(壁もよじ登れる)

あまり治安の良い街ではないのと、
盗まれるのは長期間サイクル+高級品ではないので、お店の人は気にしてないと思います。


520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage :2009/04/04(土) 04:08:51.28 ID:rWaEF7J3O
それは俺も気になった
神父様の生きてた頃の知り合いでスラの事知ってたとか?

524 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 04:11:57.29 ID:jc52ce870
>>520
それは思いつきませんでした。素敵な設定ですね。
そうしよう、そうしよう、それがいいwwww
そういう発想が出来る頭に私はなりたい。


531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2009/04/04(土) 04:30:18.68 ID:QP3CC8eB0
>>1は おつ をてにいれた!


534 :◆LIvweD/yxQ  :2009/04/04(土) 04:38:52.00 ID:jc52ce870
こんな長い物を最後まで読んでくれた人ありがとう

眠気が限界なので、この辺で。
ああ。
今回も、楽しかった

では また いつか

1は 「スレのおもいで」 をてにいれた!


 

最新記事50件