引用元
ルル「デスノート?」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1225280794/


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 20:46:34.66 ID:ovD/W/Xx0
ルル「デスノート?

ルル「・・・」

ルル「ナナリーがいなくて寂しいからC.C.の部屋を漁っていたんだが」

ルル「変なものを見つけしまった」

ルル「あいつがアニメや漫画にはまっているのは知ってたが・・・」

ルル「まさか自分でこんなものまで作っているとは・・・」

ルル「何百年も生きているくせに発想がまるで小学生だな」



 
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 20:51:08.32 ID:ovD/W/Xx0
ルル「・・・しかし」

ルル「仮にこのノートが本物だとしたら・・・?」

ルル「・・・」

ルル「いやいやありえん」

ルル「・・・」

ルル「だが、ギアスのような能力が存在しているのだから、こんなノートがあっても・・・」

ルル「・・・」

ルル「このノートには1度は試してみたくなる魔力がある」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 20:53:45.60 ID:ovD/W/Xx0
ルル「・・・とりあえず中を見てみるか」

ルル「・・・」

ルル「・・・っ!!!」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 20:55:23.10 ID:ovD/W/Xx0
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

ルルーシュ・ランペルージ

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

  ・
  ・
  ・

ルル「3ページ分全部・・・だと・・・」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 20:57:00.31 ID:ovD/W/Xx0
ルル「しっ、しか、しかし、こっこうやっておっ俺が生きているということはやはりこのノートは偽物か・・・」

ルル「だが」

ルル「そんなことよりC.C.が俺のことをこんなにも死んでほしいと思っているということがショックだ」

ルル「・・・」

ルル「・・・泣いてしまいそうだ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 20:58:36.82 ID:ovD/W/Xx0
ルル「・・・グスングスン」

ルル「・・・」

ルル「・・・ん?」

ルル「ノートに続きがある・・・」

ルル「だが、正直続きを見るのが怖い・・・」

ルル「自殺してしまうかもしれん」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:00:13.51 ID:ovD/W/Xx0
ルル「だが、これは間違っている!嘘だ!」

ルル「次のページには『ルルーシュ死なないで(はぁと』とか書いてあるに決まっている!」

ルル「・・・ページを捲るぞ・・・ゴクリ」

ルル「・・・」

ルル「・・・いよっ!」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:02:07.15 ID:ovD/W/Xx0
06/29(日)
ルルーシュがうにゅー買ってきてくれた
うにゅーおいしい


ルル「・・・これは?」

ルル「日記?」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:03:43.91 ID:ovD/W/Xx0
06/30(月)
スーファミが壊れた
ルルーシュがDS貸してくれた
どうぶつやばい


ルル「あいつ日記なんかつけていたのか」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:05:21.27 ID:ovD/W/Xx0
07/09(水)
メル友ができた!
雛苺!
やっぱりメールは楽しい!
でもたまにはルルーシュにもメールしてやらないと


ルル「アーニャを紹介したときか」

ルル「しかし、他人の日記を読むの・・・面白!」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:06:58.58 ID:ovD/W/Xx0
ルル「しかもあのC.C.の日記だしな」

ルル「あいつの知られたくない秘密を握ったと思うと・・・」

ルル「フフッ・・・」

ルル「なんだなんだこの感情は」

ルル「・・・」

ルル「そんなことより続きだ」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:08:40.87 ID:ovD/W/Xx0
07/10(木)
ケータイが壊れた

07/12(土)
ルルーシュが新しいケータイ買ってくれた
ありがと


ルル「・・・ふふん・・・///」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:10:35.50 ID:ovD/W/Xx0
C.C,「気に入ってるようだな」

ルル「うわあああああああああああああああああああああ」

C.C.「なぜそんなに驚く。そのノートの持ち主、魔女のC.C.だ」

C.C.「さっきの様子だと、もうそれが只のノートじゃないってわかってるのだろう」

ルル「あwせdrftgyふじこッ!!!!キュイーン」

ルル「驚いてないぞ、C.C.」

ルル「いや、待っていたぞ、C.C.」

C.C.「思いっきり驚いてるじゃないか」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:12:12.34 ID:ovD/W/Xx0
ルル「俺はは既に“C.C.の日記”を本物だと疑ってなかったが」

ルル「こうしていろんな事を直視する事でますます確信を持って行動できる」

C.C.「なるほどな。お前には驚かされる。役を演じきるつもりか」

C.C.「並じゃびびってここまでできない」

ルル「覚悟はできてるよ、C.C.」

ルル「俺はC.C.の日記たと分かっていて読んだ」

ルル「そしてC.C.が来た、俺はどうなる、魂を取られるのか?」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:13:57.92 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「なんだそれは。人間の作った勝手なイメージか?」

ルル「(かかった!)」

ルル「(計画通りッ!条件は全てクリアされた!)」

ルル「(次にこいつは・・・」

C.C.「私はお前に何もしない」

ルル「・・・ニヤ」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:15:49.95 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「・・・なんて言うとでも思ったか?」

ルル「!」

C.C.「くだらない茶番を続けるから付き合ってはみたが」

C.C.「そういう狙いだったのか」

ルル「くっ・・・」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:17:57.96 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「まったくお前は本当に姑息で汚いやつだよ」

C.C.「そうやって人を騙すことしか考えていない」

C.C.「なぜ素直に謝るという選択ができないんだ」

ルル「・・・」

C.C.「・・・」

ルル「・・・すまん」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:19:45.13 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「わかったならプリンセスピザ(¥9800)でも買ってきて私に詫びろ」

ルル「・・・」

C.C.「おい、早くしろ」

ルル「・・・勝手に日記を見たことを誤魔化そうとしたことは謝る。だがな・・・」

C.C.「ん?」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:21:26.31 ID:ovD/W/Xx0
ルル「あれは酷いんじゃないか?」

C.C.「あれ?」

ルル「ノートにびっしりと俺の名前なんか書いて・・・」

ルル「泣いてしますところだった・・・」

C.C.「あー」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:23:24.98 ID:ovD/W/Xx0
ルル「デスノートかもしれないと思ってノートを開いたらそこに自分の名前がびっしり書いてあった者の気持ちがわかるか?」

C.C.「うにゅー」

ルル「ロロが死んだときの100倍は悲しかった」

ルル「もしあのノートが日記ではなく、ひたすら俺の名前が書いてあるノートだったなら自殺していたかもしれない」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:25:11.19 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「おい、ルルーシュ」

ルル「ん?・・・グスン」

C.C.「あのノートはデスノートなんかじゃない」

ルル「あぁ、日記だったな」

C.C.「それをデスノートに偽造する理由はなんだ?」

ルル「!」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:26:47.98 ID:ovD/W/Xx0
ルル「・・・まさか」

C.C.「そうだあr(ry」

ルル「何百年も生きてきたせいで発想が幼女退行してしまったのか・・・」

C.C.「・・・」

ルル「・・・」

C.C.「・・・」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:28:49.60 ID:ovD/W/Xx0
ルル「ち、違うぞ!別に幼女が好きなわけではない!ナナリーが好きなんだ!」

C.C.「・・・」

C.C.「話を続けるぞ」

ルル「はい」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:30:43.32 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「あれはな・・・」

ルル「・・・」

C.C.「ただ恥ずかしかっただけだ・・・」

ルル「・・・」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:32:46.60 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「日記を書いたノートをしまっておいたら他人が見る可能性だってあるだろ?」

ルル「まあな」

C.C.「そのときに見つけたノートがデスノートだったらどうだろう?」

C.C,「『なんだデスノートか』ってなって見るのやめるだろ」

ルル「・・・え?」

C.C.「もし本物のデスノートだったら死神が見えちゃうし」

ルル「・・・」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:34:43.69 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「仮にお前みたいにノートを見つけて開いたとしても、そこにルルーシュの名前がびっしり書いてあったら?」

ルル「・・・」

C.C.「・・・」

ルル「・・・」

C.C.「つまりそういうことだ」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:36:40.19 ID:ovD/W/Xx0
ルル「おい」

C.C.「なんだ?」

ルル「間違っているな、間違っているぞC.C.!」

C.C.「!」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:38:16.94 ID:ovD/W/Xx0
ルル「嘘をついてるだろ?」

C.C.「何を言ってるんだ?私はただ日記を見られるのが恥ずかしくて・・・」

ルル「それが嘘だと言っているんだ!」

C.C.「・・・なん・・・だと・・・?」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:39:53.49 ID:ovD/W/Xx0
ルル「お前は日記を見られたくらいで恥らう女ではない!」

C.C.「・・・今すごく失礼なことを言っているんだが自覚あるか?」

ルル「ふん、何を言っても無駄だ。事実なのだからな!」

C.C.「まぁいい、仮にそうだったとして?」

ルル「ノートに書かれていた俺の名前だが」

ルル「328回書かれていた」

ルル「これが意味することがわかるか?」

C.C.「!」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:41:45.30 ID:ovD/W/Xx0
ルル「この328という数は俺がお前にいやらしい視線を送った回数だ!」

C.C.「・・・」

ルル「女は男より他人の視線に敏感だからな」

ルル「お前は俺からの視線を感じるたびにこの自作デスノートに俺の名前を書いたのだろう」

C.C.「・・・」

ルル「ふふん!」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:43:44.70 ID:ovD/W/Xx0
C.C.「おい」

ルル「なんだ?図星なんだろ?」

C.C.「・・・」

??「ちょっとあんた達!いい加減にしなさいよね!」

ルル・C.C.「!!」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:46:20.20 ID:ovD/W/Xx0
ルル「か、カレン!いつからそこに・・・」

カレン「あんたが『あwせdrftgyふじこッ!!!!キュイーン』とか言ってたあたりよ!」

C.C.「ずいぶん前からいたんだな」

カレン「そんなことよりもなんなのあんた達は!見ててイライラするんだけど!」

ルル・C.C.「?」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:48:27.48 ID:ovD/W/Xx0
カレン「あんた達って2人ともツンデレでしょ?」

ルル「キュイーン、キュイーン、キュイーン、キュイーン」

C.C.「おいおい、カレンそんなわけないだろ。ルルーシュも落ち着け」

カレン「C.C.、それはピザじゃなくてパンツよ」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:50:15.68 ID:ovD/W/Xx0
カレン「まずね、最初にルルーシュが日記見てるところを見つかった誤魔化してたでしょ?」

C.C.「ああ」

カレン「あれはC.C.の日記を見てニヤニヤしてたのを見られたからその照れ隠し」

C.C.「え?お前ニヤニヤしてたのか?」

ルル「・・・」

カレン「それどころか自分のこと書いてあって嬉しそうだったわよ」

C.C.「ふふ、お前も可愛いとこあるじゃないか」

ルル「・・・」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:54:24.08 ID:ovD/W/Xx0
カレン「その後のC.C.だけど」

C.C.「!」

カレン「自分の素直な気持ちが書いてある日記を見られたから照れてたんじゃないの?」

C.C.「・・・」

ルル「あぁ・・・ナナリー・・・」

カレン「ルルーシュの非を必死に叩いて照れ隠ししたでしょ?」

C.C.「・・・」

カレン「あんたもけっこう可愛いとこあるじゃない」

C.C.「え?ピザがなんだって?」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:57:18.62 ID:ovD/W/Xx0
カレン「日記をデスノートに装ったのは、もしルルーシュに見つかったときのためね」

カレン「これは自分でも言ってたけど、あの言い方じゃルルーシュは信じないわね」

C.C.「え?」

カレン「本当のことだけど、嘘のように言うのはツンデレの典型よ」

ルル「こ、こいつ本当にツンデレだったのか・・・うわぁ・・・」

C.C.「ち、ちがっ!」

カレン「んでルルーシュだけど」

ルル「ん?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 21:59:01.57 ID:ovD/W/Xx0
カレン「そんなC.C.の思惑くらいわかってたんじゃないの?」

ルル「!」

カレン「それをあんな変なこと言い出しで明らかに変でしょ」

C.C.「・・・」

カレン「なにがいやらしい視線よ、バカじゃないの?」

ルル「・・・」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 22:00:55.69 ID:ovD/W/Xx0
カレン「もう!ホントにあんた達はツンデレよ!」

カレン「あんた達の話聞いてたらイライラしちゃってつい首突っ込んじゃったじゃない!」

ルル「C.C.・・・お前はツンデレだったのか・・・」

C.C.「お前だってそうだろう」

ルル「共犯者ということか」

C.C.「ふふ」

カレン「もうわかったでしょ!これからはもっと素直になりなさいよ!」

ルル・C.C.「ああ」

カレン「じゃあアタシは戻るから」





カレン「ホントにツンデレなんだから・・・」


おわり



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 22:02:32.11 ID:ovD/W/Xx0
最後の方はやっつけでした・・・
ちょっと修行して出直しますね

最後まで読んでくれた方はありがとうございました

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  :2008/10/29(水) 22:02:36.35 ID:MRjWaPkL0
カレンのよさがでてない!
もっとそこは嫉妬をだな・・・

でも、良作だ、>>1乙!

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  投稿日:2008/10/29(水) 22:04:26.37 ID:ovD/W/Xx0
>>66
カレンのよさか・・・また1からギアスでも見るわ
でも俺の嫁はC.C.!天子たまは俺の娘!





古いネタですまん。
事情は色々あるがmixiの日記に書いてあるYO。

 

最新記事50件