1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 14:27:45.45 ID:kDkcokt10
    悟空「…気…気が開放出来ねぇ………どうなっちまったんだ…オラの身体…

    悟空「…くっ……か、め、は、め…波っ!」ぷすん

    悟空「だ…駄目だてんで出やしねえ………

    同時刻 カプセルコーポの重力室

    ベジータ「づあああああっ!!はあっ…はあっ…」ドクン

    ベジータ「な、なんだ…!?」ドクンドクン

    ベジータ「…う、うっ…うぐあああああ!?な、なんだいきなり重力がっ!!」バキベキボキ

    ベジータ「…ち、ちくしょう戦闘力をコントロールできん!なぜだ…こ、このままでは重力に殺される!


悟空「でぇやあああああっ!…ありっ?」【前編】【後編】



 
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 14:31:04.27 ID:kDkcokt10
    悟空「…舞空術もつかえなくなってるみてえだ。気を読むのも満足にできねえ……」

    悟空「…悟飯!悟飯は居るか!?」

    悟飯「はい、なんですか?」

    悟空「ちょっとよ、気開放してくれねえか?」

    悟飯「…?…良いですけど。はあっ!!……う…あ、あれ…?」

    悟空「悟飯もか…この分で行くと多分ベジータもそうだな…」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 14:35:03.00 ID:kDkcokt10
    ベジータ「ぐううおおおおおッ!!…た、確か今日カプセルコーポに…!!」

    ベジータ「や、ヤムチャ――!!!」

    ヤムチャ「…ベジータ?なんだよ?」ドア越し

    ベジータ「重力室に入って来い!今すぐにだ!」

    ヤムチャ「なぁ!?ふざけんなよ、300倍だろ!?お前俺を修行相手に選ぼうっていうなら
         言っとくぜ、そんなとこ全力出しても満足に動けないぞ俺!殺す気か!」すたすた

    ベジータ「ち、違う!待て!」

    ヤムチャ「…な、なんだよ」

    ベジータ「スイッチだ、スイッチを押すだけで…」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 14:38:12.14 ID:kDkcokt10
    ヤムチャ「自分でやれよな…はは…」

    ベジータ「くそったれがーっ!ぶっ殺されたいか!さっさとしろ!!」

    ヤムチャ「ひいっ!分かったよ!やればいいんだろ!」ガチャ

    ヤムチャ「うぐうううっ!つ…潰され…そう…だ…」ズシンズシン、ぽちっ

    ベジータ「かはっ…はあっ…はあっ」

    ヤムチャ「ぜえっ…ぜえ…ぜえっ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 14:43:19.87 ID:kDkcokt10
    悟飯「すみません…」

    悟空「謝る事じゃねーさ!とりあえずベジータんとこ様子見に行くか…んっ!」

    悟飯「…お父さん?」

    悟空「…やべえ。気が読めねえから瞬間移動も使えねえ…時間かかるけどしょうがねえか…筋斗雲よーい!」

    悟空「よ、よしちょっとせめえけど何とかなるさ」

    悟飯「は、はい」ギュウギュウ

    悟空「よし、筋斗雲!ブルマんとこ向かってくれ!」ふらふら

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 14:47:58.93 ID:kDkcokt10
    ヤムチャ「…で?」ゼェゼェ

    ベジータ「かはっ…はあっ…はあっ……な、なんだ…」ゼヘーゼヘー

    ヤムチャ「なんで態々…俺に…今日は態と気を抑えて重力を受ける修行とかしてたのか?」

    ベジータ「………ま、まあそんなところだな…」

    ヤムチャ「そっか…」

    ガチャ

    ブルマ「あら何よ珍しい。ヤムチャも居ないと思ってたら2人で頑張ってたの?
        仲良いわねー…邪魔して悪いんだけど孫君達が来てんのよ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 14:53:29.31 ID:kDkcokt10
    悟空「オッス!」

    ベジータ「…ちっ…」(よ、よりによって弱っている時に…!)

    悟飯「や、やっぱりベジータさんも…?」

    ベジータ「…何?」

    悟空「オラ達、急に気が使えなくなっちまったんだ。そんでベジータもなんじゃねーかと思ってよ。」

    ヤムチャ「???」

    ベジータ「そうか…そういうことか…ふ…ふふ…ははは…はーはっはっは!
         ただのホラだと思っていたがまさかマジだったとはな!くくく!!」

    悟空「な、なんの事言ってんのかてんでわかんねーぞベジータ…」

    ベジータ「成る程な……可笑しいとは思っていたが…そうか今日は満月か…」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:00:39.69 ID:kDkcokt10
    悟飯「?? ベジータさん、説明を!」

    ベジータ「…良いだろう……貴様らも身体で分かっただろうが俺達は今戦闘力のコントロールが
         出来なくなっている…」

    ヤムチャ「……へ?」

    悟空「ああ、そいつはオラも気付いてる。でも何でなんかまるでわからねーんだ」

    ベジータ「…こいつは俺の親父である王が言っていた事だが…サイヤ人は戦闘民族というのは
         貴様らも知っているだろう。そして大多数のサイヤ人は、俺達のような超サイヤ人という
         変身ではなく大猿になる事によりその戦闘民族たる圧倒的力を見せている…」

    悟空「…オラも悟飯もなった事あっからな。何と無く分かる。おめえがなった時も苦労したしよ…」

    ベジータ「だが逆に尻尾を無くせば!サイヤ人はナメック星人の戦闘タイプにも遥かに劣る!
         ……要するに尻尾の無いサイヤ人など使いものにならんという訳だ…」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:03:23.24 ID:kDkcokt10
    悟飯「……」

    ベジータ「……し、信じたくは無い…信じたくは無いが言うぞ……」

    悟空「…ああ…あんましその先は聞きたくねえが言っちまってくれ……」

    ベジータ「尻尾を失ったサイヤ人は……せ、戦闘面では役立たずになる…満月の夜、尻尾を持つ
         サイヤ人が変身するように……失ったサイヤ人も変身する……」

    悟飯「…」ごくり

    ベジータ「まず、前兆は満月の日に戦闘力が限りなくゼロに近くなる。そこまでは良くは無いが…
         これから言う事に比べればマシだろうぜ……ふふ…く、くそ…くくく…」

    ヤムチャ(…自分で言うのを躊躇うくらい嫌な事なのかよ……ば、化け物になるのか…グロい感じの…)

    ベジータ「……に、なる…」

    悟飯「…え?」

    悟空「すまねえベジータ…オラ良く聞こえなかったぞ。」

    ベジータ「…くう…その前にひとつ言っておく。悟飯貴様はまだ20代だ…良かったな、
         これからドラゴンボールをかき集めれば何とかその変身だけは食い止められるだろうぜ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:08:57.33 ID:kDkcokt10
    悟飯「はい…?」

    ベジータ「…俺達が今までそれにならなかったのはナメック星や精神の時の部屋、死んでいた期間…
         ブウの体内…そういう普通では有り得ない場所に滞在していた時間が長かったせいだろう。」

    ベジータ「…はっきり言ってやる。満30を過ぎた尻尾の無いサイヤ人はブルーツ波を浴びれば
         女になるんだ!女にな!はっはっは!はーっはっはっは!!ちくしょおおおお!!そういえばお袋も尻尾がなかった!」ダァン

    悟空「…お、女?…チチやブルマみてえになるんか!?あんなほそっちいのになったらオラもう戦えねえぞ!」

    ベジータ「貴っ様ぁ!それどころではないんだぞ!判っているのか!!…トランクスや悟天も今ごろ学校で
         異変に気付いているはずだが…奴らもまだガキだ、学校で女にはならん。だが俺とお前は…ぐっ…」ドクン

    悟空「いってぇ!ベジータ落ち着け!気は使えなくても筋力まで劣った訳じゃねえんだ!…うっ!」ドクン

    悟飯「…!?」

    ヤムチャ「お、おい……冗談だよな?」

    カッ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:16:36.78 ID:kDkcokt10
    悟飯「うおっまぶしっ」

    ヤムチャ「…っ…」

    ベジータ「………」ワナワナ

    悟空「……チンがねえ……タマも……」

    ヤムチャ「……マジかよ。」(可愛いかもしれん…)

    ベジータ「…終わりだ…俺はこんな醜態を晒すくらいなら死を選ぶ!
         さらばだ!悟飯、カカロット!そしてヤムチャ!」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:20:25.00 ID:kDkcokt10
    悟空「…?」モミモミ

    悟飯「…?」

    ヤムチャ「…へ?」

    ベジータ「ち…ちくしょう…そうだった気も使えないんだった…」へたり込む

    悟飯「…そんな……じゃあ僕は母さんが2人なのか…?」

    ヤムチャ「は…はは…まだ冗談言えるなんて強いじゃないか悟飯……」

    ベジータ「ぐうう…ちくしょう…ちくしょぉ……」ポロポロ

    悟空「泣くなよベジータ…ほら、キンタマクラはできねぇけどおっぱいまくらができるよーになったぞ!?」

    ベジータ「黙れ触るなぁ!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:26:24.33 ID:kDkcokt10
    ヤムチャ「…なあ、ベジータ…あのさ、ブルマに知られたりとかしてもいいのか…?」

    ベジータ「…良い訳あるか!お、俺…俺はぁっ!!」

    ヤムチャ「わっ、ちょ…判ったから掴みかかるなよ!じゃあ普通にドアから出るのはまずいだろ…
         鉢合わせするし…」

    悟空「…?ヤムチャ、どっか行くんか?」

    ヤムチャ「こうなった以上行くとこって行ったら神殿しかないだろ…
         とりあえずこの天井吹っ飛ばすけど良いな、ベジータ?」

    ベジータ「…勝手にしろ…」

    ヤムチャ「…かめはめ…波っ!!」ズッ


    ドォォン!パラパラ…

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:30:16.01 ID:kDkcokt10
    ヤムチャ「…悟飯は幸い女にはなってないしな、妙な混乱招かなくて済むから筋斗雲で
         クリリンを呼んでくれるか?その間に俺がデンデやピッコロに話をつけてくる。」

    悟飯「わ、判りました…!(なんだろう…ヤムチャさん妙に頼りがいが…)」ヒューン

    ヤムチャ「…さてと、普段のお前らよりかはずっと遅いけど飛ばすから文句言うなよ。」

    悟空「わりいなヤムチャ!でもあんま飛ばされっと振り落とされるから加減してくれよな!」ニパッ

    ベジータ「…さっさとしろ、貴様にくっ付いているだけでもおぞましいんだからな…」ガシ

    ヤムチャ(うお…両腕におっぱ…まずいブルマ以外にあんまり免疫が…)
        「じゃ、行くぜ。」ドンッ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:34:18.23 ID:kDkcokt10
    〜神殿〜

    ピッコロ「……神殿から見てはいたが…こうやって目の前で見ると信じられん…」

    ベジータ「…くっ…!!」

    ピッコロ「…貴様本当にベジータか?」

    ベジータ「ピッコロ、もしどうにかして元に戻ったらまず最初に貴様を塵にしてやる、覚えておくんだな!」

    ピッコロ「ほう、でかい口を叩きやがって…まあいい。ヤムチャ」

    ヤムチャ「…ん?おう?」

    ピッコロ「確かに俺達が知っておくのは重要かもしれんが手助けは出来ん。はっきり行ってドラゴンボールでどうにかなるかも判らん。」

    ヤムチャ「そ、そうか…」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:38:22.78 ID:kDkcokt10
    クリリン「…これが悟空ね…えへ、えへ…」

    悟空「…?」

    クリリン「……」ゴクリ

    悟飯「…クリリンさん…」

    クリリン「なんだよ?」気を高めて空気を揺らす

    悟飯「…っ」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:41:49.66 ID:kDkcokt10
    ピッコロ「…とりあえず今日の所は神殿に泊まって行け。二人ともあの世で暴れているブロリーを
         止めに言ったとでも伝えておけば何日か帰ってこなくとも問題なかろう。」

    悟空「そうだな…それよかオラ腹減っちまった…」グゥ

    ヤムチャ「いや、先にこいつらのぶかぶかの服を何とかしてやってくれないか?目に毒なんだよ…」

    ピッコロ「…?…羞恥と言う奴か?わからない…」ピッ

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:44:59.36 ID:kDkcokt10
    デンデ「食事は幾らでもおかわりがあるので」

    悟空「いや…オラこんだけで十分だ…」ちょびっ

    ヤムチャ「!?」

    ピッコロ「ば、馬鹿な…そんな…」

    ベジータ「…俺もだ。一皿以上は入らん…」

    ピッコロ「…き、貴様らやはり偽者か…!」がたたっ

    ヤムチャ「わぁー!落ち着けピッコロ!そうじゃないだろ!身体の変化で多分そうなったんだって!」

    クリリン「でもチチさんはこっちのが喜ぶかもな…食事助かって、はは…」

    夜は更けていった

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:47:57.07 ID:kDkcokt10
    次の日

    悟空「はーっ♪やっぱ神殿の水ってなるとなんかさっぱり感も違うな!オッス!」

    ヤムチャ「……おう」

    クリリン「…」

    悟空「…?…どうかしたんか?」

    ピッコロ「…」

    悟空「…ピッコロまで黙っちまってよ。お、ベジータ悟飯!」

    ベジータ「…朝起きてからずっとこの調子だ。イライラさせやがる。もうすぐで分かるから黙っていろと命令しやがった」

    悟飯「何なんでしょうね…」

    デンデ「皆さん…!やはりそうでした…!」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 15:52:21.05 ID:kDkcokt10
    ピッコロ「ちっ…」

    ベジータ「おい、好い加減にしろ!貴様らだけで分かったような顔しやがって!さっさと教えろ!」

    ヤムチャ「…教えてやるさ、地獄から何人か脱走して来た奴が居るんだってよ」

    悟空「…?…なんだぁ、そんな事ならパイクーハンが居るじゃねえか!」

    クリリン「パイクーハンは…あの世でフリーザとセルを同時に相手してて手が離せないとかでさ…」

    ピッコロ「…逃げてきた奴の中に…ベジータ、貴様と一緒に来ていたサイヤ人も居るぞ…」

    ヤムチャ「それからなんだ、ギニュー特選隊の奴らもちらほら…」

    クリリン「……そ、それどころじゃありませんよ…」

    ピッコロ「…ちぃ……パイクーハンめ、逃がしやがったか…クウラが来ている…!」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:01:03.29 ID:kDkcokt10
    ピッコロ「ヤムチャ、クリリン。貴様らは他の雑魚を潰しに行け!天津飯も既に動き始めている…!
         俺はクウラを叩く…!」ドンッ

    ヤムチャ「…くそ……そんな事言っても結構数が…」

    悟空「…ちょっと待て!そんじゃ悟天やトランクスも危ねぇんじゃねーのか!?」

    ベジータ「そうだ…ガキどもは自分の力がどうなっているか知らん、今の奴らじゃナッパにも勝てんぞ!」

    クリリン「……だ、大丈夫さ…下界には18号も居るんだし…それに流石にナッパってサイヤ人ぐらい俺達でも…」

    ヤムチャ「…急いだ方が良いな。敵の大半はベジータと悟空に恨みのある奴らなんだぞ…それにそっくりな子供がうろついてたら…」

    クリリン「…」

    ヤムチャ「くそ!行くぞ!」グッ

    ベジータ「待て!ヤムチャ!俺も連れて行け!」ガシ

    ヤムチャ「何言ってんだよ!今のお前たちが来たって悪いけど足手まといだ!」

    ベジータ「黙れ!トランクスは俺の息子だ!」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:07:56.82 ID:kDkcokt10
    悟空「…悟飯、お前は筋斗雲でブルマと母ちゃんが無事か見に行くんだ。
       お前の気の動きはこっちでクリリンとヤムチャが読んでりゃ分かる」

    悟飯「はい…!」

    ヤムチャ「…分かったよ。だけど何があっても戦おうなんて無茶するなよな…よっこらしょ」

    ベジータ「!? ヤムチャ貴様!」

    ヤムチャ「悪いけどこの前みたいに抑えて飛んでられる状況じゃないだろ、抱き抱えて飛ぶのが一番早い。
         クリリン、悟空の方は頼んだ」

    クリリン「…なんか俺が女の子抱き抱えてもカッコつかないよな…ヤムチャさんみたく身長があれば別だけどさ…」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:11:32.75 ID:kDkcokt10
    ギニュー「はっはっは!良いかーお前達!フリーザ様はあのセルとか言う奴と組んで緑の奴を倒したら
         必ずお出でになられる!それまでに地球人を殲滅し、ここを新たな拠点と出来るよう整地するのだ!」

    ジース「こいつで……終わりだーっ!」ドォォ―ン!

    グルド「きええええ――ッ!」どんどーん

    バータ「…それにしても骨が無さ過ぎてつまらんぜ…」

    リクーム「なぁんかこう…そろそろビシ――ッ!と出てきても良い頃なんじゃないの?」

    ???「ぱんぱかぱーん!おい、お前ら!」

    ???「黙って見てたらもう許さないもんね!」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:18:13.39 ID:kDkcokt10
    キュイ「……どうやらドドリアとザーボンはオリブーとか言うのにやられたらしいな…っへ、良い気味だぜ…」

    ナッパ「…脱出出来たらここまでだ。てめぇと組むのはな…行くぞラディッツ…」

    ラディッツ「ああ…しかしアテでもあるのか?」

    キュイ「…待てよ、どうせお前らもベジータを殺すってとこなんじゃねーのか?」

    ナッパ「あぁ?」

    キュイ「…三人でやれば何とかなるかもしれないぜ…なんと言っても俺はベジータと互角だからな…」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:25:00.45 ID:kDkcokt10
    ギニュー「…?…おい、俺達に子供を甚振る趣味は無い!失せろ!こんな文明レベルの低い星でも
         宇宙へあがる為の船くらいあるだろう。それで逃げるんだ、さっさとな…」

    ギニュー「…どうだ、俺は優しいだろ!?」くるり

    隊員「「「「おーっ!最高スよー!」」」」

    悟天「…ねえトランクス君、僕ら馬鹿にされてるんじゃない?」

    トランクス「…そうだな…おいオッサン!俺達を甘く見るんじゃないぜ!」

    ジース「だーれがおっさんだ誰が!てめえらこそ天下のギニュー特選隊を甘く見るなよ!」

    リクーム「ガキの首でもへし折っちゃうもんねぇ!」

    ギニュー「お前達!やめろ!…良いか子供よ、何に影響されたのか知らないが世の中勢いだけでは
         どうにもならん事もある。分かったら大人しく帰れ…これが最後だぞ」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:32:56.70 ID:kDkcokt10
    トランクス「…は〜、こいつらすっかり俺達の事甘く見てるぜ。どうせパパかお前のパパにやられちまってる癖にさぁ」

    悟天「もしかしたら兄ちゃんかピッコロさんかもしんないよ!」

    バータ「……」ひそひそ

    ギニュー「…だな…おい、お前達の父親の名前はなんだ…」

    トランクス「ベジータ!」

    悟天「孫悟空…ベジータさんはカカロットとか呼ぶんだよ、変だね!」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:38:58.91 ID:kDkcokt10
    ヤムチャ「……悟天とトランクスはどこだ?探しにくいな…」スタッ

    クリリン「ん〜!ん〜!…くそ…一般人と変わらないんじゃ時間かかるぞ…」



    ベジータ「…奴らが気を探っている隙に俺は自力でトランクスを見つけるぞ……
         もしも見つけた後で俺が殺されたとしても、その気の消失でヤムチャ達も気付くはずだ…」コソコソ

    ベジータ「ちくしょう…!瓦礫の山を登るのも一苦労だくそったれ…!……っしょ!」

    悟空「よぉー!ベジータ!」

    ベジータ「カカロット!…フン、俺を止めるなら無駄だ。貴様と違って俺は戦士だけやっている訳にはいかん…!」

    悟空「止めねえさ、オラも行こうかと思ってよ」

    ベジータ「……良いだろう。それでこそ父親だ…」ニヤ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:44:56.73 ID:kDkcokt10
    ギニュー「ベジータ…だと…?」

    ジース「…カカロットってのもサイヤ人の名前っすよ…それにこのガキ面構えが偉いあのサイヤ人に似てるっていうか…」

    バータ「…そのものだな…」

    トランクス「おっ!悟天!やっぱこいつらパパにやられ

    リクーム「はぁい、殺さないけど大人しくしててね!」ガシッ

    悟天「うわっ…トランクス君を離せっ!」ぽかっ

    悟天「いつっ……」

    ギニュー「…いかにサイヤ人でもガキではこんなものよ。とりあえず貴様らはベジータ達を誘き寄せるエサに…」

    バキィ

    リクーム「うぐぅっ!?」

    ジース「誰だ!!」

    天津飯「……色々と俺の知らない間に厄介事が増えてしまったらしいな…」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:48:49.31 ID:kDkcokt10
    ナッパ「…確かにそうかもしれねえ、だがてめえはベジータに殺されたと聞いてるぜ…?」

    キュイ「…よく考えろよ。ベジータの戦闘力は2万ちょっと、俺は1万8000…お前らが加われば
        倒せない奴じゃねーだろ?むしろ5000そこらのてめえと弱虫ラディッツだけで行った方が
        結果は明らかだぜ…」

    ラディッツ「…この野郎…言わせておけば…」

    ナッパ「へ…良いだろう、だったらベジータの野郎を潰すまでは俺たちゃ仲間だ」

    悟空「ベジータ、ほんとにこっちに居るんかぁ?」

    ベジータ「分からん…この状況だからな……せめてスカウターがあれば…貴様ら!」

    悟空「オッス!」

    ナッパ「…??…あぁ…?」

    ラディッツ「…?」

    キュイ「…スカウター…?…ベジータ…?」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 16:54:47.50 ID:kDkcokt10
    トランクス「て、天津飯さん…駄目だ、こいつら俺と悟天でも敵わないんだ…!」

    天津飯「……いや、俺で十分に勝てる。理由はまったく分からないがお前達が弱体化しているだけだ。」

    ギニュー「ふん…好き放題言いおって…お前達。俺はクウラ様に現状報告に行く…!
         お前らは少しそいつの相手をしてやれ…!」シュパーン

    ジース「…と、言うことだ…そのガキが言う通り俺達は地獄での修行で大幅なパワーアッp

    余裕綽々で天津飯を見据え語り出したジース。
    その顔面を天津飯の正拳突きが捉え、遥か後方のビルまでジースは吹っ飛んだ。

    天津飯「すまんな…あまりにも隙だらけだった。」

    バータ「こ、この野郎……」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:01:41.82 ID:kDkcokt10
    リクーム「へっへ…面白いじゃあないの!まぐれ当たりで調子乗っちゃって!
         悪いけどここは俺が貰っちゃう!お命頂戴!と

    ドズン!

    天津飯「戦いの最中に余計な講釈をべらべら並べ立てる奴は早死にするぞ。
        ……かつて俺の師だった人の言葉だ。」

    リクーム「お…こ…こ…このや…ろ……」ズーン

    バータ「…馬鹿なまさかこんな……」

    グルド「……うぐぐ……」

    天津飯(…あのリーダー格が帰ったのは幸いだったな…奴だけは俺が勝てたか分からん…)

    バータ「…俺のスピードについて来れるかな…ぶっ殺してやるぜ…!」シュンッ

    天津飯「…ふん!三つの目からは逃れられんぞ!ずああっ!」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:05:12.41 ID:kDkcokt10
    一方その頃

    ナッパ「…なんだてめえらは…そっちの女は戦闘服みたいのを着てるな…」

    ラディッツ「……こっちはカカロットが着ていたのと同じ服を着ているぞ。流行ってるのか?」

    ベジータ(なんて事だ…よりによってこいつらと会うとはーッ!くそったれ…!)

    キュイ「…そっちがカカロットかどうかはともかく、てめえベジータだな…?」

    ベジータ「な…なに…!」

    キュイ「…五つ数える間に話さないと殺してやる。ひとつ、ふたt」

    ベジータ「ま、待てキュイ!良いだろう!話してやる…!ナッパとラディッツには関係無い話ではないからな…」

    悟空「おい!良いんかベジータ!」

    ベジータ「隠してもどうにもならん…それより時間を稼げ…」ぽそぽそ

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:15:54.42 ID:kDkcokt10
    キュイ「…成る程…くっく…お笑いだぜベジータ!今のお前は俺どころかラディッツにも歯が
        立たないって事じゃねーか!」

    ベジータ(……この野郎…くそったれが……俺が普段通りなら貴様はとっくに汚い花火になっているぞ…)

    ナッパ「…キュイ、ベジータは俺に殺させてくれ…この手でぶちのめさねえと気がすまねえ…」

    ラディッツ「…と、なると当然カカロットは俺か…ふっふ…」

    キュイ「勝手にしろ…そんな情けない姿のサイヤ人を殺しても自慢にもならないぜ!ははは!」

    高笑いを響かせたままビルの残骸で出来た小高い山に腰かけるキュイ。

    ナッパ「…さあて…ベジータ……毎日この日が来るのを待ってたぜ…」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:19:16.33 ID:kDkcokt10
    ベジータ「…ち…ちくしょう…ナッパ……」

    ナッパ「あぁ?命請いかぁ?そんなものは利かねえな…」

    ベジータ「…殺せ。」

    ナッパ「…なんだ、偉い素直じゃねえか…」

    ベジータ「あの時の俺と一緒にするなよ。貴様と違って成長した訳だ…」

    ナッパ「……ベジータ、俺が恨みを持っているのはこんなふざけた身体のサイヤ人じゃねえ。」

    ナッパ「常に自分が王族なのを鼻にかけてて偉そうでいけすかねえチビ野郎だ。」

    ベジータ「貴様俺を怒らせてそんなに楽しみたいk

    ナッパ「…元に戻ったときぶん殴ってやる」くるり

    ベジータ「!?」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:22:33.36 ID:kDkcokt10
    ラディッツ「くっく…貴様をこの手で殺せる日がやっと来たなカカロットよ…」

    悟空「……兄ちゃん……」ぽつり

    ラディッツ「…な…なにぃ…」

    悟空「何ってなんだよ、兄ちゃんだから兄ちゃんつっただけだぞぉ…?」首傾げ

    ラディッツ「……くっ」

    悟空「…?」

    ラディッツ「…お、俺は…」

    悟空「…ほぇ?」

    ラディッツ「キュイ!!俺はカカロットにつくぞーーっ!!妹は俺のもんだ!!」

    悟空「!?」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:30:54.64 ID:kDkcokt10
    キュイ「…なんだと…?…貴様ら血迷ったか……サイヤ人が揃いも揃って腑抜けやがって…」

    ラディッツ「黙れ。これから妹に少しでも触れたら俺が貴様を殺すぞ!」

    キュイ「戦闘力7がラディッツのおとうt…妹で6がベジータ…1500…5000…問題ないな」

    ベジータ「…ほう、良い気になっているのも今の内だキュイ。貴様が俺達を殺そうと殺さまいと
         直にここにお前を塵に出来るだけの力を持った戦士が現れるだろうからな…」

    キュイ「ベジータ、てめえは最後だ、安心して…ろっ!」ビッ

    ラディッツ「何っ…お、俺か…!!」

    ナッパ「避けろ馬鹿野郎!!!」

    ラディッツの頭を鷲掴みにして伏せさせるナッパ。
    勢いが良すぎて砂を食べるハメになるラディッツ。

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:37:12.34 ID:kDkcokt10
    ラディッツ「ぐばっ…が…ごほっ…!」

    ナッパ「……馬鹿めが……」

    キュイ「くっく…何秒持つかな…」ズァッ

    ベジータ「…っ…ナッパ、避けろ!!」

    ナッパ「避けたらベジータに当たっちまうだろうが!!!うおおおお!」バチィ!

    ラディッツ「な……ナッパ血が…」

    ナッパ「黙れ…これくらいなんて事はねえ…」

    たった一発のエネルギー波を弾いただけでナッパの右腕は流血して居た。

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:41:52.08 ID:kDkcokt10
    悟空「ちくしょう…せめて界王拳が使えたら…でもこの身体で100倍とか使ったら死ぬかもしれねえし…」

    キュイ「…そろそろ日も暮れてきた……暗くなるとクウラ様を見付けるのに厄介するんでな。
        トドメを刺してやる……」

    大きく右手を振り上げた所でキュイは気付いた。
    ナッパとラディッツが一回り大きくなり更に膨らみ始めている事に…

    ラディッツ「…自慢ではないが俺は勝算も無いのに寝返るほど愚かではないぞ!」

    ナッパ「…ベジータとカカロットが何でこんなふざけた身体になったか言ってみろ…」

    猛獣の唸りに似た声を響かせナッパが嘲笑った。

    キュイ「…ま…満月…」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:52:31.03 ID:kDkcokt10
    ラディッツ「ウグォオオオ!!」

    ラディッツの手当たり次第のパンチがキュイを掠めた。
    大猿になり大幅なパワーアップを果たしたラディッツ…
    キュイとの差は3000にまで縮まっていた。

    キュイ「…くそっ!あっ!フリーザ様…!!!」

    ナッパ「言いたい事はそれだけか?」カパッ

    キュイ「…う、うあああああーーっ!」バンッ

    キュイ「ぐ…ぎゃ……」

    生首を残してキュイは完全な塵と化した…

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 17:58:06.06 ID:kDkcokt10
    ナッパ「ちっ…もう解けただと…?…満月の夜は一晩中このままで居られたはずだが…」

    悟空「…死んでっからじゃねえのか…?多分あのまま大猿で居てたらこっちに居られなくなってたはずだ。」

    ラディッツ(なんだと……二度と大猿にはならんようにせんとな…)

    ベジータ「…ナッパ、ラディッツ。スカウターでこの周囲一帯の戦闘力を調べろ。」キュイのスカウターを装着

    ナッパ「あ?…ああ……」カチ

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 18:20:38.01 ID:kDkcokt10
    ナッパ「…?…こりゃなんだ?ひとつこの近くを彷徨ってるな…ん…」

    ベジータ「…彷徨っているのはヤムチャだな……あっちから来てるのは…何…」

    ラディッツ「まさかこ、こんな…」

    悟空「…なー、オラだけ何にもわかんねえのつまんねぇよ兄ちゃぁん…」グイグイ

    ラディッツ「………か、貸してやるから引っ付くな…」

    悟空「…おー…ぉろ…駄目だオラこれ字読めねぇ…」

    ベジータ「暢気な事を言っている場合じゃないぞ、ヤムチャとギニューが接触する…下手をすれば殺されるぞ…」

    ナッパ「…そのヤムチャって野郎以外にも幾つかギニューと交戦してる戦闘力があるな…1万の奴を筆頭に何人か固まってるぜ…
        もっとも他の奴らはもう死にそうだが…」

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 18:29:42.97 ID:kDkcokt10
    ヤムチャ「…な…なんなんだコレ…サイヤ人の戦闘服…?」

    瓦礫に転がる数人の死体。
    三人は男…
    一人は女性のもので、やがて少しすると光の塵となり消えた。

    ヤムチャ「…輪っかがついてたな…仲間割れ…か…?あれは…悟空!?いや、違う…」

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 18:34:55.58 ID:kDkcokt10
    バーダック「……くそやろうが……」

    ギニュー「下級戦士にしてはそこそこだが丸でレベルが違うという事が理解できたか…?
         今は地獄の者同士でやりあっている場合では無い。黙って消えるなら見逃しても良いぞ」

    バーダック「…はっ…はっ……」

    右手に戦闘力を集結させるバーダック

    バーダック「…くたばれ――っ!!!」

    ギニュー「…ほう、戦闘力が3万近くまで上がった…成る程な、だがそれでも全然足りーん!」バシィン

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 18:45:15.73 ID:kDkcokt10
    明後日の方角へ弾かれてビルを崩すエネルギー弾。
    ちなみにヤムチャに被害は無い

    ギニュー「俺は一刻も早くクウラ様に伝えねばならん!そうなったらサイヤ人は皆殺し…
         俺はサイヤ人に恨みは無いからと思って加減していたが…死んで貰うぞっ!」

    バーダック「……くそったれっ…」

    ヤムチャ「待ちやがれ!そうはさせないぜ!」

    普通に出れば良い物をヤムチャは頭上からぐるぐると回転しながら
    バーダックとギニューの間に降り立った。

    ヤムチャ「その喧嘩俺が買った!」

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 18:51:39.58 ID:kDkcokt10
    ギニュー「…良いだろう!そこまで言うのなら俺が相手をしてやる!ギニュー特選隊隊長!ギニュー!」バン

    ヤムチャ「…へっ…尻尾を巻いて帰るんなら今のウチだぜ…」

    バーダック「…お、おい…」

    ヤムチャ「良いから黙って見てな。言っちゃ悪いが俺はアンタより強い!」

    自信たっぷりに叫ぶとギニューを見据えじっくりと腰を落とした。
    これはヤムチャ必殺の構えである。

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 18:54:48.49 ID:kDkcokt10
    ギニュー「確かに…フリーザ様やあのサイヤ人以外に十万台の大台に乗ってくる奴が居たのは驚きよ…
         しかしただそれだけだ…参考までに俺の戦闘力は120000だ。」

    ヤムチャ「ごちゃごちゃ言っている暇があったらさっさとやろうぜ。俺も暇じゃ無いんでな…」

    ギニュー「…フン…久しぶりに本気が出せそうだ…」

    ヤムチャ「いくぞっ!!真 狼牙風風拳!!」ドンッ

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 18:57:28.02 ID:kDkcokt10
    ベジータ「既にやり合っているな…!ナッパもっと飛ばせ!」ペチペチ

    ナッパ「い、いやそれだとラディッツがよ…」ギューン

    ベジータ「構わん、ナッパ…俺の言う事だ。聞けるな?」

    ナッパ「…いつまで王子気取りなんだよ…」シュバーン


    悟空「あっ…兄ちゃんナッパスピード上げたぞ!」

    ラディッツ「く…くく…!分かっている!任せろ…!」
         (くそ…駄目だ追いつけん…!!)

    悟空「…あ…ぁー……オラもナッパに乗れば良かったかもしれねぇ…」

    ラディッツ「!?……ふ…ふふ、違うぞカカロットよ。兄ちゃんはな…
          カカロットに負担の掛からないよう抑えているんだ…
          ナッパは馬鹿だから王子…いや姫の事をまるで考えて無いが…」

    悟空「…ふぅん…ま、いっか…」

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 19:03:15.79 ID:kDkcokt10
    ギニュー「隙あり――っ!!!」ゴッ

    ギニューの肘鉄がヤムチャの鼻っ面を捉えた。
    盛大に鼻血を噴き飛ばし二転三転して地面を転がり跪くヤムチャ。

    ヤムチャ「お…おおお……な、なんて事だ…この俺がまるで…子供扱いじゃないか…」

    ギニュー「これが全宇宙から選りすぐりのエリートだけを集めた集団を束ねる俺の実力よ…ふん!」

    ヤムチャ「がはっ……」

    ヤムチャ「…こ、こうまでナメられては必殺技を見せるしかないぜ……繰気弾!」ボッ

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 19:08:20.86 ID:kDkcokt10
    バーダック「ち、ちくしょう…クズが…まるで技が磨かれてねえ…あれなら大猿のエネルギー波の方がまだマシだ…」

    ギニュー「…まるでジースのパクリだな……来いっ!!」ぐっ

    ヤムチャ「せいっ!はっ、とう!」

    ヤムチャの束ねられた二本の指先に合わせて動く気弾はやがて
    ギニュー目掛け一直線に飛び出した。

    ギニュー「でやあ!」バンッ!!

    ヤムチャ「え!?(ば、馬鹿な叩き潰しやがった!)」

    ギニュー「…ふっ」

    ヤムチャ「ど、どこだ!?」

    ギニュー「ここだ。」トントン、メシャッ

    ヤムチャ「…なにっ…流石に動きが速い…っ…ごは…」ドサリ

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 19:14:23.90 ID:kDkcokt10
    ギニュー「さて……こちらに向かっているのは…ち、またサイヤ人か…」

    バーダック「なんだと…」カチリ

    ギニュー「…良いか!俺はフリーザ様からの命が下らん限りは無用に同胞を殺す気は無いと
         弱虫ラディッツやナッパにも伝えておけ!じゃあな!」シュバーン


    シュタッシュタタタッ

    悟空「…しょっと……ヤムチャ!しっかりしろ!」

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 19:16:36.64 ID:kDkcokt10
    ヤムチャ「…いつっ…くそ…ふ、不意打ちかましやがって…」

    ベジータ「ちっ…こいつが俺達の中で一番強いかと思うと泣けてくるぜ…おいヤムチャ!クリリンはどうした!」

    ヤムチャ「どうしたって……悟天やトランクスを助けに行ったんだよ…そもそもお前らが勝手な行動しなきゃ
         俺だってこんな目に合わずに…うわサイヤ人!?」

    ナッパ「…ああ?うるせえな。」

    ラディッツ「…ふん…」

    悟空「訳あって今はオラ達に協力してくれてんだ!」

    ヤムチャ「あ…ああ…そうか……そうだ、それで思い出したが俺の方も、ホラ」

    っと、親指でヤムチャが指し示した先にはボロボロの戦闘服を身に纏い
    しかめっ面でこちらを睨むバーダックの姿があった。

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 19:19:06.20 ID:kDkcokt10
    ラディッツ「!? おやz

    ラディッツのこめかみをエネルギー波が掠め、その口が一旦言葉を吐くのを止めたと同時に
    バーダックは唇へと人差し指をやった。

    ラディッツ「…な…」

    バーダック「…よお『知り合い』のラディッツ。」

    ラディッツ「…え?…あ…ああ…ひ、久しぶりだなぁ…」

    ナッパ「…?…こいつカカロットと似てねえかベジータ。」

    ベジータ「ああ…下級戦士は似たような面が多いからな。珍しいことでもない」

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 19:23:36.06 ID:kDkcokt10
    ナッパ「いや…そうなんだが…」

    バーダック「…おい、ラディッツ。」くいくい

    ラディッツ「え?あ、はい…」

    二人で肩を組み少し離れた所まで歩くバーダックとラディッツ

    バーダック「おい、なんでてめえが母さん連れて歩いてやがる。」

    ラディッツ「…は?」

    ドズン。とラディッツの戦闘服の腹部にバーダックの鉄拳が埋まった

    ラディッツ「かっ…!」

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/03/14(土) 19:26:28.78 ID:kDkcokt10
    バーダック「とぼけてんじゃねえぞ。あの顔はどう見たっててめえとカカロット産んだ女の面だろうが」

    ラディッツ「ち、違う…良く聞け親父。アレは…俺の妹だはぁっ!?」

    言い終わるか言い終わらないかの所でまた鉄拳がラディッツを襲った。

    バーダック「俺が産ませたのはてめえとカカロットだけだろーが!それとも○○が他に男作ったって言いてえのかラディッツ…?」

    ラディッツ「ち、ちが…」


    その後約十分程甚振られていたラディッツだったがベジータの姿とナッパの説明で誤解は解けた。




悟空「でぇやあああああっ!…ありっ?」【後編】へつづく

引用元
悟空「でぇやあああああっ!…ありっ?」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1237008465/
 

最新記事50件